色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

友よ、また会おう!

先週、親族に見守られながら無事に挙式と宴を終えたワケですが、
昨日はいつもお世話になっている職場の方々や親しい友人のみを招いた披露パーティを、
表参道某所にて催させて頂いた。


披露パーティについてもまた、色々と考える事があった。
挙式と披露宴に友人を呼び、更に2次会も、ということになると、決して安くはない出費を強いてしまう。
それに披露宴で飲み食いしているがために、2次会ではほとんど飲み食いできないだろう。
2次会のみに呼んだ友人・知人と会費額を分けてしまうのもど~かと思うし、逆に同額の会費にしてしまうのも・・・。
そういう場で、既に一般的に浸透されてしまっているシステムみたいなものに対する憤り・・・。
おそらくゲストの方々はそんな事など意に介さないだろうが、自分と愛方の性格上、
催す側になった時には、幾らお祝い事とはいえ、そのあたりに気を回さずにはいられない。

また、ゲストの方々にせっかく来て頂くからには、少しでも長く多く一人ひとりと対話がしたい。
気心知れた仲間たちとはいえ、頻繁に会う事ができない人もたくさんいるからね。
おもてなしの方法は幾らでもあるだろうけれど、自分たちらしさを考えた時には、
余興も入れつつ、こっちからゲストの方々の席に赴き、しっかり感謝の意を伝えなければな、と。

と言っておいて失礼な話、一般的なものを崩して行う事により、考えなくちゃいけない事が多くなり、
必要以上に面倒な事も増えていく。あれもこれもそれも、と時間と労力を要する。
でも、やっぱり自らが主体となって催すワケだから、あの時こ~すれば良かった、
あ~すればもっと楽しめた、などと後悔だけはしたくない。
主催者側の価値観で、何がより良いものなのかっていうのは人それぞれなんだけど、
目的から逆算した時の手段というものをホントに色々と考えた末に、
親族のみで行った挙式や宴とは完全に分ける事にした。
友人・職場の方々をゲストにした宴は、ホントに身近な人たちに限らせて頂き、
着座スタイルにてコース料理を用意した、少数規模での“披露パーティ”というものに。

親族との宴とはまた異なる仕様の席札やメニュー表など、ペーパーアイテムも作成した。
招待状は愛方の強い希望で、ピッチをサッカーボールが進んでいき、
最後にはゴールが決まっているものをイメージしてみたり(判り難かったかもしれないけど・・・)。

そしてその披露パーティでの司会進行は友人にオファーし、コンセプトや手法を伝え、
またそれに沿ったアドバイスも頂戴しながら、色々と協力してもらった。
披露宴ほどかしこまり過ぎず、2次会ほど崩した感じにせずに ―。
(イメージが沸き難かったろうけど、それを具現化してくれた友人2人には多大なる感謝の意を表したい!)



そして、当日。

披露パーティの中身については、具体的に書けない事ばかりだけれど、
ま~なんというか、ホントに温かいというか、仲間たちの祝福の熱を感じさせてもらったよ。
った~くよ~、こっちが感謝する場として考えてたのに感激させやがって、コノヤロー!!(笑)


結婚っていうのはもちろん二人の努力や尊重があって初めて成り立っていくものだと思うけど、
要所で支えになってくれている友人というものは、もの凄いパワーを与えてくれるし、
決して数字やシステム的には表せない財産だね。

一緒にボールを蹴ってきた仲間、感性を共有しあえる仲間、常に刺激を与えてくれる仲間。
久し振りに会っても変わる事のない“らしさ”や気兼ねのない、あの感覚 ―。
俺のために一緒に笑ってくれる仲間がいて、愛方のために共に泣いてくれる仲間がいて・・・。


You'll never walk alone
最後にこの曲に乗せて言い表した感謝の言葉が、ゲストの皆様に伝わっていればいいなと思う。



また、披露パーティの出席やご招待が実現できなかった仲間たちからも、
祝福の電話やメールをたくさん頂戴しました。
その都度返信はしたけれど、改めてありがとう!! 俺は絶対に忘れない!!


