色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【青赤】 9月は全勝物語! さすが俺の誕生月!

ホーム、最下位での残留争い、厚別今期未勝利、大宮含め三浦監督率いる守備意識が高いチームから
あまり得点できてない・・・。
これらの要素から東京は4連勝中とはいえ、札幌に対して相当厳しい試合にはなるだろうなと予想していた。

とはいえ、とはいえども!
心のどこかではまぁ負ける事はないだろう、てか勝てるだろう、そのうち得点できるだろう、と。
こーゆー心構えってのが油断に繋がるんだろうな~、よくねーな、俺ってば。



    2008年 第27節
     コンサドーレ札幌 vs FC東京  都内某スポーツ・バー



[【青赤】 9月は全勝物語! さすが俺の誕生月!] の続きを、渋々読んでみる
スポンサーサイト
  1. 2008/09/29(月) 23:16:53|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Ecouter 音楽を愉しむ vol.6

 21日の日曜昼間、葛飾区の青砥駅から程近い
 『かつしかシンフォニーヒルズ』へ行ってきた。

 “色彩や模様などが艶やかで美しい様子”な音楽を表現したいと
 活動している、ブロカートフィルハーモニー管弦楽団(旧:東京電機
 大学OB管弦楽団)のオーケストラを聴きに。

※「ブロカート」とはドイツ語で「錦」という意味で、東京電機大の所在地(神田・錦町)に由来しているとか。
  また、「錦」という言葉には“色彩や模様などが艶やかで美しい様子”という意味合いもあるとの事。


[Ecouter 音楽を愉しむ vol.6] の続きを、渋々読んでみる
  1. 2008/09/25(木) 11:08:15|
  2. 写真・絵・音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【青赤】 勢いだけとは言わせない

 今期のリーグも残り1/3を切り、大詰めに入ってきた。
 個人的には、今期は監督が代わりまた新たな試みでのチーム作りを
 しているとはいえ、出来る限り優勝争いに加わって、ゆえの5位以内で及第点
 という見方をしていた。例年の東京を見る限り、それはハードルの高いものかも
 しれないけれど・・・。ただ、上位で戦い続けるという状況にならないと、やる事が
 変わっても結局は強くなっていかない。

厳しい戦いを続けていかない限り、勝利に対する強いメンタリティは備わらない ―。
だからこそ、下位に弱い東京のバロメータを測るにはこの日はもってこいな試合だった。



    2008年 第26節
     FC東京 vs ジュビロ磐田  味の素スタジアム



[【青赤】 勢いだけとは言わせない] の続きを、渋々読んでみる
  1. 2008/09/24(水) 23:11:26|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【青赤】 “勝ちたい気持ちに、理由はいらない”な多摩川クラシコを制す!

 面白い、楽しい、嬉しい ―。
 試合に勝てば当然のようにこれらの感情が伴う事は多い。
 でも、痺れる試合ってのは勝ってもそうそうお目にかかれないものである。
 この日は痺れた。久々に痺れた!
 美しいパス・サッカーでもなく、ムービング・フットボールでもなく、
 ただ「勝ちたい気持ち」、それだけが全面にみなぎっていた。



    2008年 第25節
     川崎フロンターレ vs FC東京  等々力陸上競技場



[【青赤】 “勝ちたい気持ちに、理由はいらない”な多摩川クラシコを制す!] の続きを、渋々読んでみる
  1. 2008/09/22(月) 18:23:25|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【青赤】 頼もしき倉又ベイブス

先週から、高円宮杯第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会が開催されているのだけれど、
2年前からのマイ・ガーデンである ”西が丘” で、青赤の1次ラウンド3試合を観戦してきた。


 FC東京U-18  2-1  ガンバ大阪ユース

 この世代で屈指の才能を持つ宇佐美選手率いるG大阪に逆転勝ち。先制されるも決して
 慌てずにポゼッションし、グラウンドを広く使いつつバイタルエリアでは果敢に勝負。
 後半は相手選手が何人も足を攣る始末(なんとGKまでもが!笑)。フィニッシュまでの
 一連の流れが洗練されており、でも個性が潰れていない見事な戦いっぷりだった。

松波や実好など、かつてJリーグを沸かせた選手が指揮を執るも、倉又さんの指導のもと
厳しいグループ組合せの緒戦を好発進!



