色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Moggi e Giraudo

ユベントス・フロントはCL敗退以降、かん口令を敷いている。
サポーターの反発を防ぐため? 実は内紛が起きている? スクデット獲得に集中するため?
理由がどうであれ、"TUTTOSPORT" や "Gazzetta dello Sport" などは紙面が余っちゃって困っていると聞く。
テレビのカルチョ情報でも尺が余り、モナコに移籍したビエリ番長の新コーナー「おう!ワイや!」を連日流す始末。
それも練習や試合風景ではなく、モナコ・コートダジュールで美女たちと優雅かつハチャメチャに過ごすピンク系な映像ばかり・・・。


  ならばと思い、先日のラツィオ戦にて、ユーベが誇る優秀なブレーン、
  ルチアーノ・モッジアントニオ・ジラウドに盗聴器を仕掛け、内緒な話を暴こうと試みた。
  途中ユベンティーニのゼビナに対するブーイングがあまりにも大きく(笑)、
  聞き取れない部分も多かったため、映像をも駆使して口の動きから言葉を読み取るなど、
  あらゆる手法で一言一句逃さないよう会話の内容を解明してみた。

  知っていた話、知らなかった事実、恥ずかしいネタ、そして・・・。


そこには来期以降に向けて驚くような事(ネタも??)が!?





G:「そろそろ今季も終りか。何だかんだいってもスクデットだけは獲得しないと、気品あるユベンティーニも何をするか・・・。」

M:「ストレートに言うが、来期は監督交代でいく。カペッロに限界を感じた。国内はいいがCLは厳しいぞ。」

G:「それなら後任にはプランデッリが望ましい。ユーベのイメージにも合うし、強い意志と同系統の哲学、戦術眼を持っている。
  またはデルネーリスパレッティも悪くないかと。」

M:「いや、ユーベにとってイタリア人監督となると、リッピカペッロ以上に優秀な監督はいない。
  それにイタリア人だと気質的にそう変わらない。同じ事を繰り返す恐れがある。
  今こそ改革が必要だろう。イタリアもヨーロッパも知っている、外の血が必要だ。
  とにかくカペッロの後任だ、誰がやってもプレッシャーはとてつもないぞ。」

G:「となると、CL決勝経験もあるベニテスデシャンヒッツフェルトモウリーニョデル・ボスケ辺りが適任か?
  それともフェリポンパレイラルシェンブルゴクーペルビアンチなどの南米系?
  まさか意表を突いてトルシエとか? 尻アゴは個性が強いぞ!」

M:「ブラジル人監督は信用ならん。何人ものブラジル人選手はビッグイアーを獲得しているが、監督となると・・・。
  代表はともかくクラブを率いるには何か足りないぞ。カーニバルで帰国する輩もいるしな。
  アルゼンチン人監督もちょっとユーベのイメージとは異なる。
  それにトルシエって誰だ? 俺は一流監督にしか興味はないぞ!」

G:「じゃー誰なんだ? モッジよ、いつものやったげて!」
M:「おぅ聞きたいか?俺の脳内妄想!!」
G:「その脳内妄想を言ったげて!」
M:「俺の伝説メルカート! レッツゴー♪ ってアホか!? 何やらせてんだよ! 東洋の無線通信かよ?」
G:「いや、カルチョ・メルカートの黒幕は、時に俺にまで内緒にするから、ノセれば言うかなって(笑)」

M:「こっそりと教えておく。でもいいか、内緒だぞ! 口外したらお前の愛人をピッツァの具にして食べちゃうぞ!」

G:「えぇ!? それは困る、困るよ~!! 言わない! 絶対に言わないよ~!
  アンタはシレ~っとした顔でホントにそういうことしちゃいそうだから怖いよ。」

M:「口からも尿道からも漏らさないよ~に、気ぃ引き締めてよく聞けよ。気が弱いならパンツ脱いでおけ!」

G:「最近緩いから既に初老用オムツを穿いてるし大丈夫だ。結構優れものだぞ! 日本製なんだよ。」

M:「んな事は知らん! いいか? 言うぞ。 ボソボソゴニョゴニョ・・・」

G:「え"ぇ~~~~!? マンマミーヤ~!? サンタルチーヤァ~! 鼻から血ぃや~!」

M:「緩いのは鼻だったのか!? とりあえずオムツで拭いておけ。奥さんにはトマトソースこぼしたって事にしとけ。」

G:「オムツにパスタソース!? ないない、その案は!! ちなみに今日の昼はフンギ・ポルチーニのペンネだったんだけど・・・」

M:「知るか! 何とかしろ! 話が進まん!
  いいか、彼はローマの2チームやフィオレンティーナ、サンプドリアとイタリア・クラブを指揮した経験があり、
  それなりに、カルチョを熟知している。更にはポルトガルのベンフィカでも監督経験があり国際性豊かだ。
  イングランド代表も率いてそれなりに実績も積んでいる。スキャンダルを起こして憂き目にあっているのも良い。
  ユーベにくれば誰しもが品行方正な人格者へと変貌を遂げるしな。昔から更正に適したクラブだろ?(笑)
  ユーベが問題を起こした彼を招聘するなんてほとんどの人が予測してない。またぶっ飛び人事を仕掛けるぞ!」

