色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まだまだ改善の余地あり!

前節のミラン戦で、ぶっちゃけ厳しいこと書いたかなと、反省はしてないけど選手のコンディションを気遣ってみる。
いや、ハード・スケジュール続きでコンディションが整いにくいのは当然というのを判ってる上で、
相手がミラン、覇権を争うべくミラン、前半戦ド完敗しているミランだからこそ、ね。
結果としてドロー以上であればユーベとしては問題ないんだけど、ちと熱くなった。
ひょっとしたら根本にあるのは 『ユーベ vs ミラン』 というカードなのに面白くなかったからなんだろ~な~。

さて、気持ちを切り替えて今節リボルノ戦。
な~んでドナドーニ監督は辞めちゃったんだろ?と思いつつ、
マッツォーネ監督は例によって爪を噛むクセは相変わらずだな~、などと微笑ましくこの試合を観てたっけ。



   05-06 第30節
     リボルノ vs ユベントス






コンディションに気を遣ってみたものの、さすがにミラン戦と比べると重さが取れつつあると思った。
やっぱりウィーク・デーに試合があるとないとでは大きな違いが出る。
でも、それとは別に気になったのが、怪我。
かなりうちのアレさんを削ってくれてるじゃないの!?
あんなに怒りを露にしたアレをみたのはちょっと記憶にないよ!
結局フル出場して最後の最後に得点してたので、特に心配する必要はないみたいだけど。
おそらく痛くないはずはないと思うけど、終了間際にあれだけ基本がしっかりしたトラップ&シュートでゴールできれば大丈夫。
筋肉や関節に支障があれば、あの時間帯だと身体がブレてしっかりしたシュートは打てない事が多いからね。

しっかしアレ以外でもこの時期の接触プレーや怪我には神経質になって見てしまう。
ピッチに立てば怪我を恐れてプレーすることなんて出来ないし、抜いてプレーするほうが怪我し易いってのは判るんだけど。
この時期での怪我はそのままシーズン終了を意味するし、カンピオナートはともかくCLを勝ち抜く為には欠員は避けたい。
相手の当たりやファールまがいの接触プレーで怪我してしまうこともあるので、
変にこねずに早いパス回しをしていければいいね。


ユーベは今季、試合開始早々に失点することが多々あるんだけど、この試合はいきなりの先制パンチ。
美しいつなぎから最後はトレゼゲツンと隅を突いたシュート。
このゴールで素晴らしい絡みを見せたのがビエラに代わって出場したジャンニケッダ
アレからパスが来ないとみるや止まらずに前へ、ネドベドからのパスをトレゼゲへ。
更にはトレゼゲのシュートにしっかり詰める、という前線まで上がって個人の連動プレーを見せ、
この貴重かつ美しきゴールを呼び込んだ。
このプレー以外でもこの試合はチャンスとみるや前線へ上がりゴールの予感を幾分匂わせた。
特長的にゴールに直結するプレーは失礼にもあまり期待はしていなかったが、余力があればアピールしていって欲しい。
トレゼゲはこのゴールを含めて2ゴールと好調をアピールしていて実に頼もしい。
生粋のゴールゲッターと言うと豪快さを連想してしまうけれど、いかに得点する為のシュートをするかという意味で
冷静でテクニカルな部分も持ち合わせていなければならない。2点とも非常にスキルがあるなと思わせるゴールだった。


前節よりも重さが取れているとはいえ、決して軽快なプレーを魅せるに至らなかったユーベ
その中にあって安定というか信頼がおけるというか、とにかく効いていて計算できるのがカンナバーロエメルソン
相手の核となるところをしっかり押さえてピンチを未然に防いでしまうあたり、ユーベは相当助かっている。
この2人に勤続疲労という言葉はないのだろうか?

逆に怪我で休んでた割にはフロントに給料UPを要求し、軽率なプレーで上記2人に負担を欠けていたのが・・・。
ユーベ戦士である以上は応援したい気持ちがあるのだけど、どーもローマ時代からのダメっぷりが払拭できない(笑)
現地で観た試合での彼の印象があまりにも悪かった、というのを差し引いてもちょっとね・・・。
ユーベに来てから格段にレベルアップはしたものの、それでも今季のユーベの組織の中では見劣りしてしまう。
そして給料UPは要求するが、更なるスキルUPが伴っていないあたり・・・。
オマケに復帰してはリタイアして、出場しては軽率なプレー・・・。
白黒戦士ゆえ今まで指摘するのを極力避けてきたけれど、ザンブロッタが戻ってくるまでなんとか繋いでくれ!(笑)
そもそもビリンデッリの怪我が痛いんだよな~・・・。


この試合では他に特筆すべき事はなくて、しっかり勝ち点3を稼いだというところを評価したい。
いや、ただやっぱりど~しても一つだけ。
今季のユーベは開始早々に失点が多いと先にも、前々からも書いてるけど、同時にセットプレーからの失点も多い。
この試合はセットプレーから失点する事はなかったけれど、失点しててもおかしくない決定的なものが何度かあった。
駆け引き、ポジショニング、競り合いのタイミング、周りのコーチングなど、様々な要因があると思うけれど、
きっちり修正していって欲しい。

  CLを踏まえると、ベスト8以上の戦いは実力が拮抗した相手ばかり。
  勝敗を分けるのはセットプレーになることも十分に考えられる。
  相手もそのあたりを研究しているはずなので、しっかりと詰めておかないとね。

  その視線の先には何を見据えているのか・・・
  頼んだよ、ドン・ファビオ!!!


スポンサーサイト
  1. 2006/03/21(火) 01:37:27|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<何気って言葉が多い今日この頃 | ホーム | そりゃ時間は掛かるって!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/205-27afb3cb

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。