色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ヤマハでの勝ち点3はいつになるやら・・・

もう どチンチン!!
一矢報いたとはいえ完敗と言えるんじゃないかな?
球際の強さ、攻守の切り替え、パス・スピード、連同性で負けまくり。
TVという強制的に狭められた視野からでしか判断できないとはいえ、
相変わらずマークを見れていない、捕まえ切れていないのが窺える。
それに深い位置での守備で、マークの人数もスペースを埋める人数も揃っているにもかかわらず、
奪いに行ってもいい!という判断ができずに(後ろからの指示不足?)、見~て~る~だ~けぇ~~。

ヤマハで初の勝ち点3を!というのは今の状況で戦うモチベーションとして小さいのかな??



    2006年 第31節
     ジュビロ磐田 vs FC東京  録画TV観戦





個人を指摘したくないのはヤマヤマだけど・・・。
前から伊野波の持ち味としてCB起用に疑問を持つ俺は、やっぱりこの試合でもその気持ちが晴れない。
CBなのに、最終ラインでボールをSBへ預けた後、そのSBの外側へ周りこみ走り??
それ中盤での動きじゃんか? デンジャラスな局面で真ん中がぽっかり空いちゃうじゃんか?
自分が動くよりも周りを動かせる指示の方が重要なんじゃないのかな?
自分が動くにしろ、ゴール前をガラ空きにするほどリスクを犯してまでSBの外側へ走るよりも、
少し深い位置へポジションを変えて、ボールが受けやすく、かつ全体の視野を確保して次に展開し易い動きが必要では?
周りの選手もあの動きで問題ないと思っているのだろうか・・・
まさか増嶋を成長させる為に、あえて危険な状況を作り出しているのではあんめぇな?(笑)
それとも五輪代表でのCB起用が暫定ではなく決定で、
東京でもCBで起用するよう何らかの圧力でもあるのだろうか?
伊野波を残して増嶋を交代させたところに、余計な事を勘繰ってしまうんだけど・・・。

モニジャーンがいないとはいえ、これだけ失点してしまうのは大きな問題があると思う。
全体的な問題として、守備が安定しないとやっぱり攻撃のリズムも生まれない。
点差を広げられてからイケイケドンドンになっても、やっぱり毎試合劇的に逆転するには限界がある。
自分達が自発的に動くのは当たり前として、もっともっと皆で声を出し合って、指示をしていかないと、
何年経っても、監督が誰になっても、改善していかないよ。
戦術云々じゃなく、技術的な事でもないと捉えているので、意識次第で直ぐに修正可能な部分だと思うが・・・。


攻撃に関してもルーカスのシュートは福西戸田能活のファインセーブにあったとはいえ、
チャンスの数からすれば、やっぱり詰めが甘い。絶望さを感じるほど運がなかったとは思えないし。

それにしても戸田の超決定機外しにはいつまでも笑ってごまかしていられない自分がいる。
確かにオフ・ザ・ボールで走れる戸田戸田だからあの位置に走れて決定機になったってのは大いにある。
FC東京の持ち味であるひたむきさを常に体現できる選手だし、パサーからすればあんなに出し易い選手ってのはいない。
04年ホームでのヴェルディ戦、去年のユーベ戦やホームでの清水戦など、そりゃ~ファンタスティックなゴールは決めちゃう。
やっぱりいてくれると助かるし、愛すべき選手には変わりない。
でも、逆に去年のアウェイ横浜戦や今年のアウェイ大宮戦、そしてこの日など、
決定機かつ勝負の所となるシーンでド外し(苦笑)
これが新加入選手だったり、若手選手であれば、笑ってられるけれど、戸田もそろそろ成熟さが出てなきゃ!な段階かと。
良い動きにプラスして勝つ為のゴールってのを求めてあげないと、いい加減失礼に値する頃だと思うんだよな~・・・。
いや、ぶっちゃけ笑けてきちゃうんだけどさ(笑)
これで負ければ降格ってトコで“らしい”と言って笑っていられるなら、
今まで同様戸田へのスタンスを変える必要はないけれど、
大きな重圧が掛かったここ一番って時にだけ笑いが批判に変るようであれば、
やっぱり消化試合でも戸田を笑って終わらせちゃいけないと思うんだよな・・・。