友よ、また、会おう!!






この日の披露パーティの舞台裏?こぼれ話をここに。
 ※ こぼれ話ゆ~ても長いけれど。つ~かネタにしなきゃ気持ちが治まらん!!


入籍、親族のみでの挙式&宴とここまでびっくりするほど順調にきた俺に思わぬアクシデント。
俺にというよりも、俺らにと言った方が正しいかもしれない。

以前にこのブログで書いたことがあったかと思うけれど、俺は腰椎椎間板ヘルニアの持病があり、
サッカーなどスポーツをすると腰に負担が掛かりやすく、痛みやすい。
ついでに頚椎椎間板炎症っ気も・・・。
フットサルなど下が固いところでボールを蹴ろうものなら一週間は痛みが引かない場合もしばしば。
なのでスポーツをする際にはたいてい腰にコルセットを巻いたりしている。
まぁスポーツに限らず、特に冬に痛みが出やすいため、日常生活でもなるべく膝を使って物を持ったり、
重いものを持つときは左右に分散させたりと、地味に気をつかっていたりする(笑)

ここ何年もさほど問題ない状態だったけれど、それは予期せぬ最悪のタイミングで訪れた ―。


この日の結婚披露パーティを翌日に控えた前夜、足に引っかかったズボンを無理に脱ごうとした瞬間だった、と思う。

「き"ゃあ"ぁ~~、い"って"ぇ~~~~~!!!」

瞬時に事の重大さを悟った俺に、ワケが判らない愛方。
その場で立つことも倒れることも出来ない俺に、徐々に状況を飲み込み始めた愛方。
ありとあらゆるものにしがみつくもどうしようもなく、苦痛に顔を歪めながらも笑けてしまう俺に、
つられて笑うしか選択肢のない愛方。

同日、強風の中で多くの荷物を持って歩いたのが原因か、
次から次へと続いたイベント毎に対する自分でも気が付かない疲労が遠因か、
約8年振りに腰の椎間板どもが全身に電流を浴びせるかのように暴れまくってくれた。

超簡単に言うと、ギックリ腰ってやつですな(苦笑)
クセになってて、腰が弱っていると、ホントに些細な事、例えば咳とかくしゃみでもでなっちゃうんですよ。
これは何もお年寄りに限った事ではなく、スポーツなどが原因で若くしてなってしまう人も多い。


「ヤバイ!? ヤバイ!! マジでヤっバイ!!! 明日どうしよう!?」

おそらく、それしか言わなかったと思う。
冷や汗が出ると同時に、招待してる友人たちの顔が次々に浮かんできた。
よりによってこんな時にと、ジワジワと悔しさもこみ上げてきた。

でも前夜になって披露パーティを中止にするワケにもいかず、その気もないため、すぐさま愛方が外へ走った。
走れメロスをイメージしたのか、ラン・ローラ・ラン並みの走力なのかはこの際ど~でもいい(笑)
とにかく近くの接骨医院や整形外科へ走って行き、急患の受け入れを打診。
ひとつは断られ、ふたつ目でOKが出たので、早速タクシーを家の前へ手配してもらった。

タクシーを待たせてどのくらい時間が経過したのだろうか。
比較的痛みのない体勢をなんとか探し、愛方に着替えさせてもらい(苦笑)、
傘を杖代わりにして歩き、よ~やくタクシーの元へたどり着いた俺。
新聞を読みながら待ちくたびれてあくびをし、直後に俺を見て血相を変えたタクシー運転手を俺は忘れない(笑)


急患のため、病院ではとにかく応急対応しか出来きないとの事で、
レントゲンを撮ったものの、腰椎の間隔が狭くなっている事を確認したのみ。
骨には異常がなく、過去にも経験があるので、まぁ間違いなく椎間板炎症だろう、という事で治療を終えた。



かくして披露パーティは、痛み止めの薬と全身に負担が掛かることを考慮した筋肉緩和の薬を服用し、
腰には新品で張りのあるコルセットを巻き、杖を突いて登場する事になりましたとさっ(苦笑)

