色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2年ぶりのバックスタンドから

春の陽気に誘われて?暖か~く日向ぼっこできるバックスタンド自由席で、約2年ぶりに観戦する事に。
久し振り過ぎて違和感を覚えるようなアングル(笑)
いや、やっぱおもっくそ観易いよね。
テレビではどんな試合でも、同じアングルで呆れるくらい観ているはずなのに、
東京の試合ともなると、ここ2年はゴール裏1階か2階が常だったため、ある意味新鮮。
気持ち的には今季の座種変更を有効活用しようというものと、監督が代わり、やっているサッカーも変化がある、
などの理由から、別の角度から東京のサッカーを観るというリフレッシュも面白いかな、ってね。



    2006年 第8節
     FC東京 vs ジェフユナイテッド千葉  味の素スタジアム






前節の磐田戦でセクシーなサッカーを披露し、快勝した我らが青赤に大いに酔ったのは事実だし正直な気持ちだけど、
まだまだ安定していない東京に対して磐田戦の内容と結果を100%鵜呑みにする事はできなかった。
苦戦や試行錯誤は続くだろうな、と。
新しい事に挑戦するのって、一度“ハマった”からこれでいける、これがデフォルトだ!とは捉えられない、
ある意味当たり前の話なワケでして。

俺の場合、W杯中断まで見守る、見極めるって言ってるのはそ~いうこと。
悪い時には静観決め込み、いい時にはべらぼうにホメちぎって、というのではなく・・・。
良くも悪くも落ち込まず、喜び浮かれ酔いつつも、いい意味で次の試合には持ち込まないように・・・。


残念な事に、この日の敗戦には大きなショックを受けてはいないんだよね。
憤りは感じでいるけど・・・。
バックスタンドで観戦すると、ゴール裏とは違ってやっぱり色んなモノが目に入ってくる。
今は戦術的なモノはちと鬱陶しいので避けるけれど。

とはいっても、ま~この日は戦術云々以前の話だね。
もったいないというか情けないというか・・・出来る事をただ単にやってないだけなんだよな~・・・。

ヒロミだろ~が、ガーロだろ~が、共通して思うのは、東京は極端に集中力が切れたり、サボったりと
1試合の中で何度も沈みどころがある。
ボールがタッチを割ったり、ファールでセットプレーを与えたりという時に、カラダも頭も休憩に入っちゃう。
奪ったり奪われたりの後の切り替えに若干の“間”が入ってしまう。
ホントに一瞬の事かもしれないけれど、積み重ねていくと1試合の中で大きな差に表れてしまう気がする。
俺はガーロの目指しているサッカーであれば、プレーを切る事無く、頭を働かせながらカラダを休ませられる、
そんな側面があるサッカーだと思っているけれど、東京の場合サッカーの質ってやつは関係ないのかな?と考えさせられる。
千葉のように切り替えが速く、運動量が多いチームを相手にすると、それが極度に露呈されてしまうね。

「若さ」からくるものなのかもしれないけれど、東京にとってその「若さ」という言葉は逃げであり、言い訳の常套句。
若いチーム、2,3年後には優勝争いの常連 ―。
こんなフレーズを毎年聞いてません???

若さは非常に武器で将来的な展望に明るさを見出せるものなんだけど、
そろそろサッカーの質以外、メンタル面の若さは改善できないものか・・・。


もったいない失点をした。
ラッキーな得点で詰め寄った。
スコア的には肉薄も内容は・・・。

この日の前半の東京であれば、前節の磐田に勝ててないと思う。
この日の後半の東京であれば、初めて今季のサッカーはどんな感じになる?という話が“開始”できる。


ひょっとしたら、俺は見守る、見極めるという言葉で自分に言い訳して、
今季の東京をどう捉えていいのか判らずに逃げているのかもしれない・・・。

もっとも昨今の自分の見守りスタンスは、決して改善に向かわない野次を浴びせるよりはいいと思ってるのだが・・・。
久し振りのバックスタンドには、ここ2年でそんな輩が急増していた(笑)

ピッチもスタンドも春の陽気を浴びつつ、どこか冷たい風が吹き込んでいた ―。


スポンサーサイト
  1. 2006/04/16(日) 11:56:00|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<二人のファビオ | ホーム | 05-06 UEFA CL CLIMAX -SEMI FINALS->>

コメント

お疲れ様でした~

>昨今の自分の見守りスタンスは、決して改善に向かわない野次を浴びせるよりはいいと思ってるのだが・・・。
久し振りのバックスタンドには、ここ2年でそんな輩が急増していた(笑)

去年バックススンドを根城にしていた私にとっては、とても残念です。
去年の連敗時にもそこにいましたが、
あんなにストレスが溜まるようなことは、なかったんですけどね。

どんな展開でも歌とコールで鼓舞するゴール裏とは違い
よくも悪くもゲーム内容と連動しやすい場所ではあるのですが・・・

いつかこの場所も、スタジアムの雰囲気を作り出すところになればいいな、と思います。
  1. 2006/04/16(日) 17:06:18 |
  2. URL |
  3. ymacky #-
  4. [ 編集]

Re:

>ymackyさん
仕事で慌しかったでしょうけど、お疲れ様でした~。

野次などはやっぱりピッチ上のクオリティや結果からくるストレスなんでしょうね。
それ自体、個々の感受性という意味ではしょうがないかもしれませんね。
ただ、周りで子供たちが「ルーカスがんばれ~!」、「梶山いけ~!」という純粋な応援をしているところへかぶせるように、
「ルーカスへたくそ~!」やら「てめ~梶山、こっから出てけクソやろ~!」というのを聞いちゃうとね・・・。
もし子供たちが明日の青赤戦士を目指してたらと思うとね、やっぱり愛と笑いの応援が好ましいと思っちゃうんですよね。
たまたま遭遇した、極々一部の人ではあると思いますが。

闇雲にひたすら応援し続けるのにもちょっと疑問を感じつつある今季ここまでの俺なんですけど、
サポーターとチームの相乗効果ってやつは東京にとってどんなカタチが望ましいのか・・・。
お客さん感覚でスタジアムへ行ってない自分としては、悩みどころでもあります。
  1. 2006/04/17(月) 22:14:55 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/219-680cae2d

TATSU


logo1.gif




03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。