色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

06ホーム最終戦、勝たなきゃ!なドロー

入団3年目にして待望のJリーグ・デビュー、先発出場を任された男はアップ終了後にジャージを脱ぎ、
先日引退を表明したフミさんの“背番号10”を体でも気持ちでも背負っている事をアピール。
ホーム最終戦である事や相手が優勝争いしているチームという事を踏まえると、
塩田という男もまた、愛すべき役者よのぉ~。


  対極に位置するであろうサポーターの気質も試合前から色濃く出ていたね。
  統率の取れた掛け声で威圧する敵に対し、
  こっちは笑いを交えて“T・O・K・Y・O”を出したかと思えば、
  “スタジアムへ行こう”まで合唱しちゃう始末(笑)
  手の振り方もバラバラだったりするんだけど、無理に合わせようなんて気はサラサラない。
  お祭り気質的なところが、やっぱり東京らしくていい!!


優勝が掛かってても、降格が掛かってても、こんな雰囲気で試合を迎えられればいいな~、
なんて思いながら、“青赤味の素劇場”での、今季最後となるキックオフの笛を聞いた。



    2006年 第33節
     FC東京 vs 浦和レッドダイヤモンズ  味の素スタジアム





  この日の東京はプレスがしっかり効いていて、
  攻守の切り替えも速く、能動的にプレー出来ていた。

  東京がいいプレーをする度に、「よし!」とか「OK!!」とか
  自然と声が出てしまう反面、じゃーなぜ毎回こういう試合が出来ないんだ?
  という悩みも湧いてくる(笑)

フミさんの引退に対する贈り物だったり、相手の胴上げ阻止という意地だったり、
ホーム最終戦という様々なモチベーションがあって、ファンの俺なんかも期するものがあるんだけど、
なぜ普段から個々の高い意識とチーム・コンセプトを持ってこの日のように締まった戦いができないのか・・・。


この日は楽しかった。あっという間に90分が過ぎてしまった。
いつも以上に声を出し、歌い飛び跳ねながら、「まだまだこんな戦いが観たい! 終わらないでくれ!!」と、
心の中で叫んでいる自分がいた。
そして、「この日の内容で負けちゃダメだ! ドローじゃ満足できない! 勝ちに行け~っ!!」と、
ゴールと勝利を渇望している自分も確実にいた。

今季終盤にきて、きっとそういう事なんだろう、と思った。

つまり、シーズン通して不安定で、常日頃からこういう熱い戦い、締まった試合が出来ないのは、
俺みたいなファンが “楽しみつつも勝利を欲する気持ち” がまだまだ足りないんじゃないか?と。
東京のチームや個々のメンタルの弱さの中に、実は自分の本質も表れているのでは?と。
結局勝利はチームや選手に与えられるものと受動的に捉えちゃっているのではないか?と。
サポーターじゃなくて、お客さんとしての意識であの場に行っちゃっているのかもしれないな?と。


どっかで心の中に折り合いをつけて、「でも、内容は良かった!」とか「あのプレーを観れただけで満足」とか、
敗戦や勝ち切れなかったドローに対して、言い訳を繰り返してしまう弱さや甘さ。
短所を指摘するよりも長所を褒めたい気質な俺の、ある部分でのヌルさ。
今までそ~ゆ~のが多かったんだろーな~と思う。

欲を言えばとか、出来ることならば、という付属のエクスキューズを抜きにして、
ホーム最終戦の意味やフミさんの為にも、この日はドローで納得しちゃいけない、勝つべき試合だった!

