色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【白黒】 挑戦、ゼロからの出発!

07-08ユベントスの背番号がよ~やく発表されたんね。

■Portieri (GK)
   1 : ブッフォン (Gianluigi Buffon)
  12 : ベラルデ (Emanuele Belardi)
  31 : ノベンブレ (Cristiano Novembre)

■Difensori (DF)
   2 : ビリンデッリ (Alessandro Birindelli)
   3 : キエッリーニ (Giorgio Chiellini)
   5 : ゼビナ (Jonathan Zebina)
  14 : アンドラーデ (Jorge Manuel Almeida Gomes Andrade)
  18 : ブームソン (Jean Alain Boumsong)
  19 : クリシート (Domenico Criscito)
  21 : グリゲラ (Zdenek Grygera)
  28 : モリナーロ (Cristian Molinaro)
  33 : レグロッターリエ (Nicola Legrottaglie)

■Centrocampisti (MF)
   4 : アルミロン (Sergio Bernardo Almiron)
   6 : ザネッティ (Cristiano Zanetti)
   7 : サリハミジッチ (Hasan Salihamidzic)
   8 : カモラネージ (Mauro Camoranesi)
  11 : ネドベド (Pavel Nedved)
  23 : ノチェリーノ (Antonio Nocerino)
  24 : オリベラ (Ruben Olivera)
  30 : チアゴ (Tiago Cardoso Mendes)
  32 : マルキオンニ (Marco Marchionni)

■Attaccanti (FW)
   9 : イアキンタ (Vincenzo Iaquinta)
  10 : デル・ピエロ (Alessandro Del Piero)
  17 : トレゼゲ (David Trezeguet)
  20 : パッラディーノ (Raffaele Palladino)


オフィシャルには “ I numeri di maglia ” とあったが、じゃあ maglia(ユニフォーム)はいつ発表よ?
というのは前回の【白黒】エントリーからずっと気になっている・・・。
まさか、連日のテストマッチやら無駄な冠付きカップ戦で使用している練習着チックなものが
そのまま公式ユニフォームになるワケじゃないよね?(真っ黒な奴は去年同様アリだけど。)
あれで本決まりなのかな~。全部2ndユニフォームっぽい・・・。






さて、背番号はともかく今期の俺のユーベ・メンバーを見てみると、これまた大幅に変わった印象を受ける。
この時期の移籍云々に関しては情報を追うのがしんどいのであれこれ構ってらんないけど、
失礼な話、誰だ?と、名前と顔が一致しない選手もチラホラ・・・。
移籍市場の締切りが例年通りであるならば、まだこれから多少の出入りはあるかもしれないけれど、
降格に至ったシーズンの選手陣、セリエBを戦った愛すべき戦士などから、結構の変化が見て取れるよね。
嬉しい事に主力というべき(ユーベへの愛情や野心が感じられる)選手に変化はないけれど。

恐ろしいね、降格に遵ってチームを組むのって。
難しいね、昇格に合わせて体制を再構築するのって。
カテゴリーが変わった、監督が代わったともなれば当たり前の話なんだろけれどね。


おい! 「補強が地味」とか言うなや!!(笑)
21世紀のユーベはそれこそ、テュラムやらエメルソンやらカンナバーロ、ビエラなんかの
降格決定と同時に見切って出て行くようなワールドクラスな大物を獲得したりしてたけれど、
元々ユーベはネームバリューは無くとも実用性のある選手や、将来性が大きく感じられる選手の獲得に長けていたよね?
大ブレークする前から目を付けていた“ロビー”バッジョ、移籍を大きく扱われなかった程度だったジズー、
決してスターとは呼べなかったネドベドあたりは、ユーベで大きく成長してバロンドール受賞者となったワケだし、
極僅かの人にしか存在を知られていなかったアレにしろ、プロビンチアの雄だったビエリやザンブロッタ、カモラネージ
あたりはユーベで大いなる飛躍を遂げたといっても過言ではない。
せいぜいアタランタで得点王になって加入した“ピッポ”インザーギや、パルマ時代から世界を代表するGKと言われてた
“ジジ”ブッフォンくらいじゃないの?実績(土産)を持っての加入選手は。(あくまで俺から目線)

何が言いたいのかというと、それでもインテルやラツィオ、ローマとは違い、タイトルを獲得し続けてきたんだから、
セリエA復帰となった今期でも、これらの補強で戦っていけないとネガティブになる必要はないという話。
もちろん確実に優勝を狙うに十分な戦力かは判断しかねるけれども、ユーベに加入した事で
インターナショナルクラスからワールドクラスへと飛躍する選手が出てくるかもよ?
結局、やってみないと判らないよね~。今期は目に見えない “B...astA” な力も備えているし(笑)


テストマッチのハイライトなんかを観ていると、チーム全体守備の連動性や守備陣の連携に時間が掛かりそう。
ただ、昨今のサッカー界では特にセンターバックが人材難で、簡単に計算できる選手を獲得するには
至らないというのもあるし、育成にも時間を要するので、地味と言われる今の戦力でも
ある程度のメドは立っているんじゃないかな?と。これでやるしかない!と。
現時点でアンドラーデ、ブームソン、レグロッターリエに信頼を置けというのは無茶!!!を承知で(笑)


とはいえ、やっぱり最も気になるのはラニエリ監督が展開するカルチョフットボール。
特にネガティブな要素は無いんだけれど、個人的にはセリエはもとより欧州で通用する、
CLでここ一番に負けないではなく勝ちきれるチームを目指していけるかどうか。
トラパットーニ、リッピ、アンチェロッティ、カペッロと、欧州での殻みたいなものを破りきれなかった
ユーベのメンタリティをラニエリ新監督が進化させる事が出来るかどうかに注目していきたいね。

