色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

素直に浮かれ、素直に危機感

 会心の勝利で勝ち点3を得ることができた。
 嬉しくないはずは、ない。

 例のお立ち台で我らの主将は「浮かれないように」と当たり前の事を言ってたけど、
 応援しながらあれだけ不甲斐無い負けゲームを見せ続けられてるこっちとしては
 久し振りに勝ったからには素直に浮かれたいってのも本音の話だ(笑)



    2007年 第11節
     FC東京 vs ジェフユナイテッド千葉  味の素スタジアム






開始のっけの土肥ちゃんスーパーセーブがなかったらと思うとゾッとする。
おそらく最近の例に漏れず早々に自信を失ってズルズル気持ちが後退していったんじゃないかな。
その後に徳永ルーコンのミドルシュートで自分達のペースやリズムを掴み始めたのも大きいね。

この日は前線からのプレスがハマり、また相手の寄せや当たりも緩かったため、
うちの前線の選手が前を向いてプレーする事が可能だった。
前から積極的に守備をして、引くところは引いて。
奪ったら前線の選手が動いて、足元じゃなくスペースでもらおうとするプレーが多かったから、攻撃に流れが出ていた。


そしてあのルーコンの目の覚めるようなミドルシュート! 素晴らしい!!
東京にはああいう位置でのシュートが極端に少ないだけに、これを機に他の選手もガンガン狙っていって欲しいよ。
もちろんウォームアップ時に披露している精度悪過ぎなものでなはいシュートをね。
思い切ってやれば結果はついてくるんだよ。出来るんだからルーコン以外の選手も毎回やって欲しい。

後半開始早々のワンチョペのゴールも素晴らしかった。
80%はリチェーリのゴールと言っても過言ではない!
リプレイで観て判ったけれど、あのワンチョペのゴールはホントに凄い。
決める確率が高いイージーなゴールではあるけれど、ボールを受ける前にGKの位置を確認してるし、非常に冷静。
ボールに触れずに変なタイミングでタメているし、足元に入り過ぎじゃないの?と思いきや足の振りが恐ろしく速い。
そしてムチのようにバシっとボールにインパクトし、振り切ってないから、球足が低くてて速い。
あの瞬間ってとてつもなく不思議な時間が流れている気がしたよ。GKが反応するには酷なシュートだよね。

で、直後のリチェーリのゴール。
千葉の精神状態と、東京の気持ちが凝縮されているゴールだった。
しっかし去年の開幕戦とこの日と、リチェーリの得点ってシュートらしいシュートじゃないよね(笑)
いやいやゴールに気持ちが向いていて素晴らしい!!

ノブオのゴール(正確にはオウンゴール)なんて何度も指摘していたもの。
相手のDFとGKの間に低くて速いクロスを出せば、前を向いて走りこんでくる味方の勢いを殺さずに済む。
例え合わなかったとしてもオウンゴールを誘発する可能性も出てくる。まさにそのままのゴールだったよね。
ナオもノリオも精度の悪いクロスを上げるくらいならあれをドンドン増やしていかないと。


この流れで失点を許したのはあまりにも情けないと思うけれども、昨今の中ではいい試合だったね。
ああいう試合を5試合くらいは続けてやってもらわないと、自分達らしいとは言えないぞ。
内容云々言っている場合でもない状況だけど(苦笑)



で、しかし、なんだよね~。

この勝利に水をさすつもりはないけれど、やっぱり何かが解決したという気持ちにはなれない。
試合前は相手がアグレッシブルなサッカーをする千葉という事で、東京にも多くのチャンスが
生まれるんじゃないかなという予想はしていたし、最低限のやる気さえ出せれば悪くともあれぐらいは出来るとも思ってた。
昨今の最悪の極みとも言える試合と比べるから上出来に見えるだけであって・・・。

また失礼な話、千葉の状態もよろしくなかった。
キーマンの水野のサイドにスピードと攻撃性の高いリチェーリノリオにして、守備に気を取らせたという意味では
千葉の良さを出させなかったとも取れるけれど、彼らの全体的な局面での繋ぎや流動性、ゴールへの迫力など考えると、
ここ数年で対戦した中でも千葉の出来は群を抜いて良くなかった。

結局の話、第一次政権のヒロミ・サッカーでいいなら、今の東京でも気持ち次第であれくらいは出来るよ、という事。
相手が守備的なチームでなければ、ハラ・トーキョーのサッカーは運も加味してハマる可能性があるよ、と。
逆に気が抜けまくってると、強いチームにはタコ殴りにされ(先週の川崎戦)、戦力は充実してなくとも戦い方が
はっきりしているチームにはチャンスは作れど負けてしまう(磐田戦や先日の横浜FC戦など)可能性も大いにある。

早い話、降格するほどでもないけれど優勝争いにはかかわれない。
それで毎年満足できるというのが本心であるならば特に問題はございません。


この日はフミさんに似たタイプの伊野波と全体的に構築プレーには関与してこないワンチョペが起用されていたけれど、
今まで東京にいなかったタイプの平山福西という次のステップアップに向けた補強選手が機能していたワケではないし、
新加入の外人枠エバウドも守備の要の茂庭も戦力になっていない状態。
それらが総じて最も戦える今ちゃんの良さが逆に引き出せていない。
そもそも平山福西エバウドは能力があってもハラ・トーキョーとして考えると不確定要素なんだけど(笑)
もちろん絶対起用しろ!というワケではなく、彼らを融合させないことには優勝は厳しいと見ている。
エバウドの能力は練習試合を見た感じ、なんとも判断できないけれど。笑)
まぁ今期の優勝はおろか、優勝争いも可能性はないけれどね。そんなにJリーグは甘くないでしょ?

