色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スタッド・ド・フランスへ vol.7






UEFA CHAMPIONS LEAGUE - Hymne (short version)
  


2006年5月17日、フランスはパリのサンドニ地区、 『 スタッド・ド・フランス 』
BIG EAR” までの距離<ディスタンス>
我らのユベントスが目の前の強豪を蹴散らしていく、今はまだ旅の途中 ―。



  UEFA CHAMPIONS LEAGUE
   First Knockout Round  First-leg
     ベルダー・ブレーメン vs ユベントス







ブレーメンの攻撃的なサッカーは素晴らしかった。
高い位置でのチェック、中盤でのプレス、最終ラインの押し上げ・・・。
更にはトップのポストプレー、チーム全体のパス回し、ワイドな揺さぶりと崩し。
まさに得点する為の戦いを、真っ向から挑んできたブレーメン。
己の守備力を考えた上で、出るしかなかったのだろうけど、好感が持てるサッカーをしていた。
 敗退濃厚な流れで、サポーターが “You'll never walk alone” を歌い出したら得点しやがって!! (苦笑)
どこか、02年チャンピオンズ・リーグ準優勝当時のレバークーゼンを思わせた。


ユーベはこれを受けのカタチで試合に入っていってしまった。
変に精神的余裕があったのか、守備力を過信したのか、相手に合わせてしまった。
能動的ではなく、受動的に戦ったって事だぁね。
アウェイだから守備に重点を置いて臨んだという事は理解できるよ、納得はできなくともね・・・。

自分はこれを書きながら非常に苛立ってる!!
「ハイ、そ~ですか」と、負けを簡単に受け入れられないから(笑)
結果に対して、内容に対して、イライラ~、ワナワナ~、とカルシウム不足を露呈しているワケでして(笑)


戦い方が悪かったのか?
なぜいつもの自分たちのサッカー、もっとアグレッシブルさを押し出してできなかったのか?
でも、結果が出てしまった以上は答えなんて出ないんだよね~。
単なる話の落としどころってだけ(笑)



あんなにピンチを迎えたのは予想外だったけど、少なくとも前半は狙い通りの戦い方だったんじゃないかな。
ブッフォンの美技がなかったらと思うとゾッとするけど(冷汗)
耐えて逆襲、これが1stレグの考え方だったと思う。
リズムやプランが狂ったのは、耐えて逆襲の攻撃、相手の裏を突いた決定機を活かせなかったからでは、と。
ズラタ~ンの相手GKとの1対1、ビエラの抜け出し・・・。
ブレーメンの特徴をスカウティングしたうえで、アウェイで勝つ為には、得点する為には、
トップの抜け出し、あるいは2列目3列目が裏へとドンドン飛び込んでいく・・・。
これがこの試合の必勝へのシナリオだったのではないかと捉えている。

その戦術が良いか悪いか、好きか嫌いかは別にして、もし得点に結びついていれば、
今頃ウキウキでこれを書いていると思うし、下手したら大量得点もありえた。
決定機のシーンに関しては相手GKを褒めるべきなんだろうけど、それらが得点に結びつかず、
徐々に焦り、慌て、パスミスが多くなり・・・
相手のプレスを嫌がって、後方からのロングボールをいつもより多用していた気もする。

試合の入り方、ゲームの流れ、ポイントとなる部分を掴み取る目と実行力・・・
僅かな差だったり、微妙なところなんだよね~、チャンピオンズ・リーグの決勝トーナメントって。
だから勝てば最高に痺れるし、酔えるワケでして。
もちろん負ければ耐えられないほどの悔しさが押し寄せるんだけど。


評価したいのはアウェイ・ゴールを2点挙げているところぐらいかな・・・。
リードされつつも相手DFラインの裏を突き、ネドベドが同点!
トレゼゲのストライカーたる所以とも言えるゴールで逆転!!
一応、プランが狂っても、後手に回っても逆転する力があるという事は証明したからね。

その後のやられ方は99年にユナイテッドとやった準決勝の悪夢を見ているようだったけど(汗)

CLってのは、特にイングランドとドイツのチーム相手には、守ろうとしたらヤラれるんです・・・。
幾ら組織のユーベといってもリードしてても攻めなきゃアカンのですよ!
CLのアウェイになると臆病な面を見せてしまうユーベ・・・・・・。

しかし、自分の中ではアウェイゴールを挙げての1点差負けまでは想定内だし、許せる範囲。


03年ファイナルのミラン戦、04年のデポルティーボ戦(2nd-leg)、05年のリバプール戦(2nd-leg)・・・。
近年、決勝トーナメントへ進んだユーベがCLの舞台から追いやられる試合は、
ことごとく無得点で終わっちゃってるよね(間違ってたらスミマセン)
でも、危機感と緊張感はあれど、ここで負けるとは全く思ってないし考えてもない白黒な俺(笑)

さぁて、今回の2ndレグは大いに取りにいくよ~!!
落ち込んだり、下を向いている暇は、ない!!!


