色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

俺の白黒、どこ向かう?

 会長
  ジョバンニ・コボッリ・ジリ(Giovanni Cobolli Gigli)

 新監督
  クラウディオ・ラニエリ(Claudio Ranieri)

 代表取締役
  ジャン・クロード・ブラン(Jean Claude Blanc)

 スポーツディレクター
  アレッシオ・セッコ(Alessio Secco)



ここ数年、名前を聞かなかったけれど(昨今の海外はユーベとCL以外に興味ない俺が知らないだけ?)、
新監督はラニエリですか!? あぁ、そうですか!?

微妙・・・微妙過ぎるぞ!!!
決まっちまったモンはしょうがないけれど、個人的支持率は40%以下だな。





ラニエリというとやっぱり“BABAコンビ(バティストゥータとバイアーノ)”、ルイ・コスタがいた頃のフィオレンティーナ。
エッフェンベルクやB.ラウドルップなんかがいたにもかかわらず実力で(不正や経済的理由ではなくという意味)
セリエBに落ちちゃったヴィオラを、セリエAに昇格させ、その後ジワジワと強くさせていったという記憶がある。
当時のセリエは7強時代と言われ、レベルが高いクラブ、優勝争いするクラブが多く、その一つとなったヴィオラだけど、
シーズン終盤には決まって優勝争いから脱落するのがオチの典型的なカウンター・サッカーだったよ~な・・・。

ラニエリの戦術って、ファンタジスタを起用できるカウンター・サッカーで、まぁいかにもイタリア的だよね。
ただし、リッピのような積極的なプレッシング・サッカーでもなく、カペッロのように創造を全て省くでもなく、
トラパットーニに近い、能力の高い中盤選手が比較的自由に力を発揮する戦い方かな。
過去のユーベの監督で例えるならね。あくまでかつてのラニエリに対するイメージだけど。

トラップユーベに多くのタイトルをもたらしているから、彼に近いのは悪くはないんじゃないかって??
いやいや、気に食わないのがそもそもイタリア的な匂いがするところですよ!
スペインのバレンシアやイングランドのチェルシーで悪くない程度の結果は残していたとはいえ、
ユーベの将来を考えた時に、ラニエリってどうなの?って事ですよ!
メンディエタやゾラを活かしたイタリア的なカウンターサッカーで海外クラブ監督経験を積んではいたけれど、
逆に外(スペインやイングランド)のクオリティとかメンタリティってのは培っているのか?って事ですよ!
とりあえずクリエイティブなサッカーではない、というのは間違いないだろうな・・・。

ラニエリが断っていれば、ここで就任を望んだスウェーデン人の彼がユーベに来ていたかもという話だが(笑)



前から書いている通り、ユーベは堅実で安定した強さとメンタリティを持っているけれど、
国際舞台において、ここ一番に恐ろしく弱い気質も持ち合わせてしまっている。
それは選手の能力を最大限に活かすというよりも、戦術に選手を当てはめる傾向が強く、
その戦術がはまっている時は滅法強いけど、行き詰まった時にフリーズしてしまう。
CLではリッピカペッロも負ける時はビックリするほど無抵抗かつ淡白に負けていったものです、はい・・・。


なんかせっかくセリエB降格というペナルティをポジティブに捉え、デシャン監督に期待して、
下部組織からの引き上げも含めて新ユーベ化が進んでいくかと思ったのに・・・。
これじゃよっぽどラニエリが新しい引出しを見せてくれないと逆戻りな感が否めないな。
イメージにあるラニエリであればそこそこな結果は出すんだろうけれど、結局CL出場したところで行き詰るだろうな・・・。


しっかし、俺のユベントスはどこへ向かって行くんだろうか・・・。

そもそも「セリエCでも監督を引き受ける」と言ってくれたCL準優勝経験もあるデシャン監督を切るとは!?
将来的なものなどビジョンが異なってきたとは言うけれど、フロントはイタリア的こそ最高最強だと思ってるのか?
それともセリエBでそんなに将来性のない戦い方をしていたのか?(今季のユーベ観てた人の意見はどうなの?)
デシャンの采配そのものへの不満なのか、ビッグネーム引き留め&獲得という圧力なのか・・・。
辞任なんて言ってるけれど、多くのティフォージからセッコへ批判が集中したという話だから、
確実にクラブ側が強引に辞任へと追い込んだんだろうな。
少なくともデシャンはあの状態のユーベを率いてくれ、人間的にも素晴らしい、元ビアンコネロ戦士。
しっかり1年でセリエA復帰を達成した男に敬意を欠いているのでは?と思わずにはいられないよ。


はぁ~、それにしても、憂鬱だ・・・。
そ~いやービアンコ・ネリとメランコリーってなんか響きが似てんな(笑)。


とりあえず、“Non camminerai mai da solo”とは言っておく。


スポンサーサイト
  1. 2007/06/05(火) 20:08:58|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<07欧州旅行 ~中欧3ヶ国の旅~ vol.1 | ホーム | あれから早3ヶ月>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/345-a33c6338

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。