色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いざ鎌倉! それ江ノ島!

行きたい、行くぞ、と思いつつも、決して遠い地ではないにもかかわらず行けてなかった「いざ鎌倉!」な鎌倉。
そしてイタリアはメストレからヴェネツィアへ渡る一本橋、あるいはフランスのモン・サン=ミシェルへ入る一本道のようでいて、
雰囲気も佇まいも当然のように大きく異なった大橋を歩いて上陸する江ノ島。
容易に混雑が予想されるあじさい満開時期をあえて外し、迫り来る海水浴シーズンのピーク前を狙って
先日よ~やく行ってきちゃったっけか!






新宿から湘南新宿ラインに乗り50分程度、まずは北鎌倉駅に降り立つ。
今回は円覚寺や東慶寺をちょいとスルーして、街の至る所に点在する地図を見て、
最初の目的地への最短ルートを確認し、行動開始!
いや~来る者に優しいその土地の地図とはいえ、幾らなんでも道の高低は細かく書かれていないもので・・・
最短ルートをたどっているつもりがア~タ、そこはハイキング・コースでしたよ!(笑)
アップUPダウンDOWNアップダウンUPDOWN・ ・ ・  ・   ・
こちとら登山しにきたワケじゃありませんので、土と木の根や枝という障害をもった山道を歩きましたよ、サンダルで!(笑)
浄智寺、海蔵寺、葛原ヶ岡神社、源氏山公園やらを通り過ぎ(かまってる余裕はなくチラ見)・・・
         







よ~やく最初の目的地 『銭洗弁財天宇賀福神社』 へ。
当初は「ヘヘヘェ~、ここで銭を洗えば・・・、あへあへぇ~っ」と、心身を清めて行いを慎めば、
不浄の塵垢が消えて清浄な福銭になるという場所に、邪心を持って向かったつもりだったけど、
強制ハイキングを経て来た者としては、既に無心状態・・・
むしろ銭なんて・・・という気持ちが脳裏をよぎったのも事実。いいんだか悪いんだか、とにかく疲れちゃってたっけ(笑)

しかし・・・

その場に似つかわしいとは言えないが、その時の俺にとってはだからこそ逆にテンション上げ上げなものが目に飛び込んできた!
FC東京ファンの皆さま、驚くなかれ! いや俺が一番驚いたんだけどさ。
青赤プラクティスシャツを着たイングランド人とご対面って!(笑)
FC東京のファンなのか聞くと、「そこまでじゃないけど、現在石川の金沢に住んでいるからFC東京シャツ着てる」って??
サッカー好きには間違いね~が、なんつ~理由だよ!(笑)
洒落っ気も茶目っ気もなんてバモスな青年なんだ!!
日本語は話せないが、そこらのW杯限定浮かれポンチ日本人よりも、しっかりJを、いや東京を把握してるじゃね~か!(笑)
ロンドン近郊の街から来日した父親と一緒に鎌倉を観光しに来たそうな。
この後、父親は国に帰り、自分はナオの浄、あっいや、石川の金沢へ戻るとの事。
軽くあ~だこ~だと話し、一緒に記念のパシャリ
いや~、青赤バモス!としか言いようがないぜ!(笑)


すっかり気を良くした俺はさっきまでのハイキングの疲れなどどっかへ行ってしまい、
ゲンキンな気質から、現金を洗いに 『銭洗弁天』 の中へ。
石のトンネルを出ていくつもの鳥居をくぐり抜けると、岩窟に奥宮があり、待ってましたとばかりに銭を洗う。
「今の俺は晴れ晴れとしてて邪心がないぜ~!」と思っている事自体が邪心である事に、
なんの疑いも持たずに小銭をジャブジャブじゃらじゃら(笑)
線香もあげて、かまくらアイス(あずき味)も食べて、妙な達成感を覚えながら次の目的地へ。
             







少し歩いて着いたのは 『佐助稲荷神社
祭神は銭洗弁財天社と同じく宇賀福神なので片参りにならないよ~に、なんて事を知ったのは訪れたあと(笑)
単純に幾重にも並んでいる朱塗りの鳥居を見てみたかっただけでして。まぁ普通に観光ですね。
しっかしあれだけ連なっているとインパクトある! そしてそれをみたらくぐりたくなる!
       







