色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

それでも白黒のある日常は恒久的に続く

えらく久々に白黒なエントリーをしてみる。


ご存知の通り、イタリア・サッカー界のみならず、世界的に汚点を残す事となった我らがユベントス
その他の関連クラブ(主にミラン、フィオレンティーナ、ラツィオら)。
モッジGMは伝説のマフィアにちなみ、“ラッキー・ルチアーノ”と呼ばれる始末・・・。
ユベントス・ファンとして情けなく、悲しく、憤りを感じずにはいられない(自分たちで獲得した選手・監督を信じてないとは・・・)。
そして関連した人数と汚染範囲の広さに驚く、大きな事件だった・・・。


『FIGC(イタリア・サッカー協会)が定める規約』
 ・第2条  クラブ関係者個人の不正行為に対し、同個人の所属クラブは直接的責任を負う。
 ・第6条  試合結果に影響を及ぼすあらゆる不正行為を行った者、または画策した者は、降格処分となる。

このような明確な規定があるにもかかわらず、結果としてユーベのみがセリエB降格となったけれど・・・。
事の重大性を考えてユーベの降格は納得、というよりも当たり前の話。
問題なのは僅かな勝ち点減点という形でセリエA残留を決め(胸の内でさぞほくそ笑んでる事だろう)、
巧みにCL出場までこぎつけてしまったミラノの某糞クラブ。
その政治力には皮肉と嫌味を込めまくって敬意を表すよ!!
過去に不正による降格を経験しているだけに、今回はその“経験を活かして”セリエA残留にこぎつけたんかね?
てやんでぇ! べらぼうめ!!

事件が明るみになる直前に国の首相を降りた糞クラブの糞オーナー、ベルルスコーニ。勘繰りたくなる絶妙なタイミング!
首相という立場であの事件がニュースになってたらサッカー界だけではなく、世界への社会的問題に発展してただろうし。
そしてモッジ以上にカルチョ界の黒幕だと思うリーグの会長にして糞クラブの代表であるガリアーニ
そんな二人がタクトを振るっている(そして自前のメディアを都合よくフルに活用する)、誰が見ても歪過ぎな構造で
まかり通っているこの糞クラブと、この国のリーグには怒りを通り越して呆れるしかない。
まぁよその糞クラブに文句を言える立場じゃないのは白黒支援者として十分承知しているのだけれど、
その糞クラブがこれで問題解決ってな空気になっているのがど~も許せなくてね(笑)
こ~のすっとこどっこい!

ただ、今回の事件で情報をリークしたのは、ここで書いているようにユーベ内部の人間だと思っているけれど。


こ~ゆ~のって精神的にダメージを受けるのはいつも選手やファンなんだよ・・・。
今回の件に関して、糞クラブの選手も俺のユーベの選手にも不正がなかったのが救いだよ。


さて、事件が公になったのは2006年の5月2日くらいだったけど、そんな事は全く知らないそれ以前に
ユーベの元幹部モッジ&ジラウドの対話を盗聴してネタにした(願望や憶測、そして事実も含めながら)、
このエントリーを書いたのが、4月下旬頃。
優勝へのカウントダウンが始まり、外部の雑音を遮断しようと、去年同様にかん口令を敷いたユーベ・フロント。
情報が入ってこないため、だったら内緒の話を聞いちまおう(話を作っちゃえ!)と軽いノリでやったつもりだったのだが・・・。
事件が明るみになってからは、「モッジ」やら「盗聴」というキーワードで異様にアクセス数が上がっちゃった当ブログ(苦笑)
本気でユーベの真相を知ろうとしてここに来た方には、要らぬダミー情報を与えてしまったかもね(苦笑)
まぁ笑いやおバカが通用する“アフォルツァな人たちばかりだと思って心配してないけど(笑)


で、ほとぼりが冷めたので同様のノリで、モッジジラウドを始め、俺の永遠のヒーロー・プラティニジャンニ&ウンベルト
故アニエリ兄弟をあの世から登場させてまで、仕入れた情報や憶測を開幕前に対話形式で書こう(暴露!?)と思ってたけど、
忙しさゆえに実現できず・・・。(盗聴器は依然サラジェタの胃の中のままだしね。笑)