目の前胴上げ阻止なんて去年も長居でやってるし、しかも去年も決して勝ったワケではない。
あくまでただの阻止。東京にとって最悪の状況は逃れたという程度の阻止でしかない。
なのに心のどこかでほくそ笑んだり、ホッとしてしまっている雰囲気がある・・・。
自分自身とチームに向き合って戦っていないというか・・・。

とにかく勝ちたかった!! 勝って、『カ・イ・カ・ン』 を得たかった!!
精神的にもホントの意味で勝ちたかった!!!
断固、勝つ事が全てではないけれど、タイトル獲ってないのにそんな事は言えな~よな。
この日、光るプレーを随所に魅せてくれた我らが青赤戦士を観ていて、素直に勝ちたいと思った。
特別なことじゃなく、この日の出来は最低限当たり前レベルなんだよ、という意識になれば・・・。

今季リーグ最終戦、大分での勝利を期待したい。



さて、土肥ちゃんという絶対的なGKの牙城を崩し、よ~やくJリーグのピッチに立った塩田
非常に堂々として、落ち着いてたし、時間の使い方も終盤以外は有効だった。
(スコアレス・ドローでOKと判断したのか、リスクを冒さなかった相手に対してクイック・リスタートが
出来る場がなかったかもだけど、終盤のあの流れでは取った後に速い展開で攻撃に移行して欲しかった)
ジェスチャーを交えて最後尾から頻繁にコーチングしているように見えたし、
小競り合いになった際は、皆に両手で落ち着けと制してしたし、
結果的に取れなかったものもあったけれど、積極的に飛び出していったし。
塩田一人で守ったワケじゃないけれど、無失点に抑えられたのは自信になるんじゃないかな?
東京は優秀なGKが二人以上いる事を証明したワケだね。


  昭和から平成へと年号が変ったあの正月、音楽や歌が制限された国立で
  少し寂しい雰囲気の高校選手権優勝を飾った清水商業。短髪で腕章を巻き、
  今と同じ背番号10を背負って歓喜の中心にいたのが最初に見たフミさん
  今度の正月は歌や笑いに包まれた青赤な国立で、俺らの歓喜の中心に!!
  さあ、元旦決勝へ行こうよ、東京!!
  フミさんがスパイクを脱ぐ日まで、あと1ヶ月は残されている ―。


この日のホーム最終戦は毎年恒例の「dia obrigado」デー。
試合前の待ち時間やバスに乗りそびれた試合後など、青赤な仲間たちと語らい、楽しいひと時を過ごせた事に感謝!!
ありがとう!!!
でも、元旦まで青赤は終わりじゃないよ!



ハラヒロミ東京の監督復帰という、なんとなく信憑性がありそうな情報が!
  他のJクラブに行かれちゃうくらいなら、また青赤の監督をやって欲しい!
  けれども諸手を挙げて賛成できない複雑な心境でもある。
  今季はワールドカップなどがあり、世界の様々なサッカーを観て、今まで以上の見解を得ていると思う。
  しかし去年ヒロミに限界を感じ、次のステップへという意味で続投しなかった事を考えると、
  復帰に際してどの程度伸びしろを持ち込んでくれるのかは未知数・・・。

  そこで妄想してみる。

  常勝磐田時代のコーチ・監督としてその手腕を発揮し、東京の次のステップになるようなサッカーを
  知っている人物が、北の大地の某J2クラブ監督業を辞めるとか・・・。
  倉又さんを育成に戻すという前提で、ヒロミの片腕として柳下正明氏を引っ張ってくるってのはどう??
  ちなみに磐田ファンの友人や札幌ファンの友人からの話しでも柳下さんの評価は非常に高い!
  札幌ファンの友人からは「まだ辞めるの決定じゃないから!!」と言われてますが(笑)

スポンサーサイト
  1. 2006/11/27(月) 17:17:39|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7
<<その笑顔なプレーに拍手する・・・ | ホーム | あいまいtension?>>

コメント

こういう試合が出来るチームなのに
試合後に順位表を見ると、、、

15位、、、。

C大阪の上ですか。
そうですか。笑

あたし、ヒロミは大好きだけど
もうちょっと間を空けて帰ってきて!派
だったので、いまいちしっくりこない。
アリな気もするし、なんかよくわかんないです苦笑。
  1. 2006/11/27(月) 19:29:15 |
  2. URL |
  3. マユ #-
  4. [ 編集]