G:「そ~ゆ~のに付け込むの、うまいね~。モッジさん、かっこいーーーーー!!」

M:「金と女はさほど重要じゃない! コネと話術、そしてこのボ~~っとした表情が商談には効くんだ。
  スウェーデン人って事もあってズラタ~ンをそのまま任せられるし、ファンタジスタも組織で活かせる術を知っている。
  それに育成的な仕事もできる。バッジョキエーザモンテッラネドベドは彼のもとで開花したしな。
  カウンター、ポゼッション、キック&ラッシュと異なるタイプのサッカーを融合させる事も可能だろう。」

G:「なるほど、それは期待と計算ができる。しかしチャンピオンズ・リーグはど~するんだ?
  彼にはビッグイアーを手にした経験がないぞ。」

M:「それは大きな問題ではない。CLの雰囲気は経験しているし、今までの国際性の豊かさは絶対にプラスになる。
  更に言うならば彼はユーベが苦手なイングランド勢を熟知している。
  簡単に番組に騙されてイングランドの内情をポロリしているんだ、ユーベに来たら莫大な情報が得られるぞ!」

G:「なんかアプローチの仕方がズレているというか、健全じゃないというか・・・」

M:「しゃーらくせぇ~~~~~~!! 今の世の中はキレイゴトだけじゃ生きていけねぇ~んだよ!!!!
  ジダンデシャンユーベに来たおかげで、W杯でもユーロでもイタリアを破りタイトルを獲ったではないか!!
  昨日の友は今日の敵って言葉を知らんのか?」


G:「ならばモッジよ、選手はどう考えてるんだ?」

M:「まず、補強のポイントは中盤のテクニカルな部門とスペシャリスト肌のサイドアタッカー。
  更にはセンターバックのバックアッパーと、スタミナ重視のサイドバックだ。」

G:「確かに、現在勤続疲労を起こしているポジションで足りないタイプの選手かもしれない。」

M:「とにかくトーマス・ロシツキーを獲る! 2000年からロシツキーの加入を熱望している日本人ファンがいるしな。
  彼を裏切りたくない。実際に私も興味がある。そしてキウミエントを呼び戻す。更にはムラド・メグニにも接触する。
  マレスカミッコリタッキナルディを怒らしちゃったからな~、彼らは戻る気にならんだろ?
  ビエラエメルソンのバックアップに、モデステ・エムバミベノワ・ペドレッティも考えている。」

G:「ミッコリは戻らないだろうし、タッキナルディはCLでユーベより上に行っちゃったからな。」

M:「サイドアタッカーには既にスピード系のマルコ・マルキオンニが決定している。
  かといってカモラネージは放出しない! 今季は精神的にムラがあり売る事も考えたが、
  これも例の日本人の反対にあった。だから最大の補強はカモラネージの残留だ。」

G:「左サイドはキエッリーニザンブロッタネドベドを上手く使い分ければいいだろう。」

M:「テュラムカンナバーロコバチに信頼を置いているセンターバックだが、更に若い選手も必要だ。
  そこでフィリップ・メクセスをローマから強奪する。オセール時代のパフォーマンスを取り戻しているし、今季はムラが減った。
  ここを逃すと移籍金が上がってしまうから今が交渉時だ。な~に、ローマに嫌われるのは慣れている(笑)
  そして問題のサイドバック。ザンブロッタキエッリーニバルザレッティでまわして、ベテランのペソットビリンデッリ
  現体制で行こうと思ったが、今季を踏まえると安心ができないポジションだ。
  そこでズデネク・グリゲラベルナール・メンディをリストアップしている。」

G:「いつの間に!? ヤンクロフスキーは獲得できなかったけど、彼はもう諦めたのか? ミランでパッとしてないぞ。」

M:「今は左サイドより右サイドが必要だ。左は既存選手で十分だろう。」

G:「こうしてみると、チェコとフランスが多いな。ズベン・ゴラン・エリク▲ンが求めているサッカーが実践できるのか?」

M:「いや、どれもこれもそれなりに妥当なセレクションだ。とある日本人の希望ともほぼ合致している。」

G:「さっきから日本人云々って言ってるけど、誰なんだ?」

M:「知らない方がいい。それこそビックリしてホントに漏らすぞ。
  まぁ今季のCL決勝に進めなかったお詫びを、望みの補強というカタチで彼に償いたいと思っている。」


