色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スタッド・ド・フランスへ vol.2

2006年5月17日に我がユベントス『スタッド・ド・フランス』でビッグイヤーを掲げるべく、
目の前の敵を蹴散らしていく旅の途中 ―。



  UEFA CHAMPIONS LEAGUE
   Group League 第2節 【 A組 】
     ユベントス
 vs ラピド・ウィーン


まず、ユーベの白黒に対して、ラピド・ウィーンの白を基調とした緑の横ライン、認識しづらいから!!(苦笑)
98年のCL決勝、ユーベ vs マドリーを彷彿とさせる観難さ。
おりゃ白黒な人だからユーベ選手の体格や動きの特徴で認識できるけど、第三者はシンドイだろ~なー。
よし、言ったぞ!満足!!(笑)


ビエラが出場停止だったからなのか、ラピド・ウィーンが深く自陣に引いて守っていたからなのか、
ネドベドカモラネージは左右サイド関係なくかき回し、ズラタンはトップ下のポジションまで引いてパスを受けるなど流動的。
相手の奪った後のカウンターに鋭さがなく、ユーベ守備陣を翻弄する個人技も、人数を掛けてくる事もないため、
ザンブロッタペソットがある程度上がる事が出来たと思う。
これらの要素でユーベの攻撃に厚みがあった。
もっともミドルシュートを打とうが、ワイドに展開しようが、なかなか敵の守備陣を引っ張り出す事はできなかったんだが・・・。
ミドルシュートの精度がもっと高ければ、ね(苦笑)
こういった場合は直接FKを狙えるバイタルエリアで無謀とも言えるくらいに突っ込んで、積極的に?ファールを誘う事も必要かと。

  先制点はズラタンの絶技パスからザンブロッタ → トレゼゲで GET!
  ザンブロッタズラタンを信じて飛び出す ―。
  ズラタンザンブロッタの走スピードを殺さずに、タイミングを合わせてパスを供給 ―。
  仕上げはゴールを奪う為に生まれてきたと言っても過言ではない男、トレゼゲ ―。

  なぜあの場面ではラピド・ウィーンの守備陣が高めだったのか覚えてないが、
  相手の背後を突いて完全に崩したゴールだった。

   「うぅ~ん、よしよし! いいぞ、おまいら!」とズラタンが言ったとか・・・



  それにしてもズラタンは素晴らしい!
  あの身長でいて足元は柔らかく、ストライドが大きいため、相手は1on1の仕掛けで
  タイミングを何とか合わせられたとしても1歩目でかわされてしまう。
  もう反則だろ!(笑)
  スプリンター系の選手ではないため、筋肉系の怪我も少ないだろうし、
  コンスタントに活躍できると思う。
  この日もズラタンの仕掛けから何度もチャンスを生んでいた。




後半は軽~くグデングデンな内容に・・・(笑)
相手に合わせてペースを落とした感じではあるが、中盤から守備に掛けてちょいと締りがない印象。
中2日の4連戦の4戦目という事もありペースを落とすのはいいのだが、ややお粗末な守備でして・・・。
この日の相手の戦い方や力量からして 1-0 というのはいかがなものかと少し不満を持った。
世間では 1-0ユーベの方程式的な声が上がっている“らしい”が、そんなものはメディアが作ったイメージと
それに釣られてるっぽい方々の印象。(最近のユーベしか知らないなら無理もない、か・・・)
実力が拮抗した相手にのみ 1-0 での勝負強さがあるという意味合いなら否定はしないけど、
ラピド・ウィーンの出来に対してならもう1,2点は獲らないと!(こっちだって早朝で眠いんだから!笑)