博実の参謀にやんつーさんが入るの大賛成です。昨日はホント皆良くやったと思います。
前からのプレスが良かったし、右サイドのコンビも良かったし、戸田もシュート以外はいつもどおり良く走ってたし、ノリオはシュートを蒸かすことはなかったし。
山岸って東京戦の以来当たってるんですよね・・・。シュートを全部弾き出される感じがします。ナビスコの悔しさがそうさせるのでしょうかねぇ。
去年のお別れの会の時、選手が原さん、原さん原さん・・文さんは号泣気味になってしまってそれを見て来年の監督が誰であろうと大変だし、選手が上手く新しい指導者の指示に従って、気持ちを切り替えるのは難しいように見えました。
来年ヒロミを据えるのなら今年の1年は何なんだ???ということが釈然とせず、複雑な気持ちになっちゃうんですよ。たぶん。
  1. 2006/11/27(月) 22:30:37 |
  2. URL |
  3. やまたろ #-
  4. [ 編集]

『スタジアムへ行こう』の大合唱にちょっと感動してしまった(笑)
ああいうノリが東京の良さだと思うんだよね。
試合内容についてはすごく満足しているけど、
相手が優勝争いのプレッシャーの中、
うちらは失うものがないという状況だから、
そういう面も有利に働いたかもしれないなぁと思う。
来季はぜひ上位争いを。
そんなプレッシャーの中で昨日のような試合をみせてほしいね!
  1. 2006/11/27(月) 23:43:27 |
  2. URL |
  3. たかぴー #gOiQ1czs
  4. [ 編集]

来年は

監督は、ルグエンがイイ!
でも、絶対に無理だから来年は、

監督:柳下でアクションサッカー
強化部長:大熊
GM:ハラヒロミ

かな(笑)
  1. 2006/11/28(火) 00:07:09 |
  2. URL |
  3. el-tokyo.1999 #nEx7PFYA
  4. [ 編集]

Re:

青赤な皆様、今季ホーム最終戦、お疲れ様でした!
一括レスにて失礼します。


>マユさん
ホント、振り向けば単独15位・・・。
専門誌やエルゴラで今シーズン開幕前予想みたいなのがあって、
東京は優勝争いではなく残留争いで多数挙がっていた記憶があります。
「東京ナメんなよ!」と思ってましたが、いやはや(滝汗)
ヒロミに関しては、海外でどっかのチームの監督に!っていうのは難しいと思うので、
スペインやフランス系のチームに長いスパンでついて行って、その後に東京復帰が正直な希望です。


>やまたろさん
山岸にやられましたね、マジで。途中で小雨が降ってきたので低いバウンドボール気味のシュートを!
と思ってましたけど、あの日の山岸は変なポロリはしなかったでしょうね。
同様にうちの塩田もよくやってくれました!
ヒロミが来季復帰するなら、まず最初にくるのは今年は何だったんだ?ですよね。
ヒロミでしか機能しないチームってのも嫌ですし、敵も馬鹿じゃないんで研究や対策をしてくるし。
ただ他のJ監督をされるよりは(J2であればOK。笑)復帰して欲しいけれど、
そうなると成績が悪くなったとしても数年は切れないし、ファンは地に足付けた批判ができなくなる。
パーソナリティが素晴らしいゆえに複雑なんですが・・・。
でもヒロミ路線を東京の色として強く押し出すならば、他のスタッフで変化をもたらすのはどうかな?と。
そこで柳下さんが適任なんじゃないかな?と。彼は監督というよりもコーチ色が強いし、
ヒロミでダメだったら監督昇格というチャンスも与えられる。選手じゃなく指導者で常勝磐田時の人を引っ張る頃かな(笑)


