色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

07欧州旅行 ~中欧3ヶ国の旅~ vol.1

第1弾 完オチ 】

6月15日(金)の現地ミラノ時間21:35、チェコのプラハからの飛行機を降りた俺と愛方は、
マルペンサ空港(Milano-Malpensa)構内を猛然と走っていた。
もちろんジョギングなんかではなく、ダッシュで・・・。

イタリア人やチェコ人他、欧州の大男どもの隙間を縫いながら、トランスファー・パッセンジャーのゲートを抜け、
手荷物検査をいち早く突破したのは愛方だった。
一方、機内持ち込みの手荷物検査をX線装置の機械に通してパスするも、
身に付けたベルトやら何やらで何度もボディチェックの金属探知機を働かせる俺。

笑いながら、しかし内心は焦りながら、プラハのルズィニェ空港(Letiste Praha-Ruzyne)で
アリタリア航空の係員に言われた言葉を思い出していた。

「大丈夫よ、乗り換えには十分時間があるわ(ウインク付きで)。」






プラハ市内の地下鉄A線の最終駅でもあるディヴィッカー駅(Dejvicka)を降り、市バス119番へと乗り継ぎ、
およそ25分程度でルズィニェ空港へ到着したのが、現地6月15日(金)の15:30の事。
そう、この日は欧州旅行を終えて、日本へと帰国する日であった。

  17:45 プラハ発  →  19:15 ミラノ着 (アリタリア航空)
  21:40 ミラノ発  →  翌16日(土) 16:25 成田着 (アリタリアとJALのコードシェア便)
   ※時間は全て現地の時間


プラハからミラノを経由して成田へという行程において、17:45にプラハを経つ飛行機に乗るには
少し余裕を持った行動を取り、そこまでは何の問題もなかった。

早めにチェックインを済ませて、空港で買い物でもと思い、電光掲示板やテレビモニターなどで
搭乗カウンターなどを確認してみる。
CHECK-IN”の文字がずら~っと並ぶフライト表の中で、搭乗予定のプラハ→ミラノのアリタリア航空だけが
何やら奇妙な文字列を綴っている・・・。

CANCELLED

始めはワケが判らなかった。
もちろん単語の意味は判るのだが、搭乗開始でもなく、遅れてるでもなく、きゃ、キャンセルだ!?
欠航ってど~ゆ~事だよ!?

それ以外に何も記載されておらず、時間だけが闇雲に過ぎていく。
時計に目をやると16:15と表示されており、何らかのアナウンスや記載が出てもいい頃だが・・・。

それと同時にプラハの空もいきなり暗くなり始めた。
欧州の初夏は日の入りが遅く、22時頃まで日は沈まないというのに、
と思った瞬間には空が光り、雷の音とともに大粒の雨が降り始めている。
何なんだ、この漫画みたいな不吉さは!?


16:30頃、チェックイン・カウンターの案内が表示され、そこへ向かうと
アリタリアの係員がえらく険しい、やや困惑した表情をしながら乗客に説明をしている。
自分達の番になり話を聞くと、「技術的な問題が起こったためミラノへは飛ぶことが出来ません。
すみませんがあちらのオフィスにてお手続き下さい。
技術的って何か、って? とにかく“Technical reason”!!」

おいおい、やっぱり文字通り欠航だったのね?
それに技術的な問題、技術的な理由って!?
F1レーサー時代の鈴木亜久里が自分のミスをマシンのせいにする言い訳、口癖じゃねーんだから!
って、んな話はど~でもよくて、じゃーどーすんのよ!?

ミラノが目的地なんじゃなくて、経由して帰国するんだよ俺らは!
16日に日本へ着いて、17日は時差ボケと戦いながら味スタで青赤バモバモしながら浦和を倒して、
18日には普通に現実の世界に戻って、会社の歯車しちゃう予定なの!

もちろんこの緊急時にそんな個人的な予定を親身に聞いていられるほど、さすがのイタリア人もおおらかではない。
そそくさと航空券にメモ紙を貼り付けながら、アリタリア航空のオフィスへ進むようにと案内された。

アリタリア航空のオフィスでは客の一人ひとりの話に随分と時間が掛かっている。
俺らと同様にその便が飛ばないと問題が生じる人が多いという事を物語ってた。

ようやく自分達の番になり、ミラノ発成田行きの便に間に合わなきゃいけない事などを告げると、
チェコ航空での代替を案内された。

  19:00 プラハ発  →  20:35 ミラノ着 (チェコ航空)