パーティ当日の午前中、愛方が大急ぎでホームセンターに行き、購入してきてくれた杖を、
「おしゃれで渋い演出だね~。」などと小道具的なファッションだと勘違いしてくれたゲストの方々、VAMOS!(笑)
決して深くはないお辞儀をするだけでも激痛が走ったけれど、無事にパーティを終えることが出来て良かった。



ただし、このアクシデント発生があったからこそ、思いつき、実現できた事もある。
司会者2人と俺の3人のみで温めていたサプライズを、よりビッグなものにさせるべく、
パーティを数時間後に控えたところで急遽その内容を変更した。

最初は愛方に内緒で、愛方の両親からの手紙を預かり、それを俺が読むというシナリオだったけど、
俺の怪我が原因で、パーティ会場へは愛方の両親に車で送ってもらうこととなったので、愛方の両親へ、
「今日は俺のせいで二人の予定をつぶしてしまって申し訳ございません。
お詫びといっては何ですが、せっかくですので例の内緒の手紙、いきなり登場して読んでもらえますか?
一度俺が読むフリをして呼びますので、時間にあわせて会場入りし、バレないように隣の部屋で待機してて下さい。」

面白そうに承諾してもらった後、会場スタッフと司会者へ迅速に手配を施した ―。


手紙の存在すら知らなかった愛方がビックリしたのは当然のこと、
クライマックスで愛方の両親登場に会場中がこの日一番盛り上がったのは言うまでもない(笑)


腰椎椎間板炎症で倒れても、タダじゃ起きないぜ!
とにかく大成功!!


来週、腰椎のMRI検査ですが、なにか?(笑)


スポンサーサイト
  1. 2007/02/26(月) 18:01:06|
  2. 日々の出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<ススメ、ススメ、白黒ススメ  vol.6 | ホーム | Anniversary  ~February 17~>>

コメント

行けなかったのが、非常に残念。。。
TATSUには、しばらく会ってはいないが、ずっと近い存在でいるよ!

まずは、愛方さんを紹介してもらう機会を作って、夫婦での付き合い宜しく!

とにかくオメデトウ☆
  1. 2007/02/27(火) 12:09:56 |
  2. URL |
  3. かつしゅん #-
  4. [ 編集]

頼りない司会っぷりで反省点が色々ありますが、俺的に気持ちの良いセンターリングを上げれた感触です!
今後二人でうちら仲間のパスをゴールへとねじ込め!!

あの場に居合わせた皆は二人の熱烈なサポーターですので、トラブルが発生しましたら直ぐにご相談引き受けますよ!

今後とも家族ぐるみのお付き合い宜しく!!
  1. 2007/02/27(火) 18:11:01 |
  2. URL |
  3. ZAMORANO #-
  4. [ 編集]

Re:

>かつしゅん
たった2時間のパーティのために倍以上の時間を掛けてでも駆けつけたい、
と言ってくれた気持ちだけでも嬉しいよ。
また、色々と節目に連絡をくれてありがとう! そっちの新婚生活は順調かな?

そーさね~、10月の試合が豊田スタジアム開催なら行けるかも知れないな。
忙しいだろうけれど、逆にこっちに帰ってくる機会があれば連絡ちょうだいね。
かわいらしい奥様にもよろしくお伝え下され。何気に地元が一緒だしね。
マジでサンキュ~ね。
  1. 2007/02/27(火) 21:40:28 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

Re:

>ZAMORANO兄さん
いやいや~、をいさんと共にうちらの意向を汲んでの司会進行ありがとう!
ゲストの方々からも評判良かったぜ~。

仲間の寄せ書きサインボール・プレゼントの演出もサンクス!
ちゃっかり?しっかりユーべのボールだし、粋な事してくれてからに!(笑)
いっぱいアシストしてもらっちゃったね。腰が砕けてたけど(苦笑)、ゴール決めまくらせてもらったよ。
愛方もたいへん感謝しております!

また奥様とのおしゃれなプレゼントもありがとう!
落ち着いたらまたいつものように飯でも行きましょう!
  1. 2007/02/27(火) 21:47:27 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/317-af34a15c

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。