P.S ビエラよ、おいビエラよ!!
    ハートは熱くて構わないが、もっと頭を冷静に!
    つまらない、もったいないカードもらってんじゃないよ、こ~の馬鹿チンが!(by 金八センセー)
    いい加減、何度目だよ?アン??
    そ~ゆ~事してると重要なところでどんな落とし穴があるか、ネドベドに聞いてごらん。
    えっ!? 彼もこの試合、イエローもらってるからアテにならないって?(汗)
    とにかく何だ、その~えぇ~っと~あれだ、目の前の試合に集中だ!!(苦笑)


スポンサーサイト
  1. 2006/02/23(木) 21:51:50|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4
<<もう一つの青赤 | ホーム | しゅ~ちゅ~~っ!!>>

コメント

まさかJUVEが負けると思ってませんでした。
それ以上にうちが引き分けるとは、、、
でもお互いにAWAYでの2得点はかなりでかいよ!!
まぁ、あとは自分のチームを信じるのみだね!!

話し変わるけど「ナンバー」のカぺッロインタビュー見ました。すごくシンプルなことを言ってます。シンプルisベストってことだね。
なんか物凄く監督の重要性が解った気がします。。。
まさに勝者の哲学!
  1. 2006/02/24(金) 13:52:14 |
  2. URL |
  3. ZAMORANO #-
  4. [ 編集]

Jリーグバトン

こんばんは。
バトンを回させてもらいました。
よろしければ、おヒマな時にでも。
  1. 2006/02/24(金) 18:26:00 |
  2. URL |
  3. コール #.8F7RpF2
  4. [ 編集]

★TATSUさん
>ブッフォンの美技がなかったらと思うとゾッとするけど
久々にジジの神セーブに震えました。あぁ、やっぱりジジだ!!ジジが帰ってきたぁ!!って。←まさかその後3点も取られるとは....。
> つまらない、もったいないカードもらってんじゃないよ、こ~の馬鹿チンが!(by 金八センセー)
ロッカールームでカペお父さんがパックンに「こ~の馬鹿チンが!」と言ってるところを勝手に想像して笑ってました←アホ(笑)。
ビアンコネロ戦士が妙にいっぱ黄色いカードもらっていたのは気のせいでしょうか....?←恐ろしくて今誰がリーチとか確認したくないっ!(苦笑)


★ZAMORANOさん
はじめまして。
>「ナンバー」のカぺッロインタビュー見ました
私もそこだけ(笑)読みました←サッカー選手のインタばかりかと思いきや、どさくさに紛れてカペさんがいた。
あそこで言ってるようなことと同じことを少し前の『UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン』でも言ってました。
みんな得意になって「カペッロは勝つだけの監督」みたいに言うけど、勝ち続けること、優勝することってめっちゃ大変なことだと私は思うんですけどね。

  1. 2006/02/25(土) 11:45:40 |
  2. URL |
  3. onomi #EYHk2CZE
  4. [ 編集]

>ZAMORANO兄さん
負けると思ってなかったけど、負けた事は不思議ではないね。だってCLの決勝トーナメントなんだから。
ジャイアント・キリングとかアップセットという言葉は使えないよな~。
“ドン・ファビオ”カペッロの記事は兄さんからコメントもらう前に読んでたよ。
正直ガッカリしたね。
俺的にかなり評価の高い監督だけど、俺が将来プロを目指すサッカー少年だったら、あまりにも夢がないね。
間違いなく勝者の哲学は監督に必要だけど、選手の創造性に関してもう少し容赦の心があってもいいんじゃない?と。
某国代表監督みたいにカペッロと真逆なのもアカンけど(笑)
監督として超一流なのは認めてるんだけど、もう少し柔軟性は欲しいな。
あれじゃ何が起きても不思議じゃない昨今のCLトーナメントを勝ち抜くのは難しいかもと思った。国内リーグ戦向きな監督かもね。
あのインタビューがカペッロの真意なら、勝ってる時はいいけど、負けたら相当の責任を負う必要があるだろ~な。
ただ試合観てると、あのインタビューとは違う面が出てるんだけど(笑)


>コールさん
こんばんは。
適当にヒマをみつけてやってみます。


>onomiさん
ブッフォンは素晴らしいですよね、ホント。
俺の中ではユーベの新バンディエラという位置付けですよ(笑)
プラティニ→バッジョ→デル・ピエロという「No.10」の系譜がユーベにありますが、
ゾフ→タッコーニ→ペルッツィという「GK」でキャプテンという系譜もユーベにあります。
ブッフォンが腕章を巻いてユーベの象徴となってもなんら違和感がありません。
ん~・・・白黒戦士、ちょっとカードもらい過ぎましたね。
ZAMORANO兄さん宛のコメントですが・・・
確かに勝つ事より勝ち続ける事の方が何倍も難しいですね。カペッロというよりユーベが素晴らしい!
俺はカペッロ支持者ですけど、ただ、あのメンバーならもっともっとスペクタクルな攻撃で勝つ事が出来ると思いませんか?
2ndレグで攻撃力のあるブレーメンと真っ向打ち合いしての勝利を強く激しく望んでます。
  1. 2006/02/26(日) 00:24:29 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/193-eb777a33

Jリーグバトン

MASARUのブログのMASARUさんから、Jリーグバトンをいただきました。継続しましょう。■Jリーグのどこのクラブのサポーターですか?FC東京。■ライバルだと思っているJリーグのクラブはどこですか?浦和レッズ。■自分がサポーターしているクラブ以外で、好きな(応援してい
  1. 2006/02/24(金) 18:20:15 |
  2. 珈琲もう一杯

TATSU


logo1.gif




03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。