色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

潜在能力はあっても学習能力が、ない!?

  いや~運動量多いね、磐田のアジウソン監督は!?
  ベンチにいたかと思いきや、全速力でライン際まで来て
  大きなアクションでチームを指導。何度も何度も・・・。
  コールやチャントをしていない際、こっちまで声が聞こえてきたし(笑)
  指導法の云々はともかく、目立ってたね~。熱い人なんでしょうな。


結局のところ、東京は以前からの課題は解消されてないままだね、
と思わせられる試合だった・・・。



    2007年 第3節
     FC東京 vs ジュビロ磐田  味の素スタジアム






西や太田に加えて船谷らが流動的にポジションチェンジを繰り返すものの、
ややラインを下げ、上手く受け渡し対処する東京。
攻撃に移った際に今ちゃんノリオへ数本サイドチェンジの展開ボールを出してから、
多少は東京主体のサッカーが出来るようになった。

ただし、見せ場ではなく見所というべきそれ以上の何かが、前半のあのピッチにはなかった。


前線へボールの出しどころがないとはいえ、東京のプレスの掛けどころを定めさせない速いパス回しと
繰り返しのバックパスで試合をある意味硬直させ、東京にペースを握らせない磐田。
怖くは無いけれど、上手いな~と思う。
東京はディフェンシブなゾーンであれだけボールを動かすのは下手クソだからね。

東京はややラインが低く、奪ってもボールを持っていない選手の攻撃への切り替えが遅く、
また足元ばかりのパスに終始するがために、試合そのものに勢いや生命力を感じない。
難しい試合でもなく、マニアックな玄人好みの試合とも感じない、ただの拙攻合戦。

風が冷たくなく昼下がりの試合でなければ、前半は眠くなるような試合だった。


磐田に退場者が出てからはその傾向がより強くなった。
磐田の選手交代をみても、勝つというより負けないカードを切っている様子が伺え、
勝ち点0で田舎に磐田に帰るよりも確実に勝ち点1を、という感じ。
全盛期の磐田であれば一人少なくとも攻め崩しに来ていたであろうが、
戦力と状況をみて、何を最優先にすればいいのか考えているサッカーをしていたと思う。
勝つサッカーができないのであれば負けないサッカーをアウェイという事も考慮し、というような・・・。

そこでメンタリティというか、意識の進歩がないのがホームである我が東京。
2シーズンくらい前の同カード(確か国立での試合)で磐田の大井が退場になったと思うけれど、
その時の試合から互いに戦力は代わっているのに、東京は根っこの部分では代わり映えなし・・・。


相手に退場者が出て、守備を固められた時、ホントに手詰まりになるのが青赤軍団。
一人少ない相手を動かせて消耗させ、バランスを崩させるのが遠回りのようで実は効果的だと思うけれど、
焦れちゃって我慢する余裕がないから、平山ワンチョペを投入するとそこ目掛けて蹴るサッカーに終始。
石川ノリオを下げているので、深めのセンタリングではなくアーリークロスばかりになり、
更にはヘディングで競り勝っても、その後落としに誰がいるのか、裏に誰が抜けるのか、
そこまでの狙いまでは見えてこない。
アーリークロスだと狙いは高さのみになっちゃうけど、深い位置からのセンタリングであれば
DFとGKの間に速くて低いクロスなどバリエーションも増やせるんだけどな・・・。
あの状況ならせめてユータをサイドに張らせて欲しかったな。
戦力が落ちてきているとはいえ、鈴木と田中、そしてこの日は“俺たちの”ではなかった能活を
そんな単調な攻めで破れるほど、磐田はヤワじゃない。
そして東京のプレーもそれで崩せるほど精度が高くはない。

伊野波浄くんがボールを持った時の磐田のチェックは、これまたあえて?かなり緩かった。
「こいつらどーせ単純に上げてくるんだろ? 縦に突破しようとしないし、クロス精度良くないし怖くない。
中がしっかり守ってくれてるからコースを限定させるチェックさえしてれば問題ないでしょ?」
という程度のサイドの守備にどっぷりお付き合いしちゃってる(苦笑)
もっとサイドの深いスペースを使ったり、ミドルシュートを狙ったり、バイタルエリアでドリブル勝負、
更にはファールを誘うとか、とにかく様々な選択肢を考えながら得点の可能性を探って欲しかった。
この日得点できなかったから云々ではなく、一辺倒にならずに選択肢を増やして得点の確率を上げてくれという事。
何度も何度もこんなこと書いてるけれどさ。何度も何度も何度も・・・・・・・・。


相手の得点チャンスはセットプレーしかないだろうなと思ったら、最悪な事に終盤でそのセットプレーから失点・・・。
あの状況で勝ち点1じゃなく、勝ち点3を与えちゃってからに・・・。
磐田はあの内容で勝ったわけだから会心試合だろうし、開幕戦から自信まで回復させちゃったんじゃない?
中2日でまた磐田と試合があるのにさ。


優勝はともかく優勝争いはしなきゃ!というチームにあっては非常にお粗末な試合。
理想を言えば楽しいサッカー、爽快なフットボールが観たいのが本音。
でもホームでは楽しい試合をする前に、まずは勝ち点3をもぎ取るところが見たい!!
入籍日(06年11月11日)から俺達のスタジアムで “眠らない街” を歌えていないってどーゆー事だよ!?
しばらくイベント事は用意してねぇぞ!!(笑)

情けなさが加味されているのもあり、スタジアムを出たときに寒さが倍増したもんだよ。



試合後は身内のお祝い事があったので、実家のある愛する街・吉祥寺へ。
俺なんかが素じゃ入らないような品格のある、湯葉と豆腐の創作懐石料理屋でお食事。
立派なお座敷個室に案内され、腰痛持ちにも優しい椅子にどっかり座りながら、
生麩の田楽焼き』やら、『茶碗蒸し』やら、『鹿児島産黒豚と季節野菜の豆乳しゃぶしゃぶ』やら
豆乳雑炊リゾット風に香の物』を食べて食べて、食べ尽くす・・・。
とってもヘルシーな料理で胃を心地よくさせ、更には体が温まりましたよ。
       






くっはぁ~っ、美味かったぜ~~ぃ!!

で、この日は味の素スタジアムで何かあったんだっけ??


スポンサーサイト
  1. 2007/03/19(月) 23:17:53|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<マジで危なっ! | ホーム | 愛方ダービーにて、今期初勝利!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/322-a0bb593e

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。