優勝争いも残留争いもなくなった今、モチベーションをどこに持っていけば?というのはあるかもしれない。
気負う事もなく、大いなるプレッシャーもなく、いわゆる消化試合ってものに対してね。
去年同様、優勝争いしているチームに勝つのは愉快・痛快だし、大逆転勝利ともなれば底力と言えるの“かも”しれない。
でも、同じ消化試合な状況の相手と戦って出せるものが、ポテンシャルで終わらない“真の実力”で、
チームの持つメンタリティのような気がしてならない。

かつて常勝と謳われ、勝つ事の意味や重要性を知っている磐田や、今節大宮に完勝した鹿島ってのは、
今の東京と似た状況でも、サボらずにキッチリやって、勝利を手にいていく。
藤田名波が抜けても、秋田中田小笠原がいなくなっても・・・。
プロとして個々が現状に満足せず、チームとして消化試合に意味とモチベーションが植え付けられるというか・・・。

東京はホントにこんな試合をしてしまってもいいのだろうか?
東京の実力とはこの程度!と物分りよさ気に割り切っていいのだろうか?

やる時はやる、出来るチームだと思っているので、そのアベレージを上げていかんと!!
各カテゴリーに代表選手を送り出せるまでになった、青赤のチーム力が潜在能力で終わらない事を祈る。


次の相手はやはり同じ状況にして勝のメンタリティが備わっているであろう横浜。
本来なら天皇杯に向けて内容を求めるべきかもしれないけれど、結果を強く求めたいな。

スポンサーサイト
  1. 2006/11/20(月) 14:58:07|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<続・青赤なU-21スペシャル | ホーム | Anniversary  ~November 11~>>

コメント

現地観戦をして失望しました。
何時までたっても守備が出来ないんですもの・・。レッズの優勝阻止もこれで出来るか
物凄い不安です。。
今日SOCIOの継続の案内が来たのでクレーム付けました。いろいろと。
何処でボールを取りに行くか解らず、DFラインがずるずる下がり。逆サイドにボールを
振って一人いればどフリーでシュート打てる。4点以上入っても可笑しくなかったですね。情けない限りです。

  1. 2006/11/20(月) 18:57:41 |
  2. URL |
  3. やまたろ #-
  4. [ 編集]

Re:

>やまたろさん
現地に行かれてたんですね?お疲れ様でした。
守備に関しては、やはり逆転で勝ったG大阪戦や川崎戦と比べてほとんど改善が見られませんね。
磐田戦ではその2試合と違って決めるべきところで決められなかった、ホームの雰囲気がなかったというところでしょうか。
チャンスは作れているし、決定力は昨今の話ではなく数年来変りませんので、
やはり今期の残り試合で早急に改善すべきは組織として修正可能な守備の部分でしょうね。
攻撃サッカーを謳っていて実は得点も失点が少なかった原トーキョー、
守備の建て直しを宣言するも、得点も失点も多い倉又トーキョー、
相手ボールによる守備からチームのベースを考えていくスペイン風(欧州風?)な日本人ハラヒロミ、
マイ・ボールによる攻撃からチームの構築を展開していくブラジル風(南米気質)なブラジル人ガーロ、
選手があまり代わっていない中でのこの違いは、やはり現代サッカーは監督の影響が大きいな?と思わされます。

SOCIO継続案内はまだ確認してませんが、継続を出す前に監督人事発表が間に合うかな?(苦笑)
  1. 2006/11/21(火) 11:33:46 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/288-de230ffd

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。