色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

青赤なU-22スペシャル

北京を目指した反町監督率いる五輪代表。
昨年の親善試合から見ているけれども、年が変わってU-21スペシャルからU-22スペシャルへ。
前回のホーム試合、香港戦は体調不良で現地観戦は出来なかったけれども
青赤戦士を中軸に構えたこの世代の代表を観るべく、仕事後に国立へと足を運んだ。

  伊野波、梶山、平山は揃ってスタメン!

  北京オリンピック2008 二次予選
  U-22日本代表 vs U-22シリア代表
   @ 国立競技場





立ち上がりこそ相手に押し込まれていたけれど、梶山のミドルシュートあたりから徐々にペースを掴み、
家長の「えぇ~、そんな右足持ってんの~!?」な豪快ミドルで先制。
その後は終始イニシアチブを握り、平山の肩っぽいヘディングと狭いコースを冷静に通した2ゴールで、
終わってみれば 3-0 の完勝。
危なげなく、内容からしてもっと大差をつけないと!という試合だった。

去年の中国戦、韓国戦、そしてテレビ観戦にて香港戦、マレーシア戦と観てきたけれど、
この日のシリア戦が一番チームとしての連動性やまとまりがみえた試合だった。
状況に応じたドリブルとパスの判断、シンプルなパスで足元やスペースへの繋ぎの使い分け、
3人目の動きなど、“これまでの中では”最も有効的な流動性がみられた気がする。


ただし、いい意味でも悪い意味でも、キレイにやったり上手くやろうとし過ぎる傾向がある。

シリアを同グループのライバルとしていたため、試合前はかなり警戒して臨んだと思う。
けれども始まってみると、やっぱりチーム・個々が日本より劣っており、実力差があった。
実力差というのは安易かな?
直前に日本に来たがゆえに、彼らのコンディションが良くなかったとも推測できる。
シリアはクリア後マイボールにしていない状況で、誰も日本のボール保持者にプレッシャーを
掛けないうちからラインをガーっと上げて裏のスペースを提供してくれたり、
日本に押し込まれている時に全体的に引きつつ鋭いカウンターを食らわせますよ、という
攻撃への狙いがあったようにも見えないし、あったとしてもその力が日本の守備陣を
混乱に陥れるほど優っていたワケではない。
日本にとっては二次攻撃が容易だったはずだし、裏への抜け出しが簡単だったり、
余裕をもってポゼッションできたと思う。

そこでキレイに、上手く、という意識が出てしまったのだろうか、相手に合わせてしまった感じ。
そのためワンタッチ余分だったり、パスが一本多かったり、一呼吸置いてしまったり。
変に余裕をみせずにもっとガツガツ仕掛けていれば、更にチャンスが作れていたと思うし、
ゴール数も増えていたんじゃないかな?
そうする事でアウェイでもう一試合ある相手にプレッシャーを与える事にもなったかと。
内容は決して悪くないけれど、最終予選や本大会を見据えると物足りなさが残ってしまう。


この日最も目に付いたのが本田拓也
非常にアクティブな選手だね。攻守に渡って活動範囲が広いし、かといって無駄に動くワケじゃなく
バランスもしっかり取っている。最終ラインで体を張った守備もできるし、前線でチャンスもメイクできる。
パス・スピードや球種にも臨機応変さを感じるし、自分のところで一旦ボールを収める事もできる。
何と表現していいのか判らないけれど、彼のボランチとしてのプレーっぷりがチーム全体に躍動感と
落ち着きをもたらしていた感じ。梶山とその都度動きや役割が重ならないようにビルドアップしていた。
今後も期待してるぜ、後輩!!(って大学が同じってだけの接点。笑)

また、やっぱり西川周作は別格だね。
いつも青赤者の立場からみているけれど、敵にすると嫌らしいファイン・セーブの連発でムカついてくる(笑)
反射神経が優れているし、キャッチングとフィスティング、デフレクトの使い分けが素晴らしい。
また良くないGKは我慢出来ずにその場で飛んじゃって、ボールに手が届かないという事が多いけど、
彼の場合はキャッチやデフレクトをする際、飛ぶギリギリまでステップが踏めるしね。
そして強くて正確なロングキックまで蹴れる。視野が広いからフィードも速いのでカウンターの起点にもなる。
左右のキックに他のGKほど差がないのも魅力的。
経験と雰囲気でいえば圧倒的に川口能活に分があるけれど、技術的な面と安定性で言うならば、
現時点で日本ナンバーワンのGKだと思ってる。
怪我から復帰して久々に彼のプレーをみたけれど、この日も素晴らしかった。
キャッチした瞬間からアウトに掛けたキックでチャンスに繋がるようなパスを出してたし、
2-0でリードしてる前半の終わりごろはゆ~っくり時間使ってたり。
状況に応じてゲームをコントロールする術を知っているよね。
ホント唸らせたりワクワクさせてくれるGKだよ。