昨日の1試合をもってして、これでイケる!!という気持ちになれるほど、俺っていう人間は単純じゃないらしい(笑)
今までの不甲斐無い試合を昨日の試合でチャラにしたワケでもないし、
東京の戦力を踏まえるとまだまだスタートに立ったとすら言えない。
これで浮かれたり満足なんてしてたら、第二次政権を引き受けたヒロミやフロントに失礼だし。
今ちゃんが自分たちも含めてファンを浮かれないように引き締めたのはそういうことだと思うしね。


個人的には前から言っている通り、監督交替の意見は変わらない。
根本的なものに進化が見られない以上は意見を変えようがないワケで。
この先の横浜FM、名古屋、清水、浦和、甲府、G大阪と上位陣との対決が待っているけれど、
ここで勝ち点12くらい積み上げられれば“今期は”ヒロミでもしょうがないかな、という意見に変わるかもだけど・・・。

ただし、この日の勝利によって交替のタイミングを失ったかもしれないね。
一番怖いのが、夏過ぎ頃から帳尻合わせのように調子が上がって、
上位イジメして満足しちゃって、中位だけどヒロミ万歳ってなお決まりの結末になってしまうこと。

いい加減そんなの勘弁なので、常に危機感は持って行かなきゃな、と改めて思う。


スポンサーサイト
  1. 2007/05/13(日) 22:25:47|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<いよいよ! 06-07 UEFA CL FINAL | ホーム | 平日ナイター1万5千人もの観客、お疲れ!>>

コメント

勝利の喜びと複雑な感情

昨日の勝利は素直に喜びたいですし
選手の奮起する姿を見てうれしかった
です。

しかし、おっしゃるとおりこれで
満足はしていません。
だって今季の目標は優勝だったのでは?
内容的には今季のベストゲームだった
のですが、それはあくまでも今季の中
での話であって、目指すべき方向性を
模索した結果ではないという点で不満足
ですね。

個人的には原さんのいままでの指揮ぶり
から考えて、2005年を越えるような
サッカーを展開することはやはり無理
だと思います。

ということで、今回の勝利で解任する
タイミングを逸したという点では
私もちょっと複雑な気分です。
  1. 2007/05/13(日) 23:59:20 |
  2. URL |
  3. Scudelia TOKYO #-
  4. [ 編集]

勇人のシュート、シュートコースが開いてて打たれると思ったら打たれましたね。なんでコースに蓋をしなかったのかって思いました。ヒロミ試合前に曰く、リチェーリの先発は賭けだったらしいです。
あのサッカーじゃ夏なんて戦えないだろうし、もう少しヒロミの中で引き出しないものかと・・。あんなサッカーするなら福西取ってきた意味は????になりますね。
羽生が決めてたら・・・ぞっとしますね。。
ヒロミって頭を使うサッカーが出来なさそうです。まだまだ不安です。
久しぶりに鬱憤を晴らしてくれましたが。。

  1. 2007/05/14(月) 00:18:26 |
  2. URL |
  3. やまたろ #-
  4. [ 編集]

Re:

>Scudelia TOKYOさん
久々に選手が奮起している姿を見ることができましたね。
ヒロミのサッカーと選手個々の能力をみた時に、やっぱりあれくらいはやれば出来るんですよね。
今季これまでが酷過ぎたという事ですよね。
内容は悪くなかった、結果も出した。しかし仰る通り、それが方向性を明確にしたものなのかどうか判断つきません。
相手の戦い方にも大きく左右されてしまう域を脱しませんし・・・。
もしあの戦い方で行く!という事であれば、やっぱり天井や限界が見えており、上積みが期待できません。
何よりも勝ち点3が欲しかった。内容はともかく勝ち点3は非常に嬉しい!
しかし・・・。
愛するチームに対しては心苦しいのですが、残念なことに自分も複雑な心境です。


>やまたろさん
あの流れでいて、あそこで失点してしまうのは戦術的な事よりも精神的なものでしょうね。
大量得点の後に失点するのと無失点で終えるのとでは大違い。そこはこだわってもいい部分だと思います。
そういう意味ではリード時に落ち着いてしっかり繋いで、相手が前のめりになった時に頭脳的で展開力があり
追加点を奪いに行ける中盤の選手が活きてきますね。新戦力では福西、現有では伊野波、梶山に期待したいです。
それができないと夏は越えられないですね。前からプレスして奪ったらワイドにを90分敢行するのは無理ですが、
それ以外の指示があまり伝わってこないところを見ると、厳しい状況が続くと思います。
負ける時も勝つときも派手なものが多いので、勝つとそのインパクトさゆえに浮かれてしまうのですが・・・。
  1. 2007/05/14(月) 18:26:28 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/338-0e928d87

TATSU


logo1.gif




05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。