で、もたもたしてたらNumberの企画でやられちまったよ!? しかも現三大ウルトラス・グループのトップによる対談(苦笑)
これまた、ずいぶん粋で乙な事をしてくれたものだ・・・。
 ※ ちなみに近年はDRUGHI (ドルーギー)というサポーター団体が最大勢力だったらしい。
  しかし彼らはモッジ派で癒着もあり、立場的に今は勢力衰退とか・・・
  集団名とロゴからして、俺の好きなキューブリック映画 『時計仕掛けのオレンジ』 をモチーフにしたと思われる。
  ここ数年はデッレアルピのゴール裏トラック部分に横断幕を置いたりしてたよね。

彼らに同意できない部分もあるけれど、大半で同じ思いを抱いている感じだったので、
内容がかぶるし、今更だし、ここでエントリーするのは中止だね(涙)


まぁ、新シーズンも開幕してしまった事だし、あれこれ言っても減点勝ち点からセリエA昇格を目指さなきゃならない。
とにかく残ってくれた選手、加入してくれた選手、目一杯応援するぜよ!!
移籍してしまった選手、彼らは決して裏切り者でもないし、その決断は大いに尊重するよ。
あの状況で残留しなきゃ断固許さない!!とは決して思えないからね。
ただし、もう俺のユーベ心から彼らに対する思い入れは離れちゃってるよ。国内で移籍した選手なんか特にね(笑)


決して喜ばしい事でも望ましい事でもないセリエB降格だけど、逆にタイミングがよかったと思えるのも事実でして・・・。





その理由をダラダラと綴ってみる。

ユーベの改革

 色々な要素があるけれど、トラパットーニゾフマイフレディリッピアンチェロッティカペッロ
 カルチョ気質が強いのはカンピオナートを戦う上ではいいが、欧州で多面性・柔軟性を持って勝つことが出来なかった。
 トラップリッピの時に欧州一&世界一のタイトルは獲っているけれど、根本的には国内仕様型の印象が強く、
 メンバーの割には欧州での結果が思ったより出せていなかった。
 もちろん世界的にみても優秀な監督たちなのは明らかではあるけれど、いざという時に勝つことよりも負けないことを選ぶ。
 そしてそれが仇となり、ポジティブな結果を得ることができなかった。

 これを打破する為には、伝統であったり、今まで積み重ねてきた良い面は残しつつ、外国人監督招聘しかないな、と。
 外の血を入れることで負けないメンタリティではなく、勝つためのメンタリティが備わればと思っていた。
 (過去に類似した事も書いた。望んでいたのはエリクソンで、彼が就任していた当時のラツィオがモデルになるな、と。)
 そのため、選手時代にユーベに在籍し、スクデットもビッグイアーも獲得してるデシャンの監督就任は、
 決してベストだとは思わないけれど、ユーベを知っている外の血という意味ではベターな選択だなと思う。
 (フェラーラやコンテなどの補佐が欲しい)
 しかし、セリエAであれば経験が浅い(ゆ~てもモナコ監督時代にCL準優勝)とはいえ、優勝が義務付けられる。
 今後を考えると完成された選手というよりも若手選手に新しいメンタリティを植え付けさせる事が必要で、
 でも育成的な場所も時間もセリエAにはない。
 経験が浅く、実績もさほどないがゆえに、選手でトップを極めた者として監督での能力を周囲に認めさせるために、
 目先の結果が必要になり、やはり先に挙げた監督と大きな違いを産むには至らない恐れがある。

 そんな状況でセリエBというのは、長期的視野にたってみると、あながち悪い事ばかりではないのでは?と。
 もちろん厳しい状況には違いないし、勝ち点が大幅にマイナスされている訳で、結果が必要になってくるのは事実だけど。
 セリエAの下位チームとやる時みたいに滅法守備を固められるかもしれないけれど、 個々の能力の差という部分では
 アドバンテージがあると思うし、CLに出場できないため、スケジュール的にも比較的余裕があるしね。

 セリエAで実行できるのが望ましい事は承知の上で、でもB降格は改革するにはハッキリとしたきっかけになるだろう。
 メンタリティ育成と実践するサッカーの変化、そして求める結果のバランス加減。
 ユーベ改革の時である。
 期待を込めてこのタイミングを受け入れたい。