G:「ところで、モッジよ。ちょっと愚痴っていいかな?」

M:「例の愛人がいるだろ? O字開脚をしてもらいながら甘え愚痴りすればいいじゃないか。」

G:「いや、ユーベ内部の話は愛人に言えないだろ? そこまでアホじゃないからよ! ニャンニャンはするけどな。
  実はさ、一年前に新取締役が発表されたろ?
  ジャン・クロード・ブランステファノ・ベルトーラルイージ・キアッペーロの3人だよ。
  これはいよいよ一つの時代が終焉に向かっている事を予感させられるよ。
  俺らはさ、ロベルト・ベッテガも含めて三頭政治体制で94年からここまでやってきたろ?
  当時はオーナーのアニエリ家が本業のフィアット経営で苦しくなって、ユーベに金がまわらなくなってさ。
  そこで兄ジャンニから、ユーベの名誉会長職を譲り受けた弟ウンベルトの下で営業幹部をしていたこの俺が、
  ユーベの代表取締役として送り込まれてさ。
  独立採算による経営体制で、欧州のトップレベルを維持するという困難な使命を与えられてな。
  そりゃ~ミランやインテルが羨ましかったよ。ベルルスコーニモラッティがポケットマネーで赤字を補填しちゃうからな。
  スター選手買い漁り、結果が出なくても別のスター披露会とのん気でいられるとこは別に羨ましくないけどな。
  オーナーやパトロンの資金に頼らずに黒字経営、株式上場、更にはスクデットにビッグイアーとタイトルもしっかり獲得。
  俺らはよくやってきていると思わないか?」

M:「確かに、もっともな話だな。懸命に仕事してきて忘れてたが、あれから10年以上も経過しているんだな。」

G:「そ~さ。でもな、今のフィアット会長ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロとあまり上手くいってない。
  俺もジャンニウンベルト時代のフィアットの人間だからな。影で色々言われているらしいんだよ。
  まぁモンテゼーモロはフィアットを一時の低迷からかなり立て直しつつあるって話だが。
  で、アルベールビル冬季五輪やらツール・ド・フランス、フレンチ・オープンなどのスポーツ・イベントを手掛けてきた
  ジャン・クロード・ブランらを送り込んできたって話だ。
  今後のユーベ、下手したらすぐ来期以降のユーベは、正直どうなるか判らないぞ?」

M:「ん~・・・ユニフォームのデザインも白黒の縦ジマじゃ無くなるとか無くならないとか。
  デッレアルピもようやく改修に着手し、来期からしばらくはコムナーレを間借りするしな。
  とにかく本格的な改革が始まるぞ。
  個人的にはこれを機に、チェルシーからピーター・ケニオンを呼び寄せたいのだが・・・。
  とりあえず、今季の残り ―。」



残念ながらテープはここで切れてしまった。
盗聴器も外れてしまい、何を勘違いしたのかサラジェタに拾われ、更には食べられてしまった。

なんかスゲェ事になっているんだか、なってないんだか・・・。
しっかし、彼らの補強の話は俺の描いている展望(願望?)に近いな~。何でだろ?(笑)
ザンブロッタブッフォンテュラムズラタンあたりなんて、ホントにユーベに欲しいと願ってたらマジで獲得したからな~。
これ実現しちゃうかもしれないぞ!!(笑)

ところで、途中なんでジラウドがお間抜けキャラなんだろか・・・(笑)


スポンサーサイト
  1. 2006/04/25(火) 00:21:03|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<最初で最後の?今季ナビスコ杯観戦 | ホーム | どん底は脱出した!あとは・・・>>

コメント

TATSUさん、最近筆が進んでますね(笑)

正直、知識があまりないため
残念ながら内容は噛み砕けないけど
それでも面白かった。
こういうの大好きです~。
  1. 2006/04/26(水) 01:04:28 |
  2. URL |
  3. ymacky #-
  4. [ 編集]

Re:

>ymackyさん
こんなネタに付き合っていただいてありがとうございます(笑)
どっちかっていうとマニアックなネタかもしれませんね。

ユーベがCLで負けたからか、最近ちと別件で書きたい事が多くて(笑)
旅行に行く前に書かないと、帰ってきてからはシーズン終了しててW杯モードかなと思い、
暇を見つけて日常ではないネタをちらほらと。

ちなみにW杯関連の対談形式はymackyさんが時々書かれているものも参考にさせてもらいました。
過去の話とか対談形式にすると非常に書き易いなと思い、今後も活用する予定です。
  1. 2006/04/26(水) 16:05:57 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/224-6e0d499a

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。