俺の気持ちを汲んでくれた訳じゃないけど、ドン・ファビオは前線にフレッシュな選手を投入。
しかし、アレムトゥ ―。
まぁ似たスタイルの2人がベンチにいるのを見た瞬間から最悪だなぁ~と思ったのは事実。
ムトゥはアピールの場だと言わんばかりに、やや手薄になった相手の守備にどんどん突っかけていった。
それはいいとして、いかんせんアレとタイプが被り気味・・・。
ネドベドもやや左サイドが持ち味を発揮し易いし、ザンブロッタのオーバーラップを引き出すのも左・・・。
97年頃のブラジル、リバウドレオナルドデニウソンロベルト・カルロスかの如く、
個々やパートでは魅力的だけどちょ~っと左に偏り過ぎ(苦笑)
結局、アレが煽りを食らうような感じで中央に張ってる(待ってる?)感じ。
救いは相手が負けてるために、前掛かりに出てきてスペースがあった事。
ムトゥの個人技とズラタンの今期初ゴール(彼だから出来るスタンディング・ボレー)で 3-0 としたけれど・・・。


結果は出したし、連戦だったし、OKなんだろーけど、後半のユーベに不満と疑問が残る感じ。

  そして我らがカピターノ、アレッサンドロ・デル・ピエロ
  ミランのマルディーニ、ローマのトッティみたいな下部組織出身の
  生え抜きではないけれど、ユーベの象徴的選手。
  貴婦人とも言われるユーベのクラブ・イメージにもピッタリな偉大な選手。
  しかし長くユーベにいるから理解しているのだろうけど、
  実績があっても、結果を残さないと生き残っていけないクラブ。
  またケースの違いこそあれど、活躍していてもバッジョビアリジダンなど
  スーパースターを放出してきたクラブ。

  もっとエゴイストでもいんでない?
  まぁそーなるとアレらしくないんだろうね。


でも、アレのパスからズラタンが超決定機を外した後から、あのズラタンがボールを持つたびに
異常なほどアレのポジショニングを意識し、自分で行かずにアレにパスを送っていたのには笑った。
だってよ~、ほとんど通ってね~んだもん、そのパスが(笑)
おい、ズラタン、んなもん必要ね~よ!と思うと同時に、
我らがカピターノ・アレの影響力・存在感って計り知れないんだろ~なとも思わずにいられなかった。

ともあれ、欧州カップ戦100試合出場、おめでとう!!

スポンサーサイト
  1. 2005/09/28(水) 17:06:20|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<ヴィンチ村のレオナルド | ホーム | 欲しかった勝ち点3という名のプレゼント>>

コメント

TATSUさんこんばんは♪
無事に連勝ですねぇ。。まだトップギアを使わずに、今期(カップ戦除く)負けなしとは恐れ入ります。このまま無敗はいつまで続く?のほうに興味は移りますね。

さてズラタンですが、ニュース情報によれば、カペッロから試合後叱られたそうです。『勝って兜の緒を締めよ』とは、さすがカペッロ。負け、引き分けで「選手たちはよくやっている」と言う赤黒、青黒チームの監督のコメントが今の順位とチーム状態を醸し出していますね。

とは言え、TATSUさんも仰るとおり、このチーム相手に3点でも消化不良です。引いた相手をこじ開ける力強さも見たいですね。高精度の中距離砲が(シードルフのような…)ちょっと欲しいかなぁ?その点、時々目が覚めるような中距離砲をかっ飛ばしてたタッキナルディーが懐かしく感じます。

デル・ピエロですが、本当に今後の活躍を祈っています。是非W杯ではイタリアの救世主となって欲しいっす。ユーべの象徴から、イタリアの象徴へ!(そりゃさすがのズラタンも気ぃ使うってw)

遅ればせながら、TATSUさん誕生日おめでとうございます♪私よりもちょっと若いのかな?是非いつかお店でお祝いさせてくださいねぇ~♪
  1. 2005/09/29(木) 22:25:56 |
  2. URL |
  3. davi #-
  4. [ 編集]

デル・ピエロ、カップ戦100試合ですかー!!
おめでとう!!
私がいつも観ている携帯サイトのサッカーニュースには何も出ていなかったのに・・・
やっぱりここは勉強になります(笑)

で、そのサイトに「イブラヒモビッチ」って書いてあって
一瞬「誰?」と思ってしまいました(^^;
すっかり「ズラタン」表記に馴染んでしまったようです。

こんな薄い話題しかできませんがコメントさせて頂きました・・・
  1. 2005/09/30(金) 00:19:15 |
  2. URL |
  3. ymacky #-
  4. [ 編集]

