色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

甘くヌルい意見かも、ですが・・・

 
  昨日、味の素スタジアム(以下 味スタ)で行われた、05シーズンのFC東京お披露目試合、
  プレ・シーズン・マッチ(以下 PSM)の vs川崎フロンターレを観戦してきた。



PSMなのに観客多かった~!
練習試合以上、公式戦未満なのに入場者数11,740人!?
入場料が無料だった小中高校生はこの人数に含まれてるのかな?

自分も含めてやっぱ新シーズンの到来というか、サッカーのある日常が待ち遠しくて仕方ない人ばかりなんだろうねぇ。

あっ、川崎フロンターレさん、J1にお帰りなさ~い!
お互いJ1同時に昇格した仲であり、ある意味ライバルでもあるのでまた戦えて嬉しい!
そして近郊のアウェイ遠足試合が増えるので楽しみ!!



では、PSMに話に戻して。
小平での練習や練習試合などを観に行っている訳ではないので、石垣島での合宿から始動した、
今期のFC東京の新システムの仕上がり具合、個々のコンディションや新戦力を観るという目的で味スタへ。


結果を先に言うと、
 FC東京 0-1 川崎フロンターレ

PSMとはいえホーム開催だし、もちろん勝って欲しかったけど、特に結果は重要視してないよ。
むしろ開幕前に膿を出せたというか、開幕に向けて気が引き締まったのでは、とポジティブに捕らえたい。
失点してからは歯車が狂い?川崎の守備ゾーンが下がった為、崩すことができなかったけど、
あれだけ守られた場合、この時期にそれを崩すまでのチーム作りは出来ないんじゃないかな?
甘いかね?
というより、リードされてガッチリ固められた守備を想定した練習まで持っていけないよ。
積極的に行くのは大事だし、どっかの局面で無理して打開しないと崩せないと思うけど、
自分としては昨日の試合でそこまで要求する事はできないな~。
公式戦の数日前に相手の分析をして想定練習したのにあれだった、じゃ困るけど(汗)
一部サポーターからはブーイングが起きていた (公式戦だったら当然だ!) けど、
結果に対するものであるなら同意はできないな。
もちろん、後半の動きの少なさや仕掛けの欠如、サイドからの突破の乏しさに対するブーイングだと思うけど。
断じて及第点な試合をした訳でないけど、開幕前はこんな感じでした、シーズンが進むにつれ様々な課題が解決し、
チームも個人も向上、という最低ランク(目安)としてポジティブに捕らえていきたいね。
ヌルいかね?


では、目的であった新システムの仕上がりと、個々のコンディションなどについて。
まず、まだ新システムの 4-1-4-1 が浸透していないな、少し時間が掛かるなといったところ。
今期より上記システムを導入している訳だけど、ヒロミの理想とはほど遠いだろーね。
(個人的には従来の 4-2-3-1 を基本に 4-1-4-1 はオプションにして欲しい・・・)
選手の特徴を考えれば、お互いの持ち味を引き出し合えるシステムではと思っているけど、
ま~実際は攻守のバランスを取るのが難しいそうだね。
中盤がポッカリ空いてしまう事が多く、ボールを奪った後の守から攻への切り替え、カウンターが速い川崎に
巧くやられてしまっていた感がある。
間延びという訳ではなく、攻めと守りのラインに極端に分かれてしまう状態。
ディフェンス・ラインを若干高くして、よりコンパクトにスペースを埋めるのか、中盤の選手(攻撃的MF含む)を下げさせるのか、
このシステムの1番の課題だろうね。


個人に目を向けると、やっぱり去年から一緒にやってただけあって、栗澤の活躍が目立ったね。
攻撃ではスペースを見つけて顔を出し、リンクマンにもなればラスト・パサー、ミドルシュートを含むフィニッシャーにと
1試合の中で色々な引き出しを見せてくれた。運動量豊富で中盤の守備でも貢献してたね。
一方、中盤でその栗澤と攻撃を担うべくコンビを組んだのが、一番観たかった新加入選手ダニーロ
チームに、そして日本のサッカーには当然まだフィットするとは思ってなかったけど、自分としてはかなり期待している。
自ら仕掛けられるし、パスも出来るし、組み立てにも参加する。栗澤より高い位置で様々な事が出来るタイプの
選手という印象を受けた。ドリブルやFKの精度、間合いなど独特で面白い。
ほんの片鱗程度しか出せなかったけど、ハマりだしたらヤベ~だろーな。
完成された選手ではなく、これからの選手というのが最も魅力的だし、潜在能力も高そう。
前述の通り、フィットしていない為、守備のやり方(プレスをかける位置やコース切り等)は全然ダメで、
消えてしまう時間も多々あったが、本人の意識と周りとの連携で改善するはず。
6月の中断期間明けくらいにフィットしていれば問題ないと思ってる。
ユータ梶山もいる事だし、競争しながら高めあっていけば、東京の中盤は贅沢な悩みが(笑)

最も目立ってたのは今ちゃんかな~。空いた中盤のスペースを補うのは厳しいけど、要所で相手の攻撃の芽を摘んでは
前線に供給してたよ。
ただ課題とすればやっぱり展開力だね。そしてもっとコーチングして、自分で行くのではなく味方を動かして欲しいね。
持ち味ではあるんだけど、シーズン通してあんなに自分で行ってたら、誰かさんみたいに血尿出ちゃいますよ(笑)

前半の前半限定だけど、パスがポンポン繋がれば、ナオ加地戸田がサイドからガンガン上がっていって爽快だった。
ディフェンス陣も悪い印象は受けなかったし、個々のコンディション“は” 開幕に向けてまずまずといった感じかな。
モニは怪我あがりだけど、髪型・色はバッチリの様子(笑)

最後に、機能しない・機能させるのが難しいといって 4-1-4-1 を直ぐに止めたりはしないで欲しい。
試行錯誤しながらトライして頂きたい!
東京の縦に速い攻撃は観ていて魅力的だし、最大の武器だと思っているけど、各クラブに研究されている為、
戦い方のバリエーションを増やす意味でもこのチャレンジは絶対に必要だと思う。
今までの良さを残しつつ、新しい事も積極的に取り入れていかない限り、上積みはないからね。
相手に攻撃を遅らされた時、いかに崩していくか。
スペースがないながらも、サイドから中央から繋いで崩す・・・。

新システムが浸透し始め、個々の持ち味が発揮されてきた時、この川崎戦が目安として活きると信じているし、
ワクワクしている ―。


【追記】
川崎のジュニーニョ、速いね~。かなりうちの守備陣を切り裂いてたよ。
それ以上に14番の中村?素晴らしいね、彼は!視野が広くてポジショニングもいいから川崎の流れを止めずに
ダイレクトでサイドチェンジ、ラストパスetc. チャンスとみるやスルスル~っとフィニッシュに顔を出す。
うちが空けてしまった中盤を完全に自分のものにしていたね。

この日のMIPは当然、穴沢主審。Jリーグ観戦者の間では別名“穴ザぁ~・ワールド”として超有名。
相変わらず独自のひっちゃかめっちゃかジャッジで観客からの 怒りを超えた 失笑を浴びておりました。
(正月の高校選手権では酷くなかったのに・・・)
PSMで良かったと言うべきか、PSMでもこれかよ~と言うべきか、FC東京に対するものとは違い、
かなり不安にさせられた・・・。

スポンサーサイト
  1. 2005/02/28(月) 22:57:31|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ゲスト第1弾 ~我が路はFC東京と共に~ | ホーム | このままでは終わらない、終われるか!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/26-dc83807e

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。