色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

これだから、青赤ってやつは・・・

  試合の流れからして、この日の勝利に必然性があったか?と問われたならば、
  自信を持って頷く事はできない。

  しかし、あの残り15分が東京の“本来あるべき姿”なのか?と問われれば、
  誇りを持って首を縦に振る。


今ちゃんの反撃開始ゴールから、土肥ちゃんのラスト・スーパーセーブまでの約15分、
あまりにも感動的で、恐ろしく興奮しまくった自分がいた。
こういうのを精神浄化というのだろうね。


なんてったって
これだから、はやめられない!!



    2006年 第28節
     FC東京 vs ガンバ大阪  味の素スタジアム






内容は決して良いとは思えなかった。
自らのチームにおもっくそ偏った見方をして、歌い、時には飛び跳ねて応援していても、守備の酷さは目に付いた。
ボールを見るばかりに相手を自分の視野に入れず、死角から裏へ飛び出されたり、簡単に振り切られたり、
ディフェンス陣の不安定さを露呈した。急遽、DFラインに入った伊野波が上手く試合に入れていない気もしたが、
それが原因という事では収まらないほどにマークに付けていなかったと思う。
相手のクロスの精度が良くなかったから助かったものの、ピンポイントで合わせられてたら、
中はフリーの状態になっていたので、幾度と無くネットを揺らされていただろうな。

奪ってもミスや切り替えの遅さで攻撃へのビルドアップが上手く行かない。
マークが厳しい平山に当ててもフォローが遅いから、我慢しきれずに奪われる。
(一概に平山の調子が良くなかったとは言えないが、宮本にヘディングで競り負けるのは勘弁願う。)
ならば、とばかりにルーコンに預けても、G大阪のチェックやアプローチが早く、網に引っ掛かる。
ダイレクトでパスを繋げられるほど、質のいい動きが無ければ、パスの精度も低いので、
パスを受けた選手が無理な体勢でトラップしたり、相手に前で体を入れられて奪われたり。
ミスを恐れたり、信頼してパスを預けられなかったりで、ズルズルとボールが下がってきてしまい、
後ろでしかパス交換が出来なくなる。
局面、打開する為に探りを入れるパス交換ではなく、出すところがなく、相手から逃げるようなパスに終始する。
調子の出ない昨今の東京のそれだった。

状況からしてG大阪だって、アウェイとはいえ勝ちに来ていたはず。
播戸が先制点を決めた時、アシストしたマグノアウベスとGK以外の8人がこっちのゴール側まで来て歓喜していた。
きっと優勝争いへの待望のゴールだったのだろうね。まとまっているんだろうな~、と。


その播戸を外したあたりからなのか、東京が交代をし始めたあたりからなのか、
とにかく目立って大きな流れの移り変わりがあったワケではないにもかかわらず、
突如として訪れた今ちゃんのアートフルなトラップからのゴール!
左利きがゆえに縦にゴリゴリ来るのをよく知っている“G大阪の加地”が縦を切ったところ、
中へ突進してスーパーミドルをお見舞いしてやった、お帰りノリオな復帰ゴール!
そしてそのノリオが今度は縦に抜け出し、鋭いパスから冷静に決めてみせたナオ

前節有り得ない逆転負けを食らった東京は、今節信じられない逆転勝利劇!!

ここで書いたり、某東京系掲示板の応援についてのレスでも書き込みしたけれど、
勝ってる状況で、しかも試合終了間際からに飛び出したYou'll never walk alone

あまりにも長く感じられたロスタイム、相手の素晴らしいFKを凌駕する凄さでスーパーセーブした我らが土肥ちゃん
そして訪れた精神浄化と、至福の“眠らない街”にウェーブ!!!


第三者としてイスタンブールで味わったあの時のリバプールに似たものを、
畑が大きく異なるとはいえ、今度は当事者として味わうとは!?


この日の前半の内容からして意表を突いた??久し振りの味スタでの勝利!!!
でも今は内容なんていいのだ。
何よりも欲していたのは勝利であり、勝ち点だったのだから。

試合後、勝利の余韻に浸りつつも、大きな疲れがドッと押し寄せたよ。
それはそれで心地よい疲れだったのかもしれないけれど(笑)


さて、ここで満足して次の試合に負けてしまえば、チームもファンも今までと一緒。
次もこの日の残り15分で出せたものをより長く、しっかりと継続させないとね。
アウェイ千葉戦で出来たんだから、絶対に忘れちゃいけない事だよな。



次節の相手は大宮。
先月より同じ屋根の下で暮らす伴侶の地元チームとの“愛方(あいかた)ダービー”。
ホームで2年連続ロスタイムに悲劇を味合わされているから、しっかりお返ししないとね(笑)

大宮は前節の磐田戦と、今節の千葉戦を比べて守備がグッと良くなっている。
攻守の切り替えも速くなっていて、セットプレーもマンツーマンで守るようになってたしね(笑)
アリソンというスピードとフィジカルに長けたファイター系FWを手に入れているので、今の東京を考えると非常にやっかい。
柔的な藤本と剛的な久永も相手にするとうるさい存在だし、途中から出てきてリズムを変えられる橋本も注意。
それに緑から亡命してきた奴らも多くいるしね(笑) 
宮本に競り勝てない場面もあった平山が、トニーニョ土屋に競り勝つのは困難だと思うけれど、
戸田ノリオナオノブオ今ちゃんルーコンあたりがそこを突いて、こぼれ球を拾っていければいいね。

今季も宮沢を使い、戸田に退場してもらって勝ちましょうかねぇ~?(笑)

スポンサーサイト
  1. 2006/10/23(月) 13:56:41|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<愛する街・吉祥寺  #1 濱家 | ホーム | なでしこから学べる大切な何か>>

コメント

2年前の名古屋戦を思い出しましたよ。2点取られて駄目かなぁって
思ったけど1点入れば絶対こっちのものになるとは思ってました。この前の大宮戦で、すかぱーで博実が「入っちゃった」って迷言おっしゃられたけど逆をしないといけないですね。
  1. 2006/10/23(月) 20:00:21 |
  2. URL |
  3. やまたろ #-
  4. [ 編集]

いやぁ、いまだにあの3ゴールが脳内プレーバックしている火曜の朝です笑
やばい。
勝ちに不慣れになってるかも…苦笑。


しかし、本当ラスト15分のスーパー逆転劇!
こういうことがあるからやっぱりサッカーは辞められないです。
青赤から離れられないです笑。
  1. 2006/10/24(火) 07:08:57 |
  2. URL |
  3. マユ #-
  4. [ 編集]

Re:

>やまたろさん
2点を失ってから、ルーコンの超人的ドリブルシュートとモニのメモリアルなゴールなどで逆転した、
2年前の名古屋戦にも似た試合でしたね。こういう興奮させてくれる試合が出来るんですよね~。
そうそう、大悟にロスタイムFK決められて、ヒロミに「入っちゃった・・・」って言われちゃいましたね(笑)
どんな形であれ、必ずお返ししなきゃいけないですね。

>マユさん
短時間で逆転して、良い意味で息をつかせてくれませんでしたね、あの3ゴールは!
ノリオの世界規格なゴールなんて特に頭から離れません。
サッカーの醍醐味というか、喜びや恐ろしさってのを再確認させられました。
勝者のメンタリティが備わっていれば、あの2点差で残り15分の状況でも逆転を信じる事ができるのかもしれないですが、
まだまだ東京はそこまで行ってないですね。でも勝利に慣れててもあの逆転には理性を失うでしょう(笑)
  1. 2006/10/24(火) 11:29:01 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/278-4e5bc477

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。