 FC東京U-18  2-2  サンフレッチェ広島ユース

 この試合は取って取られてのシーソーゲームで結果はドロー。
 終始ゲームを支配してはいたものの、やや余裕が隙となって表れてしまったのかな・・・。
 ただし、頂点を目指すためには意味のあるドローだったのかもしれない。
 試合終了後の悔しがりっぷりを見ると、次に絶対に繋がるいい試合だったと思う(希望も含めて)。

コンコースで見かけた広島の森山監督、トレードマークというべき笑顔は相変わらず健在でした。
例年の圧倒的な強さはないものの毎年いいチーム作りをしてるなぁ~。



 FC東京U-18  2-0  桐光学園高校

 全体的にフィジカルの強い桐光の選手に攻撃陣や守備陣がやや手を焼いた感があるものの
 緩急を付けたパス回しと展開力で次第に相手を疲れさせていく。ここら辺が青赤の凄いところ。
 セットプレーと流れの中から22番・重松選手の素晴らしいヘッド2発が炸裂し、完勝!
 桐光は毎失点後に確認なのか士気を上げるのか、11人で即円陣を組みしてたのが印象的。

桐光学園出身の現青赤所属・佐原は観に来てたんかいな?(この段階では普通は来ないか。)



[【青赤】 頼もしき倉又ベイブス] の続きを、渋々読んでみる
  1. 2008/09/16(火) 21:43:19|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【青赤】 セットプレーも武器に

 毎年この頃に開催される恒例のブラジル・デー。
 スタンドが青赤ではなく、カナリア色のシャツに身を包んだ者たちで目立つ日だったのも今は昔・・・。
 サンバ隊も年々縮小気味で大勢を率いて場内一周ってのは3~4年前ので最後って事なんか?
 結構圧倒的なド迫力だったのに。。。
 その後の試合をゴール裏と共に、でもリズム合わずにぎこちなく応援するサマも、微笑ましかった。
 ブラジル・デーがブラジル・デーじゃなくなってきたよな~と、ここ数年感じている。


とはいえ、サンバ隊が登場するとその周辺の観客は落ち着きが無くなり、いつもはハーフタイムに空席が目立つ
ゴール裏もこの時に限っては離席率が低い(笑)
電光掲示板にプリンプリンした桃が映し出されると、女性は憧れの表情を浮かべ、男性は真剣な眼差しを注ぐ。

皆、嫌いじゃないのだ。

ハーフタイム練習に出てきたはずのウチの13番は、何度も躍動的に桃が動いている方角をチラ見~の、ちらっティングしていた。
あんなに長身の彼が腰の辺りの姿勢を悪くして背が低く見えたのは関連があるのかないのか・・・(笑)



    2008年 第24節
     FC東京 vs 大宮アルディージャ  味の素スタジアム



[【青赤】 セットプレーも武器に] の続きを、渋々読んでみる
  1. 2008/09/15(月) 23:08:11|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Ecouter 音楽を愉しむ vol.5

 気が付くともう9月なので、1ヶ月以上も前の事になる。
 今頃・・・
 とは、思ったが、逆に直後に書けない理由が幾つかあったので。

 愛方のツテで招待券が手に入り、初のプロ・オケの生演奏を聴きに
 あの六本木/溜池山王にあるサントリーホールへ行ってきた。

のっけから聴けるように、タイミングのよろしい出先アポを入れ、会社に戻らず直帰コースで
間に合せたというのは内緒だ(笑)



[Ecouter 音楽を愉しむ vol.5] の続きを、渋々読んでみる
  1. 2008/09/03(水) 23:45:21|
  2. 写真・絵・音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

TATSU


logo1.gif




08 | 2008/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。