鎌倉駅へと歩き、街を少し散策しつつ、燃料補給。
ふら~っと入った店で、する~っと茶そばを食し、のりおりくんB券(江ノ電1日乗車券)をゲットして、
時には民家の裏路地を抜けるような、時には海岸線の景観を臨む、江ノ島電鉄にて次の目的地へ。
         







日本最大級の木造仏とアジサイが群れ咲く事で有名な 『長谷寺
観音堂を見たり、経蔵を1回転させたり、弁天窟を上半身かがめてくぐったり、見晴台から由比ヶ浜を眺めたり・・・。
             







地味な土地のようでいて、でも風情のある極楽寺駅を降りて行ったのは 『成就院』 と 『極楽寺』。
静かで落ち着いた高台の雰囲気を味わい、景色を眺めながら心と体のインターバルを。
           







非常に暑く、気温が高かったゆえに、波の音と潮風が心地よい。
そんな絶妙さを感じながら大橋を渡って江ノ島へ。
まずはここに来たら食べたいと思っていた、しらす専門店 『とびっちょ』 に。
俺は新鮮で大きめな海の幸と生シラスがこれでもか!と盛られた『とびっちょ丼』を、
愛方はしらすと野菜がたっぷり乗っかって卵に混ぜてポン酢としょうゆで頂いてしまえ!な『釜あげしらす丼』を。
炎天下の中、40分近く並んだ甲斐があったと断言できる! ボリューム満点だけどあっさりとしてて食べ易い味!
生しらすにポン酢をふり、生姜を添えて食べた時、単純ながらも味わいの深さを感じた。
一緒についてきた岩海苔の入った味噌汁との相乗効果も抜群だった!
ちなみにここは取れたての海の幸を店頭で気軽に食べることもできる。
地元の方はともかく、江ノ島へ遊びにいく事があれば、是非ともお試しあれ!
You が Can なら Do しちゃいな!(笑)
           







江ノ島神社を過ぎ、高台から元来た街や海を展望し、稚児ヶ淵から海の向こうへ沈みゆく夕日を眺める・・・。
予想以上に波が激しく、音が響いていたけれど、赤く焼けていく空を見ていると時が止まっているかのよう。
そら~景色に心を奪われて遠くをずっと眺めてりゃ、フナ虫に足回りを囲まれまくっている事には気付かなんだな(笑)

多くの人たちが数ある階段にヒ~コラ言いながら上り下りを繰り返すサマを見て、
自分は疲れなんぞ悟られたくなく、過剰な見栄と要らぬ負けん気を発揮させ、
あたかも「全然、こんくらい大した事ないぜ」的な顔をして島を降りた。
なんせこっちは午前から無駄にハイキングしちゃったから、体は出来上がっちゃってるんだよね~、と(笑)
もちろんあの景色が拝める場所では、誰も俺なんぞ見ちゃいないし、見てもそれは決して尊敬の眼差しではないだろ~けど(笑)
             







暗くなった海の向こうに点々と輝く明かりを見つつ、運動後?だと余計に気持ちいい潮風に包まれ、
いやむしろ抱かれながら、江ノ島大橋を戻った。

今年になって初めて、夏の到来を感じた瞬間であった。


腹の空き具合は微妙だったけど、行き道で気にかけていたらぅめん屋に何だかんだで入っちゃう(笑)
コクのあるしょうゆダレ、豚骨&鶏がら、北海道は羅臼産のコンブなどで作成されたスープで
らぅめんを提供する『晴れる屋』。
見た目も味もくどくなくさっぱりしていて、粘性のないスープに微妙な絡み具合の太麺なのでインパクトには欠ける。
海苔の香りがほんのりしていて、チャーシューが柔らかいのはいいのだけれど。
もう少し工夫欲しいと思う反面、そこまでお腹が空いていたワケでもなく、暑い日で歩き疲れている状態の俺にとっては
その変な重みのない味が逆にちょうど良い加減だった。
   







よく歩き、よく食べ、目でも楽しみ、体も心地よくなり、久々に写真撮りをメインに色々まわれた、充実の1日だった。
それにしてもいっぱい笑ったな~~~。

また近いうちに、今度はもっと鎌倉の街自体を探索しようかな。


スポンサーサイト
  1. 2006/07/17(月) 18:09:03|
  2. 日々の出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<Passion lives here | ホーム | 最後の勇姿 ~96年組へのオマージュ~  vol.3>>

コメント

きれいですねぇ

鎌倉って遠いように見えて近い
のですが、10年ぐらい足を運んで
いません。コラムを読んでいまして
円覚寺や鶴ヶ丘八幡などひさしぶりに
行ってみたくなりました。
夕焼けと海の写真はきれいですね。
見ていて心が休まりましたよ。
それ以外の写真もきれいに撮れて
いますね。
  1. 2006/07/17(月) 23:20:56 |
  2. URL |
  3. Scudelia TOKYO #-
  4. [ 編集]

僕も

昨日は湘南、葉山に行ってましたよ。
って、葉山牛食べに行ったんですけどね。
鎌倉、藤沢あたりは何時行っても絵になるところが多いですよね。
  1. 2006/07/17(月) 23:24:15 |
  2. URL |
  3. やまたろ #-
  4. [ 編集]

いいですねぇ。
鎌倉大好き~!
意外に近いんよね。最近プチ観光をしてないから
久しぶりに鎌倉だのの観光地に行きたくなっちゃった。

しかもタイムリーにも、ぶらり途中下車の旅~江ノ電編~を計画してました!
参考にさせて頂こう!