 間違いなく来季はA復帰だぜ!!と楽観視できないってのは内緒。甘くないからね。



■白黒人間としての個人的な事

 パリでのCL決勝旅行からの帰国し、06WMというイベントを経てから、私事で非常にドタバタしている。
 ポジティブな忙しさとはいえ、最近なんて体を休めたと言える日がほとんどない。
 ハッキリ言ってしまうと、深夜に起きてユーベの試合を観るほど、体力的・時間的な余裕が一切ない。
 そこへ来て、ユーベのセリエB降格である。
 って、スカパーのユーベ試合放送がない!?
 もちろん嬉しいはずがないけれど、ポジティブに考えれば好都合。CLもまたしかり!
 日本サッカー的な視点から世界サッカーとの距離を測る意味では、単純にCLを観る事は重要なんだけど、
 ユーベが出場しないとなれば気の持ち方、モチベーションは一気に下がる。

 それに6年連続でCL決勝旅行をし、昨シーズンの決勝の地がかつて住んでいたパリという事もあって、
 自分にとってはある意味で集大成と言えるCL決勝旅行が出来た!!!
 (リヨンで有り得ない体験しちゃったしね。笑)
 今季の決勝戦はアテネという地の魅力は感じるも行く気がないし、ユーベ不参加のCLとあって大会を追う必要も皆無。
 どの道、観る時間がないので快くスカパーの海外サッカーは解約できるワケですよ!(Jリーグは別ね。笑)

 ガキの頃は今みたいに生放送でTV観戦できる環境なんてなかったし、月に一度発売される雑誌の僅かな記事で、
 事後応援・事後妄想していた(笑)
 プラティニ引退後~ミラン隆盛時にはユーベの暗黒とも言える時代を経験しているワケで、
 栄光しか知らない昨今のユーベ・ファンにはない免疫力も備わっている(自慢できるものじゃないけれど。笑)

 今季セリエBで戦うため、自分が30歳になるまでに30回目のスクデットを!という希望が潰えてしまったけれど、
 ユーベはいつも自分の心の中にいるのは変わらないもんだからね~。
 新しい目標や時代に向けて邁進あるのみ!!

 寂しいのは事実だけど、俺のプライベートとの絡みから、これもまたタイミングがいい、ってな。



物理的な白黒のある日常ってのはしばらくないかもしれないけれど、それでも、いや、だからこそ、
精神的な白黒のある日常は恒久的に続く。

試合の結果や詳細をた~だ書き綴ってもクソつまらないし、俺がやる必要も意味も無いので、
ユーベのエントリーは圧倒的に減るだろうけど(ブログの更新自体、かなり減ってしまう予定。)、
たまには色んな角度から見て書くつもり。

そんなこんなでユーベ・ファンの方、今季もまたよろしゅうおば!!!


スポンサーサイト
  1. 2006/09/13(水) 21:53:42|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<甘くない?ペ~ロペロっ! | ホーム | ぴーぴーぴぃ ピーピーピィ~>>

コメント

赤黒のかる~い制裁には明らかに政治的
力の臭いがプンプンします。
フィオ、ラッツォも甘いよね??

結局チームではなく個人に制裁が下ったって事かな??

ところでパトリックとズラタンを養子に頂きましたが、カードの多さとワガママさで、今後問題が発生してしまいそうです。

盾はローマの予感です。。
→少数精鋭でチームとして完成度が高い!
 王子の怪我がなければね。

来年度またゼブラ軍団に会える事を期待します。。。。
  1. 2006/09/16(土) 18:27:59 |
  2. URL |
  3. ZAMORANO #-
  4. [ 編集]

Re:

>ZAMORANO兄さん
この件に関しては根深く黒いものを感じずにはいられない。
俺のユーベも含めて腐りきったイタリア・サッカー界が浄化できればと願ってたけど、
結局はルールを都合よく解釈し、僅かな抜け目をくぐり、体質といったものは変わらない。
物心ついたときにはユーベのファンになってたし、今でも応援はしてるけど、
この国のリーグ自体には魅力を感じなくなってきているのは事実なんだよな~。

さてそれでもリーグが続いていくのは事実で、今季も既に開幕!
俺も去年の快進撃を見ているとローマの可能性は感じるけど、変に保険コメントなんてせずに黒青優勝宣言してくれや!(笑)
毎年あれだけ選手を買い漁ってる兄さんのクラブがユーベなきカンピオナートで優勝できないとなると、
もうクソッタレですよ!(下衆野郎マテラッツィもいるし) またまた馬鹿にさせていただきますよ!(笑)

俺はね、攻撃的で魅力ある以前のユーベに生まれ変わって欲しいんだよ。
セリエAに復帰するのと同等以上にそれを願って止まないね。
  1. 2006/09/19(火) 18:02:48 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/271-3fcaec85

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。