色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スタッド・ド・フランスへ vol.4

2006年5月17日に我がユベントス『スタッド・ド・フランス』でビッグイヤーを掲げるべく、
目の前の敵を蹴散らしていく、今はその旅の途中 ―。



  UEFA CHAMPIONS LEAGUE
   Group League 第4節 【 A組 】
     ユベントス
 vs バイエルン・ミュンヘン


とりあえず、先日の借りは返した。

まず、ユーベ云々の前に思っているのは、伝統的に手堅くタレントも豊富、そしてW杯にしろユーロにしろ、
地元開催を翌年に控えているバイエルンは、非常に手強い相手だという事。
現在ブンデスリーガでの状態はよく知らないけれど、バイエルンは本気でビッグイヤーを狙っているクラブ。
それを踏まえてユーベの状態が良かったとしても簡単に勝てる相手じゃないというのは理解しておかないとね。
前にも書いたけど、総合力でバイエルンとチェルシーはユーベにとってはがっぷり対抗しうるチームだね。


この試合は本当に拮抗して締まった展開だった。
トレゼゲの恐ろしいまでの得点センスと決定力が明暗を分けた(相手のマカーイには“この日”それがなかった)。


コバチテュラムカンナバーロの3バックにザンブロッタキエッリーニをウイングバックに起用、
セントラルにビエラエメルソンを並べ、トップ下にアレ、2トップにズラタントレゼゲ
3-5-2 で臨んだユーベは、ある程度機能していたと思う。
両サイドが最終ラインに吸収され、5バックになるような事は、ほとんど無かった。
しかしエメルソンビエラアレの中盤トライアングルはバイエルンに警戒され、なかなかイニシアチブを握れなかった。

試す価値はある。
しかしこの布陣、この人選は怪我人が出た場合や試合の流れでのオプションとしてしか活用できなそう。
誰が良い悪いではなく、特徴を生かす上での組合せを考えるとアレのトップ下にはど~も期待が持てない。
巧いんだけど、怖くない。バイタルエリアで最大限の怖さを発揮できるアレ、逆に中盤ではこのクラスだと並。
アレ“個人の”ファンには悪いが、俺はそれ以前に白黒な人だから、言わせてもらうと現状では第3アタッカー・・・。
2トップの一角を争っていくしかない。出場した時に必ず活躍していくしかない。
“ロビー”バッジョからポジションを奪った?アレなら、受け入れられなくとも間違いなく理解はしているハズだけど。

後半からアレに代わってネドベドが投入されると、その差は顕著に表れる。
もう一度言う。良し悪しではなくもっている特徴がそうさせている。
拮抗した相手と戦う場合においては特に・・・。


さてさて、トレゼゲのゴールは2点ともグランデだった!!
それを引き出したズラタンネドベドビエラも最高!
シュートしか考えてない、ゴールしか見ていない、見えたから打つ、打つからには決める・・・。
これらを頭で理解するのではなく、天性というか、感性、曖昧な表現だが本能として持ち合わせている生粋のストライカー。
ポジショニングだとか、走り出しだとか、色々分析のしようがあると思うんだけど・・・。
きっとボールはにネットを揺らして欲しい、そう思っているとしか考えられないほどトレゼゲのゴールは卓越している。
モナコ時代のを見たとき、別の媒体でストライカーとしてのポテンシャルは世界屈指というような事を書いたけど、
ポテンシャルをポテンシャルで終わらせず、しっかりと成長しているサマは、もうお見事としか言いようがない。
勝手な憶測だけど、誰かがシュートを打ってポストなりGKが弾いた場合、ズラタンよりもトレゼゲの前にボールがこぼれそう。
きっとそんな星の下に生まれている、そんな気がする。
前半の速攻でズラタンからのボールを思い切ってミドルで打った場面もタイミングとして素晴らしい。
まぁハナからキャッチに行かず、しっかりパンチングで防いだカーンもまた素晴らしかったんだけどね。

詳細に触れないけど、“この日の”ユーベとバイエルンの勝敗を分けた最大の要素はストライカーだったと思う。
逆に言うと、それだけチーム力が競っていたんだけど。
           






バイエルン・ミュンヘン、この先のトーナメントで再度相まみえそうな予感 ―。


最後に3つほど。

ひと~~つ!
あぁ~~、カモラネージぃ~~!!!
屈辱だろ? 悔しいだろ? 苛立つだろ? ともすれば凹むだろ? 下手したら泣きそうだろ? 最悪漏らすなよ!(笑)
挽回してやれ! 見返してやれ!
俺は大いに期待している!