>たかぴーさん
相手じゃなく、東京が緊迫した状況に陥った時にも、あの笑いやノリが出せて、それで勝つ事ができれば、ホンモノだよね~。
いや~、浦和に横綱試合をされちゃった感じ。G大阪や川崎みたいに自滅しないサッカーをされた。
東京は良くやったと思う。でもイケイケな勢いを出させてもらえなかった。
浦和はリスクを冒さずに、勝てればOKだけど、引き分けでもホームでの最終節で決める道があるという、
無理に気負わないでいい戦い方が選択肢(プラン)にあって、それを実戦されちゃった感じ。
東京は終盤である意味それに付き合っちゃった。前線の選手は更にチャレンジして良かったと思う。
ホーム最終戦とフミさんの為に負けないじゃなく、重圧を背負ってる相手にもっとつけ込んで欲しかったです。
来季優勝争いするためには、あの日は勝つべき試合なんですよ、きっと。
そしてそういう意識をファンが持つ事が、チームを強くさせていく要素でもあると。もちろん、ノリの良さは残して(笑)


>el-tokyo.1999さん
ル・グエンときたか(笑)
したら俺もハビエル・イルレタやら、レイノー・ドヌエ、ビクトール・フェルナンデスの名を挙げておきます。
el-tokyo.1999さんの例は、オシム体制が終わって熊さんが多くを得た後の南アW杯後が理想的ですかね(笑)
指導者的な事はもちろん、コネやネットワークをたくさん持ち込んで欲しいですね。
ヒロミはひょっとしたら、平山にもっと身長に頼らない、落下地点を読むタイミングと体の使い方で得点できる
ヘディングを伝授したいとウズウズしているかもしれませんね(笑)
  1. 2006/11/28(火) 12:01:29 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

まったくもって

同感でございます!
・・・って遅れましたが、観戦お疲れ様でしたw

> “楽しみつつも勝利を欲する気持ち” がまだまだ足りないんじゃないか?

「十分楽しんでる!」けど「なんだかんだで甘い」自分を自認しているだけに心に刺さりました(いい意味で)
次の段階(といっていいのかどうかわからないけど)に東京がステップアップするために一番必要なのはこうゆうことなのかもしれません
監督がどうとか
選手がどうとか
フロントがどうとか
まずはその前に・・・ってね、思っちゃいました
とりあえず、元旦まで「勝利」を欲してつっぱしっときます
  1. 2006/11/29(水) 19:11:37 |
  2. URL |
  3. やっち #-
  4. [ 編集]

Re:まったくもって

>やっちさん
応援観戦、お疲れ様でした!!

自分でも楽しむ事は大切でスタジアムに足を運んでいるのですが、もっと勝つ事に執着しなきゃなと。
G大阪戦や川崎戦みたいな嬉しい楽しい夢のようなインパクトを残してはいるものの、
実は広島戦や甲府戦、新潟戦など、ホームで有り得ちゃならん!ってな負けもあるんですよね~(痛)
自分らがもっと勝ちを欲する雰囲気をホームに放っていれば、あんな試合は起こらないんじゃないかなとも思います。
ホントは今季を通して考えると、浦和戦の出来にはポジティブなものばかりなんですよ(笑)
でも意識を自分の中から変えていかないと、きっと来季もまた同じ事を繰り返す・・・。

数年前、年間チケットを手にする前は、変に金勘定して「数試合観に行けなくても元は取れる」なんて思ってたんですが、
いざ年間チケットが届くと、「無駄に出来る試合なんて1つもない!」という感情が芽生えました。
あの頃の気持ちを忘れずに持ち続けなければ、それをホームで示さねば!と、今になって思い出しました。

元旦を青赤な国立で迎えたい気持ちが例年以上に強いです!!(岡山、熊本には行けませんが・・・汗)
そして来季はやっちさんの☆付きコメントを多く頂戴せねば!(笑)
  1. 2006/11/30(木) 13:41:40 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/291-ae677468

TATSU


logo1.gif




05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。