色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

“新”イタリア・ダービーで完敗


   05-06 第10節
     ミラン vs ユベントス


はい、しっかり認めます! ド完敗であります!

前シーズン国内リーグ制覇の証であるスクデットを胸に付けているチームが
やってはいけない試合をしてしまったね。

敗因は至極明快。
ユーベよりもミランの方がこの試合に対する気持ちが強かったということ。
非常に競った戦力であるにもかかわらず、全体的に大きな得点差となってしまった。
他でもない、メンタル面の問題だよ。
ボールを奪う気迫、一歩目の速さ、集中力etc.
真摯にこの敗戦を受け止めない事には、ユーベのこの先の上積みはない。


ちと失点シーンを振り返ってみる。
ユーベ・キラー?セードルフのミドルシュートは僅かにテュラムに当たってコースが変わった、やや不運なもの。
キメンティは完全にタイミングを外されてしまったね。

カカにぶち込まれたものはクリアミスと集中力かな。

ピルロのFKは決してキメンティのミスとは言えないほど、素晴らしいものだった。
一見取れそうなんだけど、無回転で落ちるナックル系FK。
こんなFKを蹴れる選手は世界的にもほとんどお目に掛かれない。パッと思い付くだけでも三浦淳宏くらい。
おそらくスローリプレイでも判らないくらい、ブレながら落ちていると思われる。

キメンティにこれらの失点をスケープゴートする事は簡単かつ軽率。
ブッフォンだったら・・・というのも的外れ。おそらくブッフォンだったら弾いていたんだろうなとは思う。
しかしブッフォンって世界一を争うGKだよ。彼と同等のGKは俺の中ではツェフカシージャスジーダくらい。
キメンティブッフォン級の能力があり、ブッフォン並みの活躍ができるのであれば、ユーベの控えにはいないでしょ。
ブッフォンアビアーティも怪我で出場できないんだから、やむを得ない話だよな。


ただし、冒頭でも言ったとおり、この試合は点差云々というよりもホントに気持ちの差。
ハッキリ言って、カカジーラピッポというミラン前線の選手がほとんど目立っておらず、崩されたシーンは皆無に等しい。
失点もやや不運感が否めない。
ただ、相手の前線に仕事をさせなかった、戦術や技術で劣っている部分がなかった、
とはいっても3失点してしまうんだから、もう気持ち以外の何物でもないでしょ。
(逆にうちの前線も何もできず・・・)
観ていて誰でも判るくらい、ミランとユーベのそれは違ってた。
気持ちで負けていたら運すら絶対に引き寄せられない。
去年の後期ミラン戦ではユーベの気迫が勝っていたが、忘れてしまったのか驕りか、この日は・・・。

勝ち点差が5ポイントあったから負けなければいいという戦い方で入っていったのかもしれないし、
それが間違っているという訳ではないけれど、仮にも常勝軍団でありスクデット保持チーム。
インテルやローマ、ラツィオやフィオレンティーナであればこんな事は言わない。出来ない事をやれとは言えないから。
でもユーベは出来る事をやらなかった。やらせてもらえないというより、やってない。それが腹立だしいし、悔しい。
2冠目指すつもりなら、マジで頼みますよ。


でもさ、ちょっぴり嬉しいんだよね~。
何がって、ミランが自分たちの持ち味であるポゼッションサッカーをかなぐり捨てて、
なり振りかまわず向かってきた事が、純粋に嬉しい。
あぁ、今期のセリエはまだ終わってないんだな~って。
ユーベが強いのは事実だけど、今期は正直ユーベが強い以上に他がだらしなさ過ぎるじゃん?
ミランとの試合こそを、“イタリア・ダービー”と認識する俺としては、やっぱカンピオナートはこうでないとねって。


開幕からの連勝は素晴らしい事だけど、開幕連勝の記録なんてこの際ど~でもいい。
シーズン末にトップにいれば良い訳で。その為には目の前の一戦一戦を大事に積み重ねていくこと。
ショックな奴はショックを受ければいい。早く切り替えろとも言わないし思わない。
でもチームや選手個々がいかに切り替えるかは非常に重要。
カテゴリーは違えど、すぐにバイエルン戦の日がやってくる。
トレゼゲの意地のようなゴールが、チームに何を考えさせるか、どう伝わっていくのか・・・。
戦術云々でも技術云々でもない、最も重要だけど、最も早く修正できるもの ―。
気持ちのこもった試合を次に見せてもらえるのか、今から楽しみでならない。


最後にひとつだけ。
言い訳っぽいから、ホントは勝った時にこそ言いたかったんだけど・・・。
ガットゥーゾに是非ともドーピング検査をさせて欲しい。
目が完全にイッいっちゃってて危ね~し、プレー自体も激しいとは名ばかりのダーティなものばかり。
ミランの気迫を称えたけれど、その象徴になりがちな彼を同列で語りたくはない。
奇跡的に検査がシロであるならば、首輪まいて精神科にでも連れて行って欲しい。(保護者はマルディーニで。笑)
いいプレーがゼロとは言わないが、危険なプレーがあまりにも多い。
近年巧くなってきたな~と思ってたけど、俺の価値観ではこの日の彼をサッカー選手として捉え辛い。
ダービッツ今野泰幸のプレーを観てしっかり学んだ方がいいよ、イタリア・サッカー界のためや、カルチョの停滞さを考えるなら。
とにかく救いはユーベの選手に大きな怪我がなくてよかったって事だな。



スポンサーサイト
  1. 2005/10/30(日) 07:47:53|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4
<<青赤仕掛けの上位混沌祭り、開始!? | ホーム | ただ今、連勝記録更新中!>>

コメント

やっぱりキラー!