ひと~~つ!
ね、つまらない事してイエロー貰っちゃうと、でしょ?
マジで余計な・・・略。
身体をしっかり休めてね、ズラタン!(笑)
アレはチャンスだと思って! ズラタンは危機感を持って!
そこらへん期待しておりますぞ!!

ひと~~つ!
イタリア語で“Monaco”って、その字の通り、フランス内にあるモナコ公国とは別に、ドイツのミュンヘンを表す単語だったかと。
ユーベのオフィシャルで、先日は“Bayern Monaco”と表示されてたのに、なぜに今回は“Bayern München”に??
ホームだろうが、アウェイだろうが、表記は関係ないと思うが・・・。得意の気まぐれ?(笑)
意図が解る方、イタリア語に詳しい方、是非ともコメント下さい!!!!!


スポンサーサイト
  1. 2005/11/03(木) 19:25:20|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:4
<<色んなカードを切ってみる?? | ホーム | 考え方では白にも黒にも・・・>>

コメント

返り討ちおめでとう。
うちもポルトに逆転。クルス様様。
まじ代表召集されてもレギュラークラスのレベルだな!
復帰といえばパヴェル君がプレーオフの為に代表復帰したそうで。疲れて怪我の無いように。もう若くないよ!
イタリア勢は一発勝負のトーナメント向きだと思うから、お互いに決勝まで行きましょう。
あっ バイエルンに負けんなよ、、、

そんで豆知識一つ。少し前にラツィオ、ボローニャ?にいた右サイドMFアルヘンティーナ、ルーカス・カストロマン憶えてる?
現在故郷でFWに転向。リーグ1番の点取り屋に変身したような、、、
ひょっとしたら代表復帰の声も大きいみたいです。しかもバティが元右サイドMFからFW転向だって知ってた??
ザンブロッタの例なんかもあるから私もFW転向してみるかな、、、、
  1. 2005/11/04(金) 08:42:17 |
  2. URL |
  3. ZAMORANO #-
  4. [ 編集]

Re:

>ZAMORANO兄さん
バイエルン強いよ、マジで。負けにくいよ、今期のあそこは。
クルスはユーベ戦用のパートタイマーさんじゃないんだ?(笑)

兄さんみたく話し飛ぶが、チャンピオン達リーグ = CL
本来ならうち、チェルシー、バルサ、リヨン、バイエルンなんか総当りリーグ戦した方がいいと思われ(笑)
ダントツでセリエ優勝してもあんなに同国からCL出場クラブがあったらスクデット価値が低くなるよ。
“将軍”の理想というか、アンチ権力なところを支持します。“皇帝”のUEFAでの政治力うざいよな~。
ってあいつはバイエルンで、俺の支持者はユーベか・・・
つーことで、おたくんとこは贅沢言わずに楯を目指した方が・・・

ネドベドの復帰決定なの?チェコ応援してるが復帰は微妙・・・W杯に連れて行くのが役目で本大会不参加ってんなら“漢”だな(笑)
  1. 2005/11/04(金) 15:50:13 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

予選はこれで決まったかな?

TATSUさんこんばんは♪
無事にホームで返り討ち出来ましたね、バイエルンもドイツW杯前にチームがまとまり、以前の強さを取り戻した感がありますね。(当然のように私はイェレミース好きwばれてました?)

リネカーでしたっけ?
『サッカーは11人でやるスポーツだ、だが最後に勝つのはドイツだ。』
って言ったのは?確かにゲルマン魂の欠如は最近まことしやかに囁かれておりましたが、やっぱり怖い。これが予選だからいいけど、決勝トーナメントだったら、また違った結果だったかもしれませんね!

