色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

06欧州CLIMAX ~CL決勝フランスの旅~ vol.3

89年からその存在を知り、それ以来世界最高峰のフットボールとして観続けているクラブ欧州No.1を決める大会、
『 UEFA チャンピオンズ・リーグ (旧チャンピオンズ・カップ) 』

01年ミラノ(ジュゼッペ・メアッツァ)、02年グラスゴー(ハンプデン・パーク)、
03年マンチェスター(オールド・トラフォード)、04年ゲルゼンキルヘン(アレナ・アウフシャルケ)、
05年イスタンブール(アタチュルク・オリンピヤット)と経てきて、決勝の現地生観戦も今年で6年目。

06年のファイナルの舞台は、フランスはパリ郊外のサンドニ地区、“スタッド・ド・フランス”。

住み慣れ(といってもわずか3ヶ月弱)親しみのある街パリを含め、アヌシーやリヨン、モン・サン=ミシェルにレンヌと、
今回もまた決戦の地に合わせた自分へのご褒美旅行を大いに楽しんできた。


第3弾 Mont Saint-Michel et Rennes 】

ノルマンディー地方(Normandie)南部のフランス西海岸で、ブルターニュ地方(Bretagne)との境に近い
サン・マロ湾(Golfe de St.Malo)。ここは世界で最も潮の干満差が激しい所として知られる。
そのサン・マロ湾に浮かぶ岩でできた小さな島に築かれた修道院、それがモン・サン=ミシェル。
今からおよそ1298年前、聖オベール司教が夢の中で大天使ミカエル(サン・ミシェル)からのお告げを受けて、
岩山にこれを建設したのが始まり。
 (オベールはこのお告げを「ったりぃ~な~! ボケっ!!」と2度ほどスルーするものの、
  3度目の夢で頭蓋骨に穴をあけられパンツと枕を濡らし、 建築に着手したらしい…。)
かつて満潮時には海に浮かび、干潮時には陸橋で陸と繋がっていたそうな。
一時期は監獄としても使用されたモン・サン=ミシェルは、カトリックの巡礼地のひとつであり、
「西洋の驚異」と称されている。古い言い伝えではその引き潮により多くの巡礼者が命を落としたとか。
パリ在住時にずっと行きたいと思っていた(金欠のため行けず)、その神秘的な修道院モン・サン=ミシェルと
行く際に経由するブルターニュ地方レンヌの街を日帰り観光してきた。





毎年CL決勝戦観戦後は、その張り詰めた空気と興奮からドッと疲れが押し寄せてくる。
過去5試合のうち3試合はPK戦にまでもつれる試合で、ホテルに戻ってくる頃にはとっくに日付けが変わっている。
今旅行でモン・サン=ミシェルに行くならば、選択肢は試合翌日か翌々日・・・。
翌日に行くのはキツイな~と迷いながら決戦前夜にパリ-モンパルナス駅へ、レンヌまでのTGV及び
モン・サン=ミシェル行きのバス切符(共に往復券)を購入しに行った。
結局のところ選んだ日は決勝戦翌日の5月18日。パリ-モンパルナス駅発TGVの時刻は朝7:05・・・。
睡眠時間を削ってまでその日にした理由は、やはり帰国の前日はパリでのんびり過ごしたかったからなんだけど。


ハイレベルなCL決勝戦を堪能し(近日UP予定)ホテルに戻ると、案の定日付が変わっていた。
ぐったりしながらシャワーを浴び、約3時間の睡眠でモンパルナス駅(Gare Montparnasse)へ。
TGVに乗って約2時間でレンヌへ、そこからモン・サン=ミシェル直行バスに乗って1時間強、
眠気マナコををこすりながらよ~やく念願のモン・サン=ミシェルへ。

目的地に通ずる一本道の両脇には海、道際には草を食べてる羊の群れ(集団移動で車を停めてみたり。笑)、
そして果てしなく続く水平線によって際立つ孤島。
 (かつて満潮時には島全体が完全に海に囲まれたが、現在では砂地が全て覆われるほど満ちなくなったとか。)
異様なたたずまいと恐ろしいほどの静けさが、細長く先が尖った形の屋根をしたモン・サン=ミシェル
より一層の神秘性を帯びさせる。
睡眠不足や移動の疲れを忘れてしまうくらい、その光景に圧倒されてしまった。


内部に足を踏み入れると、狭いながらも華やかで、そして賑やかな修道院への道や坂、階段が待っていた。
上がっていくと城、要塞、ともすれば迷宮といった感じの構造で、世間から隔離された気分に陥る。
閉ざされたような視界は、しかし展望台に着くと一気に開放的な光景へと導かれる。
干潮である部分では陸地が浮き上がりつつあるけれど、海のド真ん中の高台で俺は何かを成し遂げたような気分に(笑)
海と比べて自分の身体はちっぽけだけれども、存在は大きくなったような勘違いすら起こさせる(笑)。
ぼ~っと景色を見渡していると、ほのかに漂ってくる磯の香りがなんとも心地よいんだな~。
日の出や日の入りなんてメチャメチャ幻想的なんだろ~な~。

修道院そのものは自然光が多く差し込むようになっており、礼拝堂もまた美しい。
ちょうど礼拝時だったのでしばらくその様相を見学していると、どこか神聖な感情が沸き起こってくる(笑)
無神論者であり無宗教な俺でも、声を発することすら罪に思えてくる雰囲気とその空間 ―。

モン・サン=ミシェルの観光自体は3時間程度で見て回れる規模のものだけど、来れて良かった!!
           




