色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

05-06 CL Finale Route pour Paris

まず、最初に。
当ブログで大いに活用させて頂いていた、画像、映像、音楽などのファイルを公開できる無料サイト、
アイミディアTV 』が無念なことに、この5月をもって終了となります(涙)
早い話、過去のCL決勝旅行で撮った動画だの、CLネタをエントリーする際に加えてるCLのアンセム、
“UEFA CHAMPIONS LEAGUE - Hymne”を保存してるファイルがここから視聴できなくなるっつ~ワケです。

「CL動画」やら「CL Hymne」やらのキーワード検索で当ブログにアクセス頂いている方が大勢いらっしゃるのですが、
今月一杯でジ・エンドです。(面倒くさいのでしばらくリンクを外す予定はありませんが・・・)
あらかじめご了承おば!と共に今のうちに渋々と視聴しちゃえば!!



さてと、それでは本題に。
ご存知の通り、今季の欧州クラブチームの頂点を決する試合が来週行われる。
フランスはパリ郊外のサンドニ地区、“スタッド・ド・フランス”で栄光のビッグイアーを掲げるクラブが決まるワケです。


ユベントスがそのチームである事を望み、今シーズンも追ってきたけど、あろう事か準々決勝で敗退・・・。
今季はかなりチャンス!と思ってたチーム部分と俺のプライベートな要素も含め、今までとは比較にならないくらい
気持ちを込めてユーベのパリ行きを願ってたけど、現実のものとはならなかった・・・。
まぁユーベにはチーム改革とともに来季のアテネを目指して頂きましょう!!
(なぜに去年のうちに2007年はアテネって決めちゃったんだろう・・・今までの歴史でこんな早期発表は初めてだよ。)


で、今季チャンピオンズ・リーグのファイナリストは、イングランドのアーセナルと、スペインのバルセロナ。
攻撃的とか無失点記録継続中だとか、単純にスペクタクルが期待できるからとか、チームのネームバリューとか
スター選手が多いとか、色々な見所はあるけれど、決勝がパリの地だからこそ、この2チームの対決が楽しみなんだなぁ~。











UEFA CHAMPIONS LEAGUE - Hymne
  


05-06 UEFA CHAMPIONS LEAGUE  FINAL

  Mercredi 17 Mai 2006
   GUNNERS (LONDON, England)
           vs
   BLAU GRANA (BARCELONA, Spain)
      @ Stade de France (Saint-Denis PARIS, France)




偶然というべきか、それとも必然というべきか・・・。
とにかく俺にとってゆかりのある地で、ある種の運命めいた匂いのするカードとなった。

このブログで何度も書いてきている通り、俺は03年の夏、短期的にパリでアパルトマン生活を送っていた。
当時フランスでコンフェデレーションズ・カップが開催されており、スタッド・ド・フランスで行われた6試合を全て観戦。

その大会の決勝戦は、地元フランスvsカメルーン。
フランスはアンリがエースとして君臨しており、カメルーンには若きストライカーとしてエトーがいた。
準決勝の試合中に意識を失い、そのまま帰らぬ人となってしまったフォエの追悼試合ともなったこの決勝戦は、
延長戦でのアンリの閃きゴールデン・ゴールで地元フランスが優勝した。

この大会でも最も活躍したのがアンリであり、フランスのどの試合でも母国民から絶大な人気を得ていた。
フランス人観衆から何度も叫ばれるアンリ・コールは、スタジアム中をこだまするだけではなく、
俺の体にも凄く響くようなものだった。
今回のアンリは、ひょっとしたらレ・ブルーのユニフォーム以外で初めての?“スタッド・ド・フランス”かもしれない。
アーセナルの一員としてそのピッチを踏む事になるけど、彼自身はホームのような雰囲気を味わえるのでは?
監督のアーセン・ベンゲルもまたフランス人。
 (ちなみにピレスも当時のフランスでは人気が高かった。フラミニシガンクリシーもフランス人だね。)
フランスが誇るエース・ストライカーと、フランスが生んだ知将の凱旋。
スタッド・ド・フランス”は当日、ガナーズな彼らをどのように迎え入れるのだろうか ―。
 (ベルカンプはドーバー海峡を越えてきてくれるのかな? 絶対に観たい選手なのだが・・・)