さてデル・ピエロ…やっぱり自分でも自認している通り、1.5列目では輝きは失われますか…良い意味で、ズラタンとトレゼゲと競い合いながら、FWとして働いて欲しいですね。

しっかし…思い起こせば…

トレゼゲがまだモナコでアンリと2トップだった頃、レアル相手に右45度からズドーンとやりましたよね?!(記憶が曖昧なんですが…)シビレました。
ユーベの今の2トップって…
2000年と04年のユーロでイタリアに引導を渡したコンビなんですよねぇ~…

さて私、知っての通りイタリア料理人なんですが、イタリア語はTATSUさんより出来る自信がありませんので、MONACOの件は(恥ずかしながら)見て見ぬ振りと言うことで…汗汗

いつも長くなってすみませんが…

ネドベドの代表復帰はもう決定らしいです、今週のWSDのインタビューでそう本人が言っていました。本戦も「決めるのは監督だ」とまんざらでもない様子…

うーんカストロマンが点取り屋に…
ここは貴重な情報源だなぁ…φ(..)メモメモ
  1. 2005/11/05(土) 04:19:34 |
  2. URL |
  3. davi #hVmTMWQk
  4. [ 編集]

Re:予選はこれで決まったかな?

>daviさん
とにかくホーム&アウェイのトータルだとイーブンには持っていきました!
色々と分析すると必然性のある勝利だったのかもしれませんが、個人的にはFWの決定力が明暗を分けた結果だと思ってます。
ホントに拮抗した試合でした。とても完勝などとは言えません。
(どうです?珍しく謙虚でしょ?笑)

リネカーのその名言、知ってますよ~(笑)
ドイツ人のメンタルに最大の敬意が払われている言葉ですよね。
イングランドはドイツに何度もやられてますし、リネカーのその言葉には説得力があります。
仰るとおり、近年のドイツにはそのメンタリティ欠如が問題となっているようですが、ちょっとでも油断するとやられます。

アレですが、イタリア粉砕コンビにはないものをたくさん持っている選手だと思います。
ただし、現在のユーベ、現在のアレを考えると、レギュラーとして決定的な何かが不足しているような気もするのです。
良い時のアレを見続けている自分としては、これ!とハッキリ申し上げられないのですが・・・
曖昧な表現ですが、ピッチ上での絶対的なオーラ、ボールを持った時のワクワクさせられる雰囲気、相手にとっての怖さ・・・
ピッチ全てを支配するようなオーラが戻ってくる事を期待しているのですが。

トレゼゲ、ズド~ンはユナイテッド戦だった記憶があります。
マドリーとやった事を覚えてない(知らない)だけかも知れませんが。
当時ティガナ率いるモナコは魅力的なチームでしたね。オーラを放ってたアレがそのモナコをタコ殴りにしてましたけど(笑)

ネドベド・・・
代表に行くからには是非とも活躍して欲しいです。
そして必ず得たものをユーベに還元してもらいたいです。怪我だけは絶対に・・・略

いや~、daviさんこそ色んな情報を提供してくれるので助かります。
そしてワタクシのエントリーに感じること、自身はこう思うというようなコメントがもっとも励みになります!!
いつも感謝しております(そしてガンガン吸収させていただいております)
  1. 2005/11/06(日) 00:17:16 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/138-d86da2b1

HSV vs. Stavanger ~ Champions League ~ Uefa Cup

ハンブルクSV&nbsp;&nbsp;ウィキング Stavanger Again a wonderful Uefa-Cup night for HSV. Second match in the group stage of Uefa Cup and HSV also beat the second opponent in group A&nbsp;Viking Stavanger. 37.500 visitors in AOL Arena saw a match in whic
  1. 2005/11/04(金) 07:27:58 |
  2. ★ハンブルグの以蔵 ~~~ Izou in Hamburg ★

貴婦人様感謝祭

今朝は当ブログにまたひとつ敗戦伝説が追加されました。さすが貴婦人様、ホームではきっちりと勝つところはあっぱれでございます。というわけで、貴婦人様の功績を称えてユベントス感謝祭をこれから始めます。wwwww貴婦人様、本当にありがとうございます!![:ラブ:]Juve
  1. 2005/11/04(金) 09:29:08 |
  2. FCバイエルン呪われた不幸の法則

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。