Re:

>daviさん
コメントど~もです!
おそらく最初のピークはCLバイエルンのA&H2戦と、その間にあるサンプドリア、ミランあたりの時期かと。
それを過ぎれば一旦意図的にピークを落とすはずです。
その後CL再開の決勝トーナメントへ向けてまたピークを徐々に上げていく中で、いかに勝ち点を落とさないかが重要になってくるかと思います。
12月下旬から新年にかけてのラツィオ、シエナ、パレルモ戦が非常に鍵となるかと踏んでおります。
それまで無敗であればカンピオナートは決定です(笑)
例え次節の黒青に負けたとしても勝ち点が並ぶだけですし、ユーベを追うより、ユーベに追われる方が恐怖を感じるかと(笑)

ドン・ファビオは、アメとムチの使い分けが上手いですからねぇ~(笑)
アンチェロッティもマンチーニも優秀だと思いますが、カペッロと比べると現役を退いてから浅いですから選手寄りの心情が強いのかと。
決して悪い事ではないと思うのですが、選手とクラブの総合的な利益を考えられるカペッロの方がやはり(笑) もちろん経験もですね。
ちなみにカペッロは91-92シーズンにミランで無敗優勝してますね。まぁ当時とは試合数がかなり違いますし、反則級なメンバーでしたが(笑)

daviさん、タッキナルディって言っちゃいましたね(笑) 自分も彼の放出には反対だったのですが・・・アレと同時期にユーベで芽を出した選手ですし。
そういう意味ではビエラ、エメルソン、ブラージあたりには、遠めからでもガンガン狙って欲しいです。

我がカピターノ、代表では陽の目を見てないですね。クラブじゃ大活躍なのに・・・。
なんかマンチーニと被ります。まぁ彼の時代にはゾラ、“ロビー”バッジョがいたのですが・・・。
ロビーの後継者として見られ、カッサーノの突き上げを喰らい・・・。
アレがイタリアの救世主になれるか否かは正直判りませんが、彼が活躍できない代表はW杯で上にいけないでしょう!(オランダとチェコの餌食に。笑)
アレをここまで成長させた現代表監督リッピは判ってると思いますが。

誕生日祝いのお言葉、ありがとうございます!ワタクシ、28歳になりまた。
daviさんのお店には、お祝いはともかく年内には都合を付けて行きたいと思ってます!
その際には料理にサッカートークにと、よろしくお願いします!!!
  1. 2005/09/30(金) 13:31:53 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

Re:

>ymackyさん
コメントありがとうございます!!
アレは偉大な記録を達成しました!!
実は自分もユーベの公式を見るまで知りませんでした(汗) 勉強になるだなんて、恐縮です(滝汗)
アレには記録を伸ばして欲しいという願いと共に、ユーベ・ファンを始め、サッカーファンの記憶に残るようなプレー、ゴールをたくさん魅せて欲しいです!

ズタラン ―。
正直、なぜかこの響きが好き、というかハマってしまいまして(笑)
オランダのアヤックスに在籍してた当時、スカパーの名実況、倉敷保雄アナの「ズラタ~ン、ズラタぁ~ン、ズラタぁ~~~~~ンっ!!」(彼がドリブルで数人抜いていくのに対して)に、もう大爆笑してしまい(笑) イブラヒモビッチじゃなくて、ズラタンと呼んでいくぞ!と。そもそも倉敷さんの実況自体が非常に面白いのですが(笑)
それにイブラヒモビッチって滑舌の悪い自分だと噛みやすいですし(笑)
ゆえにここではズラタンで通させて頂いております。
関係ないですけど、ズラタンを知らない会社の同僚たちには、「イアン・ソープって実はサッカーもやってて、しかもユーベにいるんだよ!」とホラを吹き回ってます(笑)

薄い話題だなんてとんでもないです! コメント頂けるのは非常に嬉しいですよ!
是非お気軽によろしくお願いします!!
  1. 2005/09/30(金) 13:33:36 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/116-1763ea6f

TATSU


logo1.gif




03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。