げっ!?
トランジットに1時間しかね~じゃんかよ・・・。
俺の表情から何を思っているのか察したオフィス係員はしかし、険しい表情から一変して最高の笑顔を見せた。

「大丈夫よ、乗り換えには十分時間があるわ(ウインク付きで)。
では、18:30には出発ゲートでお待ち下さい。」


チェコ航空で搭乗手続きを済ませ、ラゲージを預けたのが17:00頃。
プラハの空は依然として暗く、閃光と轟音を引き起こしながら放電を続けていた。


余裕を持って空港に着いたのに、更に待ち時間が増えてしまったため、構内でショッピングしてみたり、
タバコを吸いに喫煙所へ行ってみたりするのだが、ど~しても気持ちが晴れない。
な~んか嫌な予感が増徴されていく・・・。


18:30に電光掲示板に表示されていたゲートへ行くと、まだフライトの手続きが始まっておらず、
チェコ航空が遅延すると完全に15日の便で成田へ飛べなくなる。

ふと01年のチャンピオンズ・リーグ決勝旅行を思い出した。
ミラノ発パリ行きの飛行機が遅れ、パリから成田への飛行機に乗り遅れてしまった時の事だ。
あの時は海外旅行も数回くらいで慣れておらず、非常にテンパった。
幸いなことに日中の話で、同日夜の成田行き便が手配できたため、逆に空いた時間を有効活用すべく
何も知らないパリの街でも飛び出して観光することが出来た。

しかし、今回乗り遅れた場合,夜のミラノ市内へ行ってもねぇ・・・。。
ブランド品に興味がない俺にとって、ミラノはカルチョがなきゃ何も魅力的ではない退屈な街。
ドゥオーモも未だに工事中なはずだし、4回も行ってるがゆえに観光スポットも飽きている。
こりゃ空港ホテルで缶詰状態だな・・・。

色々な事を考えていると時計の針は既に18:55を指していた。
よーやくアナウンスが入り、乗客がゲートの方へ集まりだし、俺らも立ち上がったその時だった。

あれ!?
愛方と見合った瞬間に同時に血の気が引いていくのが判った。

「行き先がミラノじゃない! げ、ゲートが変更されてる!!!! 」

航空券を見ると間違いなくそこのゲートだが、モニターを見るとゲートが変わっていた。
おい、出発まであと5分じゃね~か!?
猛然とダッシュして変更されたミラノ行きの出発ゲートへ移動し、何とか間に合った。

ところが、ホッとしたのもつかの間、今度はその飛行機がなかなか飛ばない。
機内でずっと待たされた挙句、ドリンクまで用意され始めた時にはさすがに30分以上の遅れを覚悟した。
ミラノで乗り換えがある!いつ頃飛ぶ?など客室乗務員に聞いても、「すみません、判りません」の一点張り。
もう少し細かい英語が話せればもっと具体的な話が出来るのだが、と自分の語学力のなさを呪う。

結局ミラノ行きの飛行機が離陸したのは19:50過ぎで、単純計算すると21:30にミラノへ着くことになる・・・。
トランジットは10分・・・・。

アホか!?


事前に成田行きの飛行機に乗る搭乗手続きを済ませれば、構内アナウンスで名前を呼ばれて
離陸を待って貰えるはずだが(過去に数回経験あり)、それ自体が出来ない状態なので完全にお手上げ!
マルペンサ空港のプラハ発ミラノ行き便が着陸するターミナルが、ミラノ発成田行きと同じとは限らないし、
ゲートが近いという保障もない。

「どの時点で開き直るか、そこだね。出来るとこまでやってみようか。」
半分は焦り、半分は笑いながら愛方とそんな話をしながら機上の人となった。


単純計算にほぼ狂いはなく、21:25にミラノへ着いた。
着いたというのは文字通り飛行機が着陸したことを意味するだけであって、乗客が順々に飛行機を降り、
滑走路をバスで移動して、到着・乗換えゲートまで行くには更に時間が掛かる。
バスに乗り込み、そのバスが滑走路を到着ゲートへ向けて走り出したのが21:32だった。
あと8分の間に、バスが着いて、ターミナルを確認して、乗り換えの荷物検査をして、
搭乗手続きをして、出発ゲートを探して・・・。
もう駄目か・・・・。

その時、滑走路を走るバスからJALのジャンボジェット機が見えた。
成田行きの飛行機はアリタリアとのコード・シェア便で、機材等はアリタリアだが見た目はJAL。

「あれだ! 間違いない!! 機内が見える! まだ人影がないぞ!!」

その機体からさほど遠くない場所でバスが止まったので、開き直るという選択肢を一瞬にして捨て、
欧州の大男たちの合間を掻き分けてマルペンサ空港構内をダッシュ、ダッシュ!!
手荷物ゲート手前から走りながらズボンのベルトを外し、ポケットの中身を取り出し、
颯爽と金属探知機を潜り抜け、いち早く関門を突破した愛方に続き、
キンコンキンコンと2度ほど音を鳴らしつつも3度目のトライで関門を抜け出た俺・・・。

アリタリア航空のオフィス係員め、乗り換えには十分時間があるだぁ!?
バカがぁ~! “Not enough”だっつ~の!?(苦笑)


飛び込んできたモニターで成田行きのゲートを確認し、更にラン&ラン!!