セードルフやっぱり危険な男でした…

こんな試合には「より強く勝ちたいと思ったチームが勝利する」と良く言われますが、それが今回のミランだったのでしょう。

仰るとおりガットゥーゾはセードルフとは違った意味で、危険な存在でしたね!以前「白いダービッツ」と称されていましたが、ハートはともかく、プレイでは本家を見習って欲しいものです。(とは言いつつも本家も時々やらかしますが…TATSUさんお気遣いありがとうございます♪)

これでカンピオナートはよりいっそう面白くなってきたと思います。またインテルが勝ちきれない病にかかりつつありそうなので、やっぱり2強になってしまいましたね。ミランがホームで勝ち以外の結果だったら、それこそシーズンが終わりです。

っと思っても…
負け方が悪すぎる、どうかバイエルン戦に引きずらないことを祈ります。

ってか私はこの試合のスターティングメンバーにデル・ピエロが入ってなかった時点で引き分け以上の結果を期待していませんでしたが…やっぱりこんな魂が左右するような試合はバンディエラが必要だったと、私は思っております。うーんそれが残念!
  1. 2005/10/31(月) 01:16:59 |
  2. URL |
  3. davi #Wei6p3SM
  4. [ 編集]

Re:やっぱりキラー!

>daviさん
ホントに昔っからセードルフのミドルには何度も泣かされてきております・・・。
この試合ではユーベのいいところを見付けるのが非常に困難な内容と結果になってしまいました。
ミランにもやはり意地はあるでょうし、ワタクシ自身、再度気持ちを引き締め直す事が必要ですね(笑)

本家の方は、やはり我がユーベで素晴らしいキャリアを築いていましたので、持ち味を知っているつもりです(笑) 激しいプレーですが相当なテクニシャンですし、ボールを奪取する技術はお見事!
しかし今回触れた彼はチームにとっては非常に助かる存在かもしれませんが、ホントにプレーが汚い。
別に優雅になれとは言いませんが(絶対無理ですが。笑)、足の裏を見せて足を削りに行くのはどうかと。ネスタやマルディーニから普段何を学んでいるのだろうか・・・。やむを得ないケースも時にはありますが、この日の彼が故意ではないとすれば、ボール奪取が下手クソだ、という事を証明しているだけです。かつてユーベにいた同タイプのダービッツや東京所属の今野みたいな選手が存在する限り、自分の中ではそういう位置付けになります。
そして彼の度が過ぎる興奮状態に試合中マルディーニが鬼の形相でダメ出ししてました(笑)

とはいえ、彼を指摘したところでユーベの出来の悪さはまた別の話です。
仰る通り、肉弾戦に近い展開になった場合は、むしろアレのような閃き型の選手が起用されてもいいと思います。
カペッロはローマでトッティ、カッサーノ、モンテッラという技巧派アタッカーを機能させた手腕がありますので、前半に3失点している状況ですから、勇気を持ってアレを早い段階で投入して欲しかったですね。
ただ、ユーベとすれば今まで独走っぽかったのがようやくカンピオナートらしくなってきただけですし(それでも2強争いですが)、1/38という捉え方で切り替えて欲しいですね。借りを返す場はまだまだ残されてますから。
でもdaviさん、正直面白くなってきたと思いませんか?(笑)
結果的に優勝するにしても多少のドラマ性がないと。少なくともユーベ支持者以外はユーベの優勝に飽き飽きしてますので(笑)
  1. 2005/10/31(月) 17:10:06 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

何はともあれ勝った!

ミランがユーベに勝って嬉しいな♪
ガンバレミラン!(ケシテケンカヲウッテルワケジャナイヨ)
ユーべに負けるなっ。
  1. 2005/11/02(水) 05:56:07 |
  2. URL |
  3. ザナ-エ。 #-
  4. [ 編集]

Re:何はともあれ勝った!

>ザナ-エ。さん
何はともあれ負けた!
ま~最後にユーベが優勝していればうちはOKさ!と強がってみる(笑)
Forza JUVE!どこにも負けるなっ!
  1. 2005/11/02(水) 10:30:21 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/135-b7caa754

ミラン、3-1でユヴェントスに勝利!

ミランがやってくれました!ユーヴェの開幕連勝を9で止める完勝。この勝利で勝ち点差を2につめました。決めてくれたのはセードルフ、カカ、ピルロ。幸運もありましたが、前半で3-0。イスタンブールを思い出すスコアでしたが、後半をトレゼゲの1点でしのぎ見事勝利。..
  1. 2005/10/30(日) 11:21:11 |
  2. Sports at Random

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。