それにしても、ナオの浄ボーイ!
素晴らしいっす笑!
  1. 2006/07/18(火) 07:23:55 |
  2. URL |
  3. マユ #-
  4. [ 編集]

Re:

>Scudelia TOKYOさん
公共の交通機関を利用して日帰りで行けるところなので、
いつでも気軽に足を運べると思ってしまうと、なかなか行かないものですよね。
自分もずっと行ってなかったのですが、写真を撮りたい気持ちも強く、よ~やくといった感じです。
景色や街並み、海や夕焼けなど、いいな~と思うところがたくさんあったので、撮っていて非常に楽しかったです。
目に入ってくるものが既に美しいので、写真を撮る技術のなさをごまかす事ができました(笑)


>やまたろさん
自分は土曜日に行ってきたんですけど、この時期はあの一帯に足を運ぶのに適しているんでしょうね。
葉山牛って食べた事ないんですけど、とろける感じの舌触りでとにかく美味しいらしいですね。
結構高いんじゃないですか? いいですね~~!!
神奈川の海沿いの街は魅力がありますね。
遊ぶのも食べるのもいいところですし、ただ散歩するだけでも目を楽しませてもらえますね。


>マユさん
自分も日帰りで行ける近郊プチ観光を色々と考え始めてるところでした。
せかせかせずにカメラ持ってぶらぶら歩けるような街、その第一弾が鎌倉・江ノ島といった感じです。
網羅するほど観て回る事はできなかったけど、雰囲気と距離にまた行こう!とリピーター欲をかきたてさせられます。
のりおりくんB券をフルに活用して、江ノ電全ての駅で途中下車してみたいな~。
青赤なイングランドボーイ、ホントに素晴らしい! 声を掛けないワケにはいきませんでした(笑)
  1. 2006/07/18(火) 14:09:37 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

いや~、すごい距離を歩いたんだねー!!!
普通の人なら二日に分けてしまうほどの道のりを
一日で周ってしまったTATSUさんと愛方さん、超Vamosです☆
これじゃいくら食べても消費したカロリーを取り戻せないよね(笑)

あの綺麗な夕焼けの写真は岩屋の洞窟の近くかな?
あまりに素敵な写真だったので、
思わずオーディオにサザンのCDを突っ込んで
BGMかけながら湘南の雰囲気に浸ってしまったよ(笑)
  1. 2006/07/18(火) 19:45:20 |
  2. URL |
  3. たかぴー #gOiQ1czs
  4. [ 編集]

Re:

>たかぴーさん
暑さとアップダウンでそれなりに疲れたんですけど、景色や雰囲気に酔っていたので、
振り返ってみると結構な距離を歩いたな~という後付な感じ(笑)
ホントは鎌倉駅からレンタルサイクルをする予定だったんですけど、
急遽北鎌倉駅下車にてこの日のウォーキングが開始されました(笑)

夕焼けの写真は仰る通り、岩屋と稚児ヶ淵の間のプロムナードになっている場所から撮ったよ。
江ノ島の入り口からあそこまで歩くのはしんどいので、訪れた皆さんは疲れた表情してるんだけど、
沈みゆく夕日を眺めて晴れやかな顔になっていくのが判りますね。
もちろん自分も浸ってましたよ~。
  1. 2006/07/19(水) 11:10:31 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

beautiful!!!

きれいだね~、おいしそうだね~☆去年の今頃、葉山~湘南辺りをN子とドライブして、偶然鎌倉のパーキングのフレンドリーなおっちゃんから聞いて行った、江ノ島の花火大会を思い出したよ。ん~、また行きたい!
そのイングランド人との出会いは偶然ではなく、必然です(笑)。TATSU君のサッカー好きのオーラが彼を引寄きせたのね。。
  1. 2006/08/08(火) 11:33:58 |
  2. URL |
  3. ちぃちぃ #-
  4. [ 編集]

Re:beautiful!!!

>ちぃちぃ
久し振り~。てか初コメント?ありがとね。
潮風を浴びながらあの辺りのドライブは気持ちがいいだろ~ね~。
江ノ島の花火大会って結構大きな規模なのかな?あのあたりだと色んなところから花火が見れるんじゃない?
イングランド人の彼はね~、ニコニコしてて人当たりのいい感じだったよ。
でもあの時に一緒にボール蹴ったら、俺ヘロヘロだっただろ~な~(笑)
今度江ノ島に行く事があったら是非『とびっちょ』へ行ってみてね。美味いよ~~!!
  1. 2006/08/08(火) 22:24:29 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/252-a1a60986

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。