色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第2戦、地元デッレ・アルピで逆転せよ!






UEFA CHAMPIONS LEAGUE - Hymne
  




 Quarter-finals 2nd leg


  BIANCONERI  -  GUNNERS

  @ Delle Alpi (TORINO, Italia)





かなり厳しい状況で第2戦を迎えることとなった我らが白黒軍団ユベントス
正直な話、全く考えてなかった厳しい現実に、この一週間は決して穏やかではない日々を送っている。
あまりね、他の事が手につかないんっすよ・・・。

ちょっと体調を崩している事もあり、なかなかハッピーデイズを過ごせていない今日この頃、
唯一地元井の頭公園の桜だけは、心の負の部分を浄化してくれている。
 (一部イカレた花見客がゴミを残していくとこは相変わらずだが・・・。ゴミじゃなく円を落としてけよ!笑)
朝夕は肌寒い気候が続いているけど、美しい桜が強く咲いていると春を実感させてくれる。
何をもって美しいと思うかは人それぞれだけど、自分が美しいと思うものに心が洗われていくのは誰でも共通していると思う。
この美しい桜、美しい街並み、美しい絵や写真、美しい建物や食べ物の盛り付け、美しき人、そして美しいサッカー・・・

美しいサッカー??
何じゃそりゃ!?(笑)
これこそ究極の主観ってヤツだぁね。

やっかいなことに自分にとって美しいサッカーってのは説明できないものだけど、
プレーを観て、「こ~ゆ~のが美しいサッカーなんだよな~!」というものは漠然とではあるけど持っている。
きっと自分が思う美しいサッカーってのは恒久的なものではなく、その時その場で起こる刹那的なものなのだろう。
そしてその美しいと思うサッカーを、残念ながら昨今のユベントスは持ち合わせていない。
いや、実践出来る面子はある程度揃っているが、あえてやっていない。
むしろ放棄していると言ってもよいだろう。

そんなユーベをなぜ応援するのか ―。
きっと子供の頃に抱いた憧れというものが根っこの部分にあるんだろ~な~。

フランスの将軍プラティニを擁するユベントスを初めて見たのが1985年のトヨタカップだった。
当時はユーベプラティニを知らない小学2年だったけど、プラティニの存在感や幻のボレーに涙した記憶がある。
小学3年から無邪気にサッカーを始めたきっかけの一つが、プラティニユベントスだった(はず)。
友人にボールを投げてもらって幻のボレーの練習を馬鹿みたいに繰り返してるガキんちょでしたよ。
おかげで利き足ではない左足のシュートが上手くなったものです(笑)

あれから長い月日が経過し、ユベントス・ファンな自分も28歳になった。
こんな事を言うと歳をとったんだな~と思うけど、あの時のユーベは自分にとって美しい存在で、
きっと子供ながらに美しいと感じる事のできるサッカーをしていたのだと思う。
気が付くとユーベを応援せずにはいられなくなっていたワケだから、随所で美しさを享受していたはず。
今ほど頻繁にサッカーをテレビで観る事のできなかった時代、雑誌で活字しか追う事の出来なかった時代から、
振り返ると20年近くも自然とユーベを意識して生きているワケですよ!!
余裕で人生の半分以上ぢゃんか!?(笑)
別にあの頃は良かった的な、今を悲観して嘆くようなつもりは一切ないのだけれど・・・。
きっと理屈じゃないんでしょうね~。

俺にとってのユーベは、監督が誰でも、選手が誰でも、その時その場で応援するか否かが変わるような存在ではない。
だからもう理屈抜きで勝ちたい。
ビッグイアーが欲しい!
5年連続して欧州決勝戦の雰囲気を味わうと、当事者としてあの場で頂点に!という欲は必然的に沸いてきちゃう。
美しいサッカーもプラスαも残念ながら期待できない、ある意味寂しい昨今のユーベではあるけれど、ならば勝つしかない。
結果でしか感情を解き放つ事しかできないなら、勝つしか道はない!!
そして俺が思う美しいサッカーには程遠く、プラスαも乏しいけれど、勝つ事で周囲を黙らせてきた監督カペッロ
今まさに実力が問われるシチュエーションが、“最高のカタチ”で用意されている。

非難する事はあまりにも簡単だし、ミランやローマ時代とはちょっと印象が変わってきた(と思った)カペッロだから、
今まではポジティブな要素ばかりを褒め、ネガティブな要素は批判する程度に留めていた。
しかし今まで意識して目をつぶってきた部分が、いよいよ自分の中で限界に近付いてきている。
というよりも噴火寸前・・・。
だから、カペッロには得意の結果を出すことで、こんな俺を黙らせて欲しい!
「選手としてもユーベで活躍し、様々なクラブにタイトルをもたらした我輩のサッカーを黙って見とけ!!
 貴様になんぞ言われなくても勝つわい、どあほう!!」と。


愛するユーベの試合だから、斜に構えたり、一歩引いて冷静に戦況を見つめる事は決してできない。
目の前の試合に集中せず、カペッロを査定するかのような意地汚い見方なんて、間違ってもできない。
ましてやブログを書くために、あれこれ内容を分析して観戦するような事も、まったくもって不可能。
俺の価値観でいえば、意識的にそれをやっちゃうとファンとして最もつまらなく、楽しもうとしていない事になるからね。
逆に言えば、まずはとにかくユベンティーノとして思いっきり感情移入をさせて欲しい!!
一つ一つのプレーに一喜一憂させて欲しい!!
ユーベの監督であるカペッロにとって最も美しいサッカーが、勝利という結果的なものであるならば、
いちユーベ・ファンとしてそれを目一杯味あわせて欲しい。


幸いな事に、井の頭公園の桜はまだ美しく、力強く咲いている。
散ってしまうにはあまりにも惜しく、そんなのまだまだ早いだろ??

