色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

たま~に見るアクセス解析

来年の1月で開設から2周年となる当ブログ、「色んな角度で蹴ってみる」。
ユベントスな白黒支援者、FC東京な青赤支援者はもとより、
色々な方々から訪問してもらい、時にはコメントを頂いて励みになっております。
もちろん運悪くこのブログへ来てしまった方も少なくないと思いますが(笑)


開設からしばらくして、アクセス解析というものを付けており、
頻繁ではないけれど、時折それを見る事がある。
主にスパムなコメントやらトラックバックがあった際に確認する目的で。

アクセス数を稼ぐ為に更新しているワケではないし(せいぜい1日平均130前後)、
どの都道府県からアクセスが多いかとか見ても何の参考にはならないので、
特には気にする項目はないのだけれど、どのような言葉で検索してこのブログに来ているかという
サーチワードは結構面白く見ている(笑)


けれども、このところ(というか過去を追って見てみると今年の春頃から)非常に不思議な現象があり、
少し気にしている項目がある。


それは、国別のアクセスってヤツでして・・・。





ユベントスについて書く事が多いので、イタリアからアクセスがあるのは何となく判る。
旅行記なんかで現地の単語を書いたりしてるし、その流れかフランスからアクセスがあるのもまぁ頷ける。
わざわざこのブログをその国の何かのサイトで訳して読んで頂いている方がいるのも知っている。
非常に嬉しいし、喜ばしいし、有り難いな~と思うと共に、はたしてカプリッチョーゾで
レッセパッセなこのブログをそこまでして読む必要があるのかどうかは甚だ疑問(汗)
あえて回りくどい書き方をしている部分もあるので、どんな風に伝わっているかは知る由もないけれど。
(「ヒロミぴょんぴょん」とかどう訳されてるんだよ? まぁユーベのエントリーしか見てないか?笑)

そのイタリアやフランスはともかく、他の多くの国からなぜにアクセスがあるんだろか?
ちなみに今年の夏以降に複数月に渡ってアクセスがあったのがこちらの国々。

シンガポール、韓国、香港、台湾、タイ、中国、インド、マレーシア、オーストラリア、
ベルギー、ドイツ、英国、トルコ、スイス、ハンガリー、スウェーデン、デンマーク、チェコ、ブルガリア、
オランダ、ノルウェー、ポーランド、フィンランド、クロアチア、スペイン、ポルトガル、イスラエル、
モロッコ、エジプト、南アフリカ、メキシコ、米国、アルゼンチン、ブラジル、チリ、ツバル・・・。

おいおい、ツバルってどこよ!?
その他に米国営利組織やらネットワーク組織、米軍なんてな表示も・・・。


決してグローバルな事は書いていない、むしろ非常にローカルな感じの「色んな角度で蹴ってみる」。

俺の知らぬ間に、何かの情報をここで暗号化してやり取りされているって事はないよね?(笑)
そんな事ができるのかどうかも知らないけれど。

関連性が無さそうなだけにちと怖い・・・。


スポンサーサイト
  1. 2006/12/26(火) 17:37:29|
  2. 日々の出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<やりきれないな・・・ | ホーム | 【東京再建論】 大出監督「怒れて笑える指導者を!」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/301-8e37d290

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。