そのコンフェデで最もインパクトを受けたFWは、大会期間中にスペインとフランスを行き来していたエトーだった。
スピードと得点の嗅覚が驚異的で、グループ・リーグのブラジル戦で素晴らしいドライブシュートを決めている。
フランスとの決勝戦は確か途中出場だったと思うけど、攻撃陣をリードして流れを変えていた。

タイプがやや似ている感じを受けるアンリエトー
来季の移籍云々でも話題になっている二人だけれど、両ストライカーのパリでの再対決に期待せずにはいられない。


王国ブラジルの一員としてロナウジーニョもまた、そのコンフェデに参加していた。
当時パリをホームタウンとするパリ・サンジェルマンに所属していたロナウジーニョは、大会後バルセロナへ移籍。
会場は“パルク・ド・プランス”ではないけれど、同じパリにある“スタッド・ド・フランス”は、
現バロンドール受賞者の彼にファイナルという最高の舞台で主役の座を与えるのだろうか ―。

バルセロナに所属しているジュリもまた、そのコンフェデで印象を強く残した選手だ。
彼もまたアンリと同じく凱旋の意味合いを持っている。ミランを沈め、チームをファイナルへと導いたのは彼の左足だった。
ジュリは今回のCLの決勝戦で、2年前に置き忘れたものを取り返さなければならない。
ゲルゼンキルヘンの“アレナ・アウフシャルケ”で、怪我により僅か20分程度でピッチを後にしたモナコのキャプテンは、
チームが3点ブチ込まれる姿を、ただただピッチの外から見つめるしかなかった。
観客席から見た、彼の頭を垂れて退場し、うなだれて銀メダルを受け取っている姿が、未だに記憶に残っている。
今回、最高のモチベーションで決勝に臨むだろう。2年前、モナコ・ゴールに1発ブチ込んだ凸という頼もしい味方と共に。
ブラウ・グラーナな彼らは評判どおりの攻撃的サッカーを、決勝という緊迫した雰囲気の中で披露できるのだろうか ―。
 (メッシがCL決勝のピッチに立つ事は、やはり無理なのだろうか? 現在最も生で観てみたい選手なのだが・・・)


華の都パリ、アンリエトーロナウジーニョ、そしてジュリ・・・。
端から見れば単なるこじ付けにしか感じないだろうけれども、俺にとっては多くの何かを感じずにはいられない。

そもそも俺がパリを知り、パリを旅行し、パリに住むという事に至ったきっかけは、
初めてのCL決勝旅行(01年)の際に、飛行機の遅延&乗り継ぎミスというトラブルでパリに足止めを食らったからだった。
約半日の空き時間を利用し、空港から何の知識もない街に飛び出し、そして惚れ込んでしまった街。
第1回大会の開催地パリから、欧州No.1のクラブを決める大会が始まって50周年を迎えたワケだけど、
この節目にパリで行うってのもまたイキというか、オツというか(笑)

今回で最後な予感がある毎年恒例の自分へのご褒美を兼ねた欧州CL決勝旅行。
6年連続で決勝戦に進出したのは、世界中見渡しても俺以外そう多くはないと思うけれど(笑)、
自分の中でも一つの集大成として大いに楽しんできたい。
ユーベの決勝戦進出の願いは叶わなかったけれど、ある種の運命を受け入れてファイナルの雰囲気を味わいたい。


Allez! C’est parti!!
パリは、“スタッド・ド・フランス”は燃えているか?
           








とは言いつつも、今回はパリにほとんど滞在しないって事は内緒!(笑)


スポンサーサイト
  1. 2006/05/11(木) 01:01:49|
  2. サッカー観戦旅行他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<パリより | ホーム | WorldCup Actually vol.4  '98フランス編>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/234-08a0caf9

TATSU


logo1.gif




04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。