さて、青赤戦士について。

梶山はコンディションがいいのか、意識の表れか、サボっているように“見える”動きが極端に減った。
前からまわりが言うほど運動量は決して少なくないと思っていたけれど、
この日は全力で長い距離を連続して走れるようになっていて驚いた。東京じゃ遠慮してんのかな?(苦笑)
また東京でのプレーでも言えるけれど、バイタルエリア周辺でボールを貰う時に、
必ずと言っていいほど一旦トラップして、ワンフェイント入れてシュート、あるいはワンフェイント入れてパス、
というプレーをしている。強烈で正確なキャノン砲を持っているのだからダイレクトで撃つ意識も持って欲しい。
コースがないなら仕方がないが、シュート意識を高めないと、プレッシャーの速い相手には
トラップの瞬間に狙われて、結局苦し紛れのパスで終わっちゃう。色々持ってるよ、俺!ってとこをチラつかせて
相手に脅威を与えておく事によって、相手の守備の焦点を絞らせないようにしないとね。

2ゴールしているし平山の動きはホントに素晴らしかった!と言いたいけれど、
Jリーグと比べると彼に対するマークも緩かったし、かなり自由にやれたんじゃないかな?
2本ポストに当てたっけ? 東京でもあ~ゆ~ミドルをみせて欲しいよね~。
ゴール前に飛び出す回数も多くなってきたので、あとはもっとニアに飛び込んでいくプレーも増えればね。
中の選手とクロスを上げる選手との連携にもよる話だけど、ニアに飛び込んでコースを変えるヘディングシュートは
守備の選手にとって非常に防ぎ難いし、やっかいな動きだからね。
五輪代表での平山の使い方を見ると、東京での平山はさほど活かされてない気がするね。
「東京でも点獲れ!」と思ったけど、東京は状況関係なく何かと直ぐに平山に当てちゃう事が多いし、
平山のマークを剥がしてあげたりっていうプレーが希薄だからね~。
深い位置から平山に放り込んでポストプレーしろ、タメ作れってやっても、ねぇ・・・。
おっと、青赤での愚痴はここでは控えよう(苦笑)

で、伊野波ね。
毎回適正能力的にはセンターバックではなく、ディフェンシブ・ハーフで勝負してもらいたいと言い続けてるけど、
クラブでも五輪でもディフェンダーとして起用していくみたいだし、もういいや。知らん(笑)
守備の1対1で重心が低い割にはエッジが利かず、切り返しについて行けない事もあるし、
マークの受け渡し・渡されが曖昧で相手に引っ張られちゃって中を開けちゃったり離しちゃったり、
というのが多少なりとも・・・。
ただ、西川が復帰したからなのか、以前と比べて守備の安定性が増した感じ。
対人プレーに自信があるがゆえに色々と自分でやろうとしちゃうフシがあるから、
最終ライン中央を務めるにあたって上記のプレーが気になっちゃうんだけど、
この日は対人プレー云々は抜きにラインのコントロールが上手くなってきているな~と。
無理に上げてリスクを負ってでもという守備をせずに、下げるところはしっかり下げさせて時間作ったり、
ディフェンスラインでボールを回している際に、相手がチェイスしている時はラインを低く保っているけれど、
相手が追わなくなった途端にラインを上げさせて、相手のトップ2人を置き去りにしたところとかは「ほほ~ぅ」と。
相手のファースト・ディフェンスを無にしちゃったから、相手はプレスの掛けどころを失って下がるしかなかったし、
奪ったところで残ったトップに預けても日本のラインが上がっているからオフサイドになっちゃうし。
伊野波が統率していたけれど、まぁこれは西川の守備範囲の広さと
守備陣の連携度合いからくるパート、ユニットとしての成長かな?(笑)


っと、増嶋どこ??
(一応別の青赤なチームへ貸し出し中)


ところで日本サッカー協会さん。
集客がよろしくないからといって、大々的に宣伝するのもいいけれど、
単純にチケット安くするっていう選択肢はないのかな?
国を挙げての公式戦ともなるとチケットが安くなったり無料だったりする国も多いけれど、
日本の場合はスポンサー絡みなのか、儲け主義なのか、そこんとこどうよ?
ホームの雰囲気を作って後押しする為にはチケット代を安くするという手を打ってもいいのでは?

最終予選でいきなり観戦者が増えてチケット取れなくなったら嫌だけど・・・。


スポンサーサイト
  1. 2007/03/29(木) 17:47:48|
  2. サッカー全般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<SAKURA | ホーム | ぐ~たらリフレッシュ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/325-012e49ca

TATSU


logo1.gif




03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。