色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ホントは休ませたかったんだろ?(笑)


   05-06 第5節
     パルマ vs ユベントス


シーズン前にあれだけダセェ~と言っていたユーベらしからぬ赤いユニフォーム
たった2試合目で見慣れてきてしまっている自分がいるのは何故なんだろう・・・。
未だにカッコイイ!とは思えないし、そもそもらしくないって所に憤りを感じているのだが。
ユニフォームに今更モノ言い入れても無意味なのだが、慣れてしまうのもまた怖い・・・。
イタリア国旗をいびつに表す色になっているので、前年優勝の証(優勝し過ぎる罰ゲーム!?)として開き直るか。
あははぁ~!

今後ちょっとユーベの歴史的にレアになりそうだから、むしろ買っちまおうかななんてね。
有り得ないとも言い切れない空気になってきた(笑)


かつて(ヒデ在籍前の)パルマを訪れた際、こんなところにスタジアムがあるの!?
と民家に囲まれててビックリさせられた“スタディオ・エンニオ・タルディーニ”
バックスタンドって実は張りぼてのようなプレハブを組み立てたような作りだってのもビックリ!!
でも“デッレ・アルピ”よりははるかに臨場感があって雰囲気のよいスタジアム。
パルマの選手はあそこでプレーしてて気持ちいいだろ~な~。

って事で、先制はパルマ。
コラーディのポストプレーによるヘッドの落としをデルベッキオが左足を振り抜いてゲット。
ペソットがデルベッキオをフリーにした云々とスカパーの中の方は仰ってたけど、やれやれ・・・。
コラーディに競り負けたユーベ守備陣があの失点の全てだろう。

前半終始パルマのペースで試合は進む。
サラジェタトレゼゲにボールが収まらないばかりかクサビのパスすら入れられない。
トレゼゲはよりフィニッシャーとして能力を発揮するタイプなので、流れの中では消えていても問題ないが、
サラジェタはもっとボールを呼び込む動きをしないとパスを受けられないね。
それ以上にズラタンよりも明らかにチームメイトに信頼されていない印象を受ける。
皆、簡単にはサラジェタにはボールを預けない(笑)
ユーベがペースを握れない大きな要因の一つが、前線でのボールの収まり具合の悪さだったと思う。


  しかし、昨年の俺の影のMVPが前半終了間際にやってくれた!!!

  ビエラの仕掛けからパスを受けた、
  カモラネージスーパーミドル!!!

  威力、コース共に申し分なくネットに突き刺さる!
  むしろ威力の反動でボールが戻ってくるくらい。

  流れが悪い中で、雰囲気をガラッと変えるゴール!
  気持ち上向きで前半を終えることが出来た。



後半はジャンニケッダサラジェタムトゥに代え、エメルソンズラタンネドベドを次々に投入。
ホントは交代出場した彼らを使わずに勝利できればってとこだったんだろ~けど・・・。
エメルソンを入れたことで中盤のボールの収まりに落ち着きを帯び、ビエラが一段と前線へ顔を出せるようになる。
ズラタンを投入すると前線でのタメができるだけではなく、フィニッシュへのアイデアやバリエーションに幅が生まれる。
ネドベドはまだ、ちとお眠り中(笑)

逆転ゴールもまた、圧巻だった。
ビエラが中盤からズラタンにボールをあて、タメたズラタンが勝負に行く姿勢を見せつつ柔らかいクロス。
走り込んできたビエラが難なくヘッドでゲット!!!
トレゼゲもニアにボールを呼び込む動きをしており、ビエラがフリーになるべく敵を引き付け、裏のスペースを空けた。
前回のエントリーでズラタンに指摘したプレートレゼゲが実行した感じ。
タイプの違いではあるが、トレゼゲの動きはゴールゲッターの大切な要素だよな~。
ズラタン、あれだよ、あれ!(笑) でもこのゴールのアシストはお見事!!

その後スコアは動かず、ユーベは逆転勝利のカンピオナート5連勝!
中2日で4連戦の3戦目も勝利で飾った。
さすが、だね。


単純にターンオーバーと言ってしまえばそれまでだが、
レギュラーと目されている選手の代わりに起用された者の活躍があってこそ。
むしろサブと言われている選手たちが、出番が来た際には力を発揮してもらいたい。

ムトゥサラジェタ ―。
この試合ではレギュラーを奪う可能性となる見せ場がなかったね。
ズラタントレゼゲアレからポジションを奪うのは容易ではないが、
リッピ監督第一期目のパドバーノアモルーゾビエリを思い出して欲しい。
ビアリラバネッリアレボクシッチのポジションを奪わんとするほどの活躍だったからね。
日替わりスターが生まれてこないとカンピオナートとCLの2冠は厳しいので、彼らが活躍する事を期待したいね。

で、カペッロさん
そろそろザンブロッタを休ませない?
キエッリーニのプレーが観たいってのもあるんだけど・・・。


スポンサーサイト
  1. 2005/09/25(日) 10:59:07|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<欲しかった勝ち点3という名のプレゼント | ホーム | この時期だからこそ!? それとも・・・>>

コメント

TATSUさんこんにちは♪
いわばBチームでも連勝止まらず…(エメ・ズラタン・ネドベド投入後逆転でしがた)シーズン序盤の戦い方は、こうして選手層が厚くなっていくお手本のようなカペッロの采配ですね。
実は私一試合丸ごと今シーズン見たことないんですわ…(仕事の関係で時間が取れない…)それもTATSUさんのプレビューのおかげで良く分かります、本当にこのブログで試合の流れを見ている次第でございます。(お恥ずかしい限りですが…)

>キエッリーニのプレーが観たい
そうですね、同感です。彼にとってもアズーリへの道がかかったシーズンですから、ここは思い切って使って欲しいです。我々の目論見どおり、左キエッリーニ、右ザンブロッタってのも一度見て見たいですよね!シーズン最後にはそうなっていたりしてwキエッリーニはマルディーニのようになって欲しい…と切に思う次第でございます。(期待のかけすぎか?)
  1. 2005/09/25(日) 16:58:16 |
  2. URL |
  3. davi #hVmTMWQk
  4. [ 編集]

Re:

>daviさん
このブログで流れを見るだなんて恐縮です(汗)
よほどの物好きでいて、独断と偏見まみれの人間になっちゃいますのでお気を付け下さい(笑)
もっとも、daviさんには失礼ですが、サッカーにおいてワタクシと同じ匂いを感じております(笑)

カペッロはミラン、マドリー、ローマ、ユーベときて、ホントに勝つ事に妥協を許さない監督なんだなと思います。それはビッグクラブの監督を務める際には必要な要素です。同時に一流選手を上手くコントロールして、チームを回していく事に長けている監督だとも。カッサーノやズラタンですらワガママ度が違いますからね。優勝請負人といわれる所以かと。
ただ、確かユーベとの契約は結構長いものだったかと思いますので、可能性のある選手を我慢して使うという育成にも少し比重を掛けて欲しいですね。
常勝クラブでそれを実行するのは難しいとは思いますが、将来性豊かな選手は実戦でこそ伸びるはずです。
選手の組合せや兼ね合いの問題もありますが、獲得・放出を繰り返すだけの世代交代ではない事を祈ります。
まぁカペッロは選手時代ユーベで活躍していたので(もちろん映像は観た事ないですけど)、監督となった今でもユーベのメンタリティは判ってるはずですが・・・(笑)
  1. 2005/09/26(月) 10:41:52 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/114-0071da9b

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。