で、パラパラと見ていた何かの媒体で、ラニエリ新監督の簡易インタビュー記事を読んだ。
ナナメ読みしていたけれど、彼のアレに対するコメントが俺を引き付けた。
確かこんな内容だったと思う。

  「彼はいつもチームの事を考え、献身的にプレーしている。
   ホントに偉大な選手だ。ただし他の偉大な選手がそうであるように、
   “もっと自分自身が思うままに、楽しんでプレーをしたらどうだ?”と話した。」

セリエAという、ユーベという、常に結果が求められる環境において、シーズン前から
チームの象徴である選手にこういう言葉を掛けられるイタリア人監督は稀だと思う。
馴れ合いとは違う、選手と監督としていい関係を築いていこうとする雰囲気が感じられる。
(リッピとロビー、カペッロとアレの関係とは大いに異なる、という感じかな。)
俺だけの新バンディエラ、ブッフォンがユーベ残留を決意し、ラニエリを人格者として
評価していたのも何だか頷ける気がする。(これらだけが判断材料ではないけれど)

就任当初はこんな事を書いてはいるが、少なくとも今はラニエリ新監督を信じていこうという気にさせられた。
(もちろんユーベを指揮する者への俺のスタンス、期待するものに変わりはないけれど)

Sfida, Partire da Zero!


スポンサーサイト
  1. 2007/08/22(水) 12:46:44|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<【白黒】 07-08 Maglia Bianconero | ホーム | 【青赤】 打ち上げ花火 スタジアム内から見るか?スタジアム外から見るか?>>

コメント

TATSUさんこんにちは。もう開幕して2試合過ぎちゃってますが、今季もよろしくお願いします。
(2節終わってなんと首位ですよ!!!正直試合内容すっっげーーー危なっかしいですけど(^∀^;)

補強についてのご意見、激しく同意です。
特にカペッロ時代2年間の「既に出来上がった名選手」を買うのって、ユヴェらしくなかったですよね。地味な補強で、名前だけ並べるとインテルやミランと比べて「ぱっとしない」感が漂いつつ戦わせてみるとチーム力で強い ってなユヴェのほうが萌えます(笑)
まぁ、さすがに今は再構築中だけに「地味な上に連携もまだまだ」みたいなことになってますけど(苦笑)気長に見守りたいです。

ブッフォンはまじで「新バンディエラ」っぽくなってきましたね~。
特に第2節(カリアリ戦)観てしみじみ思いました。スーパーセーヴでチームを救ってくれただけでなく、既にチームをまとめる方面まで貢献してくれてて頼もしすぎ。残ってくれて本当によかった(TT)

ところで
実は「口調バトン」というのをもらってしまいまして。できれば次TATSUさんにお渡ししたいなぁと思ってるのですが~。
いつぞやの"Moggi e Giraudo"がおもしろかった記憶から「モッジで」とか指定しちゃってますが(笑)別に他の人物でもいいし、ひとりじゃなくてまた対談形式でもいいし、なんならFC東京関係の人でもかまいません。
もし気が向いたらもらってやってください。スルーでも全然OKです~。
  1. 2007/09/05(水) 14:47:32 |
  2. URL |
  3. Luka #.2MCFEQU
  4. [ 編集]

Re:

>Lukaさん

スカパー解約しちゃっていて、もっぱらネットやらのダイジェストのみですので、自分の方こそよろしくです。

8~9月は合宿疲れが出るものだし、新監督での船出ですし、いつになく多くのテストマッチをこなしていたので、
あまりコンディションがおもわしくなく、好発進の可能性は高くないと思ってましたけど、
セリエA復帰という喜び?楽しさ?がそれを上回っている、といったところでしょうか。
カップ戦も含めて、既存選手と新規加入選手の活躍、結果がバランスよく出ている感じで喜ばしいです。

今期キャプテンマークを付ける機会が多くなったブッフォンですが、ゾフ、タッコーニ、ペルッツィとユーベ兼アズーリGKは
腕章を巻く系譜にあるので、数年前からユーベに残る限りはバンディエラな存在になるだろうと思ってました。
ピンチもかなり多いですが、ブッフォンが退屈しちゃうのもユーベに残ってもらった意義がなくなるので、ある程度は、ね(笑)

ちょ~っとセリエAのユーベ戦士としてパーロ、マルキージオ、デ・チェリエ、シオベンコ、ヴェニトゥッチあたりを
みてみたかったんですけど、昔から育てて売る(貸す)という事もやってた側面もあるので、
出入り共に地味なのはしゃーないかな、といったところですかね。ミラノのチームみたく飼い殺しをしない健全なクラブですし(笑)
やっぱりチーム力で強いという方がユーベらしくていいですね。
今後勝てない時期がしばらく続いても、ちょっと先を考えて見守りたいですね。


「口調バトン」ですが。面白そうなんですけど、ちょっとすぐにはネタが思いつきません・・・。
申し訳ないっす!!
昨シーズンはタイミングを逃しましたが、いずれモッジとジラウドには出てもらうつもりなので、
その時にでも活躍してもらいます。全く期待せずにお待ち下さい(笑)
 (FC東京の場合も考えましたが、選手も監督もフロントもキャラがファンに知られ過ぎてて、
  濃いネタを提供できないとド滑り確実なので、怖くてできませんでした。笑)
  1. 2007/09/06(木) 23:20:24 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/361-36cc9826

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。