FC2ブログ


色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

06欧州CLIMAX ~CL決勝フランスの旅~ vol.6

89年からその存在を知り、それ以来世界最高峰のフットボールとして観続けているクラブ欧州No.1を決める大会、
『 UEFA チャンピオンズ・リーグ (旧チャンピオンズ・カップ) 』

01年ミラノ(ジュゼッペ・メアッツァ)、02年グラスゴー(ハンプデン・パーク)、
03年マンチェスター(オールド・トラフォード)、04年ゲルゼンキルヘン(アレナ・アウフシャルケ)、
05年イスタンブール(アタチュルク・オリンピヤット)と経てきて、決勝の現地生観戦も今年で6年目。

06年のファイナルの舞台は、フランスはパリ郊外のサンドニ地区、“スタッド・ド・フランス”。

住み慣れ(といってもわずか3ヶ月弱)親しみのある街パリを含め、アヌシーやリヨン、モン・サン=ミシェルにレンヌと、
今回もまた決戦の地に合わせた自分へのご褒美旅行を大いに楽しんできた。


ここに最後のフランス旅行記録として残してみる。
その前に、今回のチャンピオンズ・リーグ決勝旅行のこれまでの記録を。
  06欧州CLIMAX ~CL決勝フランスの旅~ vol.1  【 第1弾 Annecy 】
  06欧州CLIMAX ~CL決勝フランスの旅~ vol.2  【 第2弾 Lyon 】
  06欧州CLIMAX ~CL決勝フランスの旅~ vol.3  【 第3弾 Mont Saint-Michel et Rennes 】
  06欧州CLIMAX ~CL決勝フランスの旅~ vol.4  【 第4弾 Paris 】
  06欧州CLIMAX ~CL決勝フランスの旅~ vol.5  【 第5弾 FINALE 2006 PARIS part1 】



第6弾 FINALE 2006 PARIS part2 】

メインスタンド最上からピッチを俯瞰するように観戦していた俺の視界に、もの凄い勢いで飛び込んでくる男がいた。
彼は試合終了のホイッスルがなるや、監督のもとへ一目散に走り、飛びつき、乱暴なほど強く、激しく抱きしめ、
選手としても監督としてもビッグイアーを手したライカールトもまた、彼をしっかり受け止め、長い腕を彼の背中に回した。
男は、この日MVP級の活躍を披露したバルサの守護神、ビクトール・バルデスだった ―。

一方でこの日途中からアーセナルのゴール前に立ったアルムニアはその場でガックリと肩を落とし、
退場を食らった正ゴールキーパーのレーマンに限っては、その場で探し出す事ができなかった ―。

勝者にとってはかくも美しく、敗者に至ってはあまりにも残酷な試合終了直後の光景・・・。
今季のCL決勝戦もまた、その試合を象徴すべく、対照的なプレーヤーを生み出していた ―。


[06欧州CLIMAX ~CL決勝フランスの旅~ vol.6] の続きを、渋々読んでみる
スポンサーサイト



  1. 2006/05/30(火) 22:51:15|
  2. サッカー観戦旅行他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

TATSU


logo1.gif




04 | 2006/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search