※ ユベントスは今や白黒だけど、クラブ創設当時のカラーはピンク!! つまり桜色!!
  100周年の記念ユニフォームも、それにちなんでピンク色だったよね!
   無理矢理なこじ付け感が否めないが まだまだここで散るワケにはいかんだろ~よ??
   (※ これも書くつもりでのっけから桜の話を出したのに、書き忘れてたので追記だよ~~ん。おマヌケです。)


“BIG EAR” までの距離<ディスタンス>

Forza ragazzi !!
  茶化すつもりは毛頭ないけど、このオフィシャルにあったフレーズって、ちょっと前のカロリーメイトのCMを彷彿させる。
  「頑張れ、ワカゾー!」みたいな(笑) 気持ち、「戦え、白黒ボーイズ」くらいのニュアンスでいいよね?

俺を当事者として、決勝の舞台、パリの“スタッド・ド・フランス”へ連れて行ってくれ!!!
白と黒の誇りを胸に ―。


号泣する準備はできていない。
ただし、パリの 『 スタッド・ド・フランス 』 に行く準備はできている ―。



自分でも引くくらい、支離滅裂でワケの判らんエントリーをしたものだ(笑)
でも、勝てば後に読み返したとき、めっちゃ笑えるんだろ~な~~~。

スポンサーサイト
  1. 2006/04/04(火) 11:49:01|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<スタッド・ド・フランスへ vol.10 | ホーム | 春眠、暁を覚えず・・・!?>>

コメント

おはよ。本日私はお休みである。共にサッカーを愛する親友の携帯のメールにて目が覚めた!!
「ハァ?まじで?」
イエローサブマリンに敗退したようだ。。。 否、“ロマン”に屈したようである。現在は悪夢の睡眠から目が覚め、現実を知りました。。
負けた相手にエールの交換ダァ。
ロマン君。君の力で欧州制覇まで後2つだ。がんばれーー、、、、

言い返します。ファンペルシー、ファブレガスにに足元すくわれんなよぉ。。。
個人的深層には同イタリアチームとして応援してるよ。眉毛がCKから2点ぐらい取る奇跡を起こしてほしいね!
ピッポも復活かぁ?

あーわけわからん。
  1. 2006/04/05(水) 13:22:31 |
  2. URL |
  3. ZAMORANO #-
  4. [ 編集]

Re:

>ZAMORANO兄さん
“ El Madrigal (エル・マドリガル) ”の主、“ El Submarino Amarillo (イエローサブマリン) ” こと Villarreal 相手に、
“ Nerazzurri ” こと Inter、没・・・。
適当にチョロチョロっと観てたけど、ぶっちゃけ妥当な結果だったと思われる。
相変わらずなマテラッツィの暴肘うちで、ソリンが流血→負傷退場させられ、不利な状況にもかかわらず・・・。
でもキリン君、お咎めなし・・・。
ファン・ロマン君がそら~もう多国籍選抜をチンチンにしてたっけ!
本日はしっかりお休みを。寝覚めたらきっとこう思うでしょう、「やっぱり国内優勝してからだな・・・」と(笑)
何はともあれ、インテルにとって“メインのタイトル”木っ端伊太利亜が残ってるでしょ? 一応カップ・ホルダーですからね。

バルサに匹敵すると思ってたし、FINAL進出可能性大と捉えてたリヨンは終了間際まで優位だったけど・・・。
ジュニーニョ・ペルナンプカーノのプレーもFKも凄いし、DFのクリスなんて素晴らしい選手だったんだけどね・・・。
なんかミランの勝ち方が03年のアヤックス戦を彷彿させる・・・。って事は決勝でユーベ・・・略。なんか嫌ぁ~な感じ(笑)
ピッポの活躍は喜ばしい限りだけどね。

さて、うちですか? 前半からガンガン行きますよ! じゃなきゃ勝機はないと思っているので。
ここ最近のユーベ・ネタ読んでくれれば判ると思うけど、ここまで俺が本気以上のマジになってるのって、
長い付き合いのあるZAMORANO兄さんから見ても珍しいでしょ?(笑)
今大会には俺のユーベの捉え方的にも、俺個人的にも、色々と期するものがあるんだよね~。
アーセナルは結局ティエリなんだよな~。
彼がいるから周りが活きる。彼で周りが何割も増して怖い存在になる・・・。
アウェイゴール恐れて慎重に、いや臆病な気持ちで試合に入っていったら奇跡は起こせないだろ~なと思ってます。
  1. 2006/04/05(水) 14:50:57 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/213-fe45c4ca

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。