FC2ブログ


色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スタッド・ド・フランスへ vol.3

2006年5月17日に我がユベントス『スタッド・ド・フランス』でビッグイヤーを掲げるべく、
目の前の敵を蹴散らしていく、今はその旅の途中 ―。



  UEFA CHAMPIONS LEAGUE
   Group League 第3節 【 A組 】
     バイエルン・ミュンヘン vs ユベントス




  はい、目の前の敵に蹴散らされちゃいました(笑)
  気持ちいいくらいの完敗!!

  悔しいかな前半なんて何もさせてもらえなかった。
  素直に現実を受け止められる敗戦に対し、
  むしろすがすがしさを感じると共に、
  グループリーグの出来事でよかったなと。

  屁ぇこいて出勤までの時間、二度寝に入りました(笑)



この試合からユーベのマジ試合が始まると踏んでたけど、内容もまた決してポジティブなものではなかった。
ユーベにしては珍しい完敗ではあるけれど、長いシーズンの中では時にある事だね。
この時期でCLの状況を踏まえると、負けたことに関しては気にする必要はない。
というより切り替えるべきだね。
記録作るためにやってるんじゃないから、今期初黒星なんて言葉に揺らぐ必要も皆無。
バイエルンもまた、昨年2連敗しているユーベ相手に、新しいスタジアムでぬるい試合なんてできるか、って事だ。
ただ、そこまでバイエルンが良かった、蹂躙されたというよりも、ユーベが機能してなかった印象もまた強い。
何を言っても言い訳になるけれど、負けはすんなり認めているので主張はしておく。


前半は中盤からDFラインが後手に回り、チェックが一歩ずつ遅れると共にマークにズレが生じる事もしばしば。
ビエラが不在でジャンニケッダが起用されたが、彼とテュラムが早い時間帯にイエローカードも貰ってしまった分、
激しく行って欲しい場面で、前を向かせてしまったり、パスコースを限定させる寄せに甘さが出ていたと感じる。
中盤でのプレスが機能せずに最終ラインまで押し込まれると、奪った後のビルドアップに距離や時間が掛かり、
ネドベドカモラネージの仕掛けを引き出す事は出来ない。
ビルドアップのパス自体、正確ではなく、更には読まれていたけど。
結局彼らも守備に費やす労力が増え、ズラタントレゼゲが孤立してしまう。

普通に見れば、原因はジャンニケッダの出来の悪さ、スキル不足といえるかもしれないね。
でも、そもそもジャンニケッダビエラを同じ役割を求めているのが間違いでしょ。
個人的には、むしろエメルソンが本来の役割を全う出来ていなかった印象を受ける。
ジャンニケッダは守備的MFで相手の攻撃を潰す役割が持ち味。
もちろんそれが出来ていた印象もないけれど、のっけにカードを貰っていたのが積極的に潰しにいけない原因かと。
エメルソンはセンターハーフでいて、ボランチが役割であり持ち味。
(ボランチっていう言葉は俺的にはポジションではなく役割。 中盤の底 ボランチ )
守備陣やサイドからのパスを受けに行ったり、パスを散らす、展開するという役割が出来ていなかったように思う。
ジャンニケッダのフォローをしていたってのもあるけれど、DFからGKアビアーティへのパスが恐ろしく多かったのは、
中盤に当てるパスコースやボランチの受けに行く動きが少なかったから。
エメルソンへのクサビのパスを狙われてただろうけど(憶測)、もっと周りを動かしてフリーでパスを引き出して欲しい。


失点シーンは、アビアーティのポジショニング(センタリングだろうなとヤマをかけてしまったっぽい)に問題があるけど、
ダイスラーのシュートは凄く変化して落ちてたし・・・。
もう一方のCKからの失点はトレゼゲがかぶっちゃったね・・・。

解説をされていた川○さんはジャンニケッダアビアーティをかなりダメ出ししてた。
普段は実況・解説の声って耳に入って来ないんだけど(サポーターの歓声を聴こうとしているし)、ちと気になった。
言っている事は正しいと思う。
ただ、ジャンニケッダビエラアビアーティブッフォンを比較したところで、この試合はどうなるものか?
試合前からいないと判っている選手をあそこまで引き合いにしたところで改善されるもんかね?
ジャンニケッダビエラはタイプが違うから比較するのはナンセンスだし、
前に飛び出さないアビアーティのプレーを守備範囲が狭いだのと言っている割には、飛び出した事に物言い・・・。
言っている根本的な事には同意できるんだけど、アプローチのピントがズレている印象を受ける。
アビアーティジャンニケッダも今シーズン加入した選手だし、序盤戦はここまでネガティブには捉えていない。
ビエラの加入により、ユーベの可能性は数段増したが、依存性が高くなってしまうのもユーベらしくない。
でも、○勝さんはきっとユーベが好きだな(笑) ブッフォンの事は特に好きだろうな(笑)
とにかくいるメンバーで戦っていくしかないんだから、笑いも取れない引き合いは勘弁して欲しい(笑)
観ている者へのミスリードに繋がってしまう恐れもあるため、ちょっと言ってみた。
もちろん彼の解説は、それはそれで尊重してるのってを前提で。


後半は・・・。
ブラージ → キエッリーニ (左のザンブロッタが右へ回り、キエッリーニが左SBへ)
カモラネージ → デルピエロ (そのままのポジション)
カペッロの采配が残念に思う。
2点ビハインドの状況で、警告を貰っていて積極的な守備が出来ない守備的MFジャンニケッダを交代させないとは!?
そしてカモラネージを交代させるなんて・・・。(メッシーナ戦で温存してたのに交代させた意図とは?)
ジャンニケッダのところにブラージ or カモラネージをスライドさせていくと希望(予想)した俺は失格ですか?(汗)
アレを投入するにせよ、キエッリーニを投入するにせよ、その交代は逆転への展望が描けなかったよ(苦笑)
アプローチの仕方は全く違うけど、どこにテコ入れするべきかは川○さんと同じ考えだったな(笑)

てか、この試合で、この状況で、今期あまりチャンスを与えてないキエッリーニの投入が・・・。
ザンブロッタを休ませる事も考えつつ、これまでの試合でもっと使ってて欲しかったよ。(前に何度も言ったよね~)
ちなみに11月のバイエルン戦まで、カンピオナートで3試合こなさなきゃならないけど、
ザンブロッタを休ませられるかど~かは甚だ疑問だったりする・・・。


さてさて、終了間際にズラタンが1点返した訳だけど、精神的にはポジティブに受け止めたいね。
内容的には完敗だったけど、1-2 での敗北というのは、スコア的には競った試合だったという不思議な効果がある。
ユーベのグループリーグ突破は間違いないと思ってるけど、今バイエルンみたいなチームとやるのは貴重な経験。
折り返した“デッレ・アルピ”での試合は、是非とも決勝トーナメントをシュミレーションとして捉えた戦いをして欲しい。
アウェイゴールを考えたノックアウト方式、1-0 でOKという状況でどんな戦い方ができるのかを試して欲しい。
                 






さ~て、クソみてぇなガチガチのエントリーはいい加減終わりにしないとね(笑)
最後に、欧州クラブの応援ではよく聴くんだけど、負けてる時に『蛍の光』と『アメイジング・グレイス』歌われるのって、
やっぱムカつくな~(笑)
いや、いいよいいよバイエルン・サポーター!去年よっぽど悔しかったんだろ~ね~。
基本的にはムカついても、こ~ゆ~遊びのある応援は大好きです!


スポンサーサイト



  1. 2005/10/19(水) 14:51:14|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

TATSU


logo1.gif




09 | 2005/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search