成田行きのゲートに着いた時には、出発手続きを終えた乗客から次々に機内へと歩を進めているところだった。
係員の下へ行き、腐り切った英語といんちき過ぎなイタリア語を駆使して事情説明すると、
「ゆっくり話してくれれば日本語が判りますよ。」と、優しい顔の持ち主であるイタリア人男性係員が受け付けてくれ、
滞りなく搭乗の手続きを行ってくれた。

「えぇ~っと女性の方のお名前が違うようなのですが・・・。」と係員。
「4ページ目を見て下さい。」と俺。
「あぁ結婚されて名前が変わったのですね。おめでとうございます。」

その瞬間に初めて、あぁそうだ、この旅行はハネムーンってやつだったんだ、と落ち着きを取り戻した。


とにかく、間に合ったぞーーーー!!!!

なんと、僅か5分という時間で国際線の飛行機乗り換えを成功させたのだった。
(その後、幸か不幸か成田行きの便も遅れ、機内で20分ほど待った末に離陸。)



てなワケで、スイスのチューリッヒとルツェルン、オーストリアのウィーン、
そしてチェコのプラハ旅行から無事に帰国しちゃったっけ(笑)
友人の間では、俺の海外旅行は何かとネタになるハプニングがあると知られているらしいけれど、
ここまで順調に来た旅行の最後でハプニングに遭遇しちゃったっけ!!(笑)

成田行きの便に乗り、まずは安堵感と旅行の余韻に浸った。
そして今旅行の機内の友である横山秀夫の「半落ち」を読みながら、疲れからか爆睡しちゃってました。
色んな意味で 完オチっす!!(笑)


さて、このエントリーを読まれた賢明な方は気付いてらっしゃるかと思いますが、
そんなトランジットじゃ間に合わないだろ?というモノがありますね。
はい、そうです!
今頃、俺と愛方のラゲージはミラノから東京へ向かっている空の便の中か、
未だマルペンサ空港にあるかと思われます(苦笑)

という事で、今回の欧州旅行記はプラハで預けて成田で受け取る予定だった
ラゲージが無事家に戻ってきてから、随時ゆ~っくり綴ってみるつもり。

冗談抜きでちゃんと戻ってくりゃいいけれど・・・。


スポンサーサイト
  1. 2007/06/17(日) 02:25:40|
  2. サッカー観戦旅行他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<もういい加減イイんじゃねぇの? | ホーム | 俺の白黒、どこ向かう?>>

コメント

海外でのトラブルは言葉の壁がある
緊張感とドタバタ感が良いよね!!!
貴重な経験が自分の冷静さを養うのだ!!

無事帰宅おめでとう。

っで結局チェコはどーよ??
  1. 2007/06/22(金) 14:58:31 |
  2. URL |
  3. ZAMORANO #-
  4. [ 編集]

Re:

>ZAMORANO兄ぃ
かすかな望みが残っちゃってただけにドタバタ劇場になっちまった(笑)
あっちでは良くあることかもしれないけれど、周りじゃあんま聞かない話しだ。
俺、やっぱり持ってる!?(笑)

ラゲージも無事に戻ってきたから、兄ぃとをいさんにネドベドからの土産を渡すよ。
そのうち飯でも。

徐々に旅行記UPしていくから、まぁ覗いてみてくれ。
チェコはお薦めだぜ!!
  1. 2007/06/22(金) 23:44:40 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

ひさしぶり!

またまた伝説を作りましたね、TATSU君!!
それもハネムーンに(笑)。でもこれでまた愛が深まったりなんかして。ほほほほ~!
でもなんだかんだでいつも切り抜けてる?!

everythig happens for a reason. これも何か意味があって起きたのね~(と思いたいよね)。でもこれぞ旅だね!!

そういえばN子も毎度伝説を作るけど、5月に行ったスペインのマドリッドの空港で同じように、ラン&ラン&ランしたそうです(笑)。



  1. 2007/07/14(土) 00:11:34 |
  2. URL |
  3. ちぃちぃ #-
  4. [ 編集]

TATSU@Author

>ちぃちぃ
伝説とは言い過ぎだけど、またもや勝手にネタが付いて回ってきちゃったよ(笑)
ハネムーンとはいえ、順調な旅行なのが逆に俺にとっては不自然?な感じだったから、
望んだハプニングじゃないけど、最後に印象と思い入れがより強くなったよ。
こーゆーのって結構日常での判断力に繋がるかな~と。

確かに、これぞ旅!って感じですかね?(笑)

N子も色々とネタを提供しそうなタイプだよね~。
そろそろちぃちぃの伝説が語られる番??(笑)
  1. 2007/07/15(日) 20:42:40 |
  2. URL |
  3. Re:ひさしぶり! #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/346-b36d03bc

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。