FC2ブログ


色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

06欧州CLIMAX ~CL決勝フランスの旅~ vol.3

89年からその存在を知り、それ以来世界最高峰のフットボールとして観続けているクラブ欧州No.1を決める大会、
『 UEFA チャンピオンズ・リーグ (旧チャンピオンズ・カップ) 』

01年ミラノ(ジュゼッペ・メアッツァ)、02年グラスゴー(ハンプデン・パーク)、
03年マンチェスター(オールド・トラフォード)、04年ゲルゼンキルヘン(アレナ・アウフシャルケ)、
05年イスタンブール(アタチュルク・オリンピヤット)と経てきて、決勝の現地生観戦も今年で6年目。

06年のファイナルの舞台は、フランスはパリ郊外のサンドニ地区、“スタッド・ド・フランス”。

住み慣れ(といってもわずか3ヶ月弱)親しみのある街パリを含め、アヌシーやリヨン、モン・サン=ミシェルにレンヌと、
今回もまた決戦の地に合わせた自分へのご褒美旅行を大いに楽しんできた。


第3弾 Mont Saint-Michel et Rennes 】

ノルマンディー地方(Normandie)南部のフランス西海岸で、ブルターニュ地方(Bretagne)との境に近い
サン・マロ湾(Golfe de St.Malo)。ここは世界で最も潮の干満差が激しい所として知られる。
そのサン・マロ湾に浮かぶ岩でできた小さな島に築かれた修道院、それがモン・サン=ミシェル。
今からおよそ1298年前、聖オベール司教が夢の中で大天使ミカエル(サン・ミシェル)からのお告げを受けて、
岩山にこれを建設したのが始まり。
 (オベールはこのお告げを「ったりぃ~な~! ボケっ!!」と2度ほどスルーするものの、
  3度目の夢で頭蓋骨に穴をあけられパンツと枕を濡らし、 建築に着手したらしい…。)
かつて満潮時には海に浮かび、干潮時には陸橋で陸と繋がっていたそうな。
一時期は監獄としても使用されたモン・サン=ミシェルは、カトリックの巡礼地のひとつであり、
「西洋の驚異」と称されている。古い言い伝えではその引き潮により多くの巡礼者が命を落としたとか。
パリ在住時にずっと行きたいと思っていた(金欠のため行けず)、その神秘的な修道院モン・サン=ミシェルと
行く際に経由するブルターニュ地方レンヌの街を日帰り観光してきた。


[06欧州CLIMAX ~CL決勝フランスの旅~ vol.3] の続きを、渋々読んでみる
スポンサーサイト



  1. 2006/05/25(木) 21:46:57|
  2. サッカー観戦旅行他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

TATSU


logo1.gif




04 | 2006/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search