           






さて、郷土料理ですが・・・。
ここでは『ラ・メール・プーラール(La Mere Poulard)』のオムレツがあまりにも有名らしいんだけど、
いかんせんフランスのオムレツってもんには信用がない(笑)
卵白の泡でスポンジ状に焼かれた軽いもので、パリでオムレツを何度か試した俺としてはここも味気ないだろ~なと(笑)
その為、来た記念にというよりも、味覚と胃に正直にな気持ちで食さず、料理しているところを見学するのみに留めた。
リズミカルにかき混ぜる様子に思わずパシャリ!とやっちまったがね(笑)
     






 で、食べたのはノルマンディ風キッシュ。
 キッシュといえばアルザス・ロレーヌ 地方のキッシュロレーヌ(Quiche Lorraine)なんだろ~けど、
 この際そんな事は放っておく(笑)
 ノルマンディ産のリンゴか何か入っているのかと思いきや入っておらず、
 正直何がノルマンディ風なのか理解していないってのは内緒。(リンゴはタルトだけかな?)
 でも美味しかった。郷土料理云々も大切だけど、んまぁ~けりゃいいか!(笑)



窓から名残惜しい気持ちでモン・サン=ミッシェルに別れを告げ、来たルートと同じくバスでレンヌへ。


ブルターニュ地方のレンヌは、フランスでパリの次に観光客が多いと言われているモン・サン=ミシェルの
経由地であるにもかかわらず、びっくりするほど情報が少ない。
おそらくここを素通りしてしまう人が多いんだろうね。
俺はせっかくなのでレンヌからパリへ戻るTGVの時間を夜にしていた。
レンヌ駅(Gare de Rennes)とは逆方向へ向かい、この街の散策を開始!

街はごみごみしない程度に賑やかな雰囲気で、旧市街は木と石で造られた家並みが続き、風情がある。
近代的になりつつある場所もあり、いわゆる観光という街ではないかもしれないけれど、
旧市街はぶらぶら歩いていて心地よいことこの上なし!
欧州に多く見受けられる石畳の道って、若干疲れる部分もあるんだけれど、なんかいいんだよね~。
フランスを旅しているという酔いと実感が、こういった中小規模な街の道や家並みから得られる。
日本語が通じてしまうような南国の有名リゾート地あたりよりもはるかに俺好みって感じで、
ささやかな幸せと大きな喜びを感じでしまう。
             






CL決勝戦にモン・サン=ミシェルと慌しい時間を過ごしたため、このレンヌでのんびりカフェしてみたり
エスプリよろしく的?な強風でまったりカフェできなかったり。(マジで危なかったっつ~の!!笑)

テラスを直し、まかない料理を食べ始めたムッシュ&マドモワゼルに、パリへ戻る列車時刻が迫っている事を告げ、
業務時間前から調理できるか頼んでみる。(当たり前の話、こっちの人はそ~ゆ~とこは譲らないんだよね~。笑)
ブルターニュ地方の伝統料理、そば粉を使った生地のクレープ、ガレット(Galette Complete)を食べに来たんだ、と。
少し融通を利かせてもらい、“Allez cuisine!”
そば粉を練り、タマゴ、牛乳、塩、バターを混ぜたっぽいものをプレートで焼き、
タマゴを落とし、チーズを蒔き、ハムを乗せ、焦げめのついた生地を折り・・・
           






はい、Bon appetit!(召し上がれ)
って、オイ!? 1分も掛からねぇぢゃんかよ~~!!(苦笑)
じゃ、いただきま~~~っす!

パリっとした直後に、グニュという弾力が瞬間的に訪れる食感。
味はやや薄いものの、タマゴを割って広げ、塩・胡椒を少し振るとちょうどよい味加減に。
日本的なクレープでもなく、目玉焼きでもない、不思議な味・・・。美味しい!!!
調理は簡単そうだけど、おやつ感覚ではなく主食といった感じで、何気に胃が満たされ気味。
小麦粉を使った甘いクレープをデザートに楽しみたかったけれど、時間がなく断念。
お礼をして店を後にし、地下鉄に飛び乗ってレンヌ駅へ。
長いようであっという間な一日が終わろうとしていた。

  ちなみにレンヌの旧市街には至る所にガレットが食べられる店、クレープリー(Creperie)がある。
  もっと時間があれば食べ比べしたかったな~~。


スポンサーサイト
  1. 2006/05/25(木) 21:46:57|
  2. サッカー観戦旅行他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<06欧州CLIMAX ~CL決勝フランスの旅~ vol.4 | ホーム | 06欧州CLIMAX ~CL決勝フランスの旅~ vol.2>>

コメント

完結するまでコメントしないでおこうと思ったけど
いい!すごくいい!

街並み、風景、おいしそうな料理。
街並みなんて私の中では「映画の風景」。
昼も夜もステキ~~。
美しさと「上品」な「重み」を感じます。

そしてスタジアム貸切!?
これを見ている自分の興奮も伝えきれないよ!(笑)
見ている方もボキャブラリー限界ですよ(汗)。

まだまだ続きも楽しみにしています!
  1. 2006/05/26(金) 01:19:49 |
  2. URL |
  3. ymacky #-
  4. [ 編集]

Re:

>ymackyさん
コメントありがとうございます!

いや~、自分の得たことや感情が10%程度しか文章化できていない状態です(汗)
なんとか気持ち入れて撮った写真に助けられ、記録に残しているところですよ。
凝ったように撮ったつもりですが、まぁ景色があれなんで、単に切り取っただけって感じです(笑)

スタジアム貸切は自分の中で伝説とさせて頂きます。ホントに有り得ない話なので。
一枚は“J”という文字になるガッツポーズを決め込んで撮ってます(笑)

続きはCL決勝ネタですが、適度に期待してて下さいね。
  1. 2006/05/26(金) 15:59:43 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/238-8388841a

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。