色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

07年・夏 リフレッシュ完了!

昨年のこの時期にも同じようなタイトルでエントリーした気がするが・・・。
いいのいいの、毎度まいどエントリー表題なんて、しょせん後付けですから。


去年、入籍と同時に一気に倍近くに増えた親戚の数。
その中で唯一、俺がお会いしていない親戚を訪ねるべく、夏の旅行を兼ねて挨拶へ行く事にした。

 残暑が続く8月の下旬、
 赤ぇのと埼玉スタジアムで試合し、
 その終了ホイッスルから約半日後には、
 東京を、いや関東を、もとい本州を脱出し、
 ドデーンと存在感を放ちまくってる桜島を望むべく、
 初の九州、初の鹿児島市内(城山)に降り立ってましたとさ。






とにかく凄ぇよ、桜島、すげぇ~んだよ! わっぜえか!なんですよ。
錦江湾(鹿児島湾)に浮かび上がるその存在は、この地のシンボルだろ~ね。
町の至るところから見えるもんだから、ロケーションをわざわざ選ぶ必要もないワケで。

朝(6:00)はこんな感じ。
夕(18:00)はこんな感じ(夕立の後だったけど・・・)。
某ホテルの展望温泉から眺めるシンボルに、色んな意味でのぼせ上がっちゃいましたよ。
夜は・・・・・うっ、全く見えね(笑) 桜島から上がる花火はキレイだったけんど。


せっかくなので、フェリーに乗って桜島へも行ってみた。
日中は10分毎に出港しており、片道約15分で着く。運賃はなんと150円!? 安っ!
どこまでも広がる青空と、太陽光を美しく反射させる碧海、そこに浮かび上がる山容は異彩を放っていて、
船が進んでいくと同時に、茶色い山肌が迫ってくる。
頻繁に噴火を繰り返してきた歴史を持つ桜島は、御岳と呼ばれる活火山によって形成されていて、
資料館ビジターセンターでは、噴火について数々の説明や、様々な情報が展示されている。
なぎさ遊歩道を歩きながら、流出された大中小様々な形の溶岩を見て、これが飛んでくるんだもんな~、と。
めちゃくちゃ暑くて、歩くのはもちろん、立っていても汗が吹き出てくる状態だったけれど、
溶岩はそんなモンじゃなくて、人間が溶けてなくなっちゃう熱さなんだよな~と思うとゾッとする・・・。
           







せっかくなので、いおワールド かごしま水族館へも行ってみた。
品川、池袋、鴨川、葛西臨海などの水族館へ行ったことがあるけれど、そんな話も今は昔。
巨大水槽で泳ぐ躍動的な魚から、美しく集団で泳ぐ熱帯魚まで、水に生きる動物を見学した。
中でも目を引いたのがサメのコーナー。多種のサメを見ることができたけれど、特にシロシュモクザメにはビックリ!?
あれ鮫かよ!? 岩明均の『寄生獣』に出てくるキャラクターみたいで、目が外に飛び出てる(笑)
サメは歯が舌側に常に数列の予備歯あって、数日で生え変わるらしい。
実際に触ったけど、あんなのに噛まれた日にゃひとたまりもないね。体をバラバラにされて確実に死ぬわな。
メインはイルカのショー。いやショー(見世物)とは言わずに同じ地球に住む仲間として、イルカの時間ゆーてたな。
変な表現だけど、ホントに利口というか、聴覚や視覚に優れているな~と。(サメの視覚もハンパないらしいが。)
         







せっかくなので、仙巌園(磯庭園)へも行ってみた。
薩摩藩主・島津光久が鶴丸城(鹿児島城)の別邸跡として作った庭園で、国の名勝文化財になっている。
壮大な借景がとても美しく、背後の崖の中には「千尋巌」と彫り込まれた大きな岩があって素晴らしい。
とはいうもののここを見学している最中に夕立に見舞われ、落ち着いてゆったり優雅に見学するとはいかなかったが・・・。
でも、そのおかげ?で桜島をバックに、錦江湾に壮大な弧を描く、これ以上ないくらい美しい虹を見ることができた!!
         







せっかくなので、石橋記念公園へも行ってみた。
鹿児島市内を流れる甲突川には、上流から玉江橋、新上橋、西田橋、高麗橋、武之橋の五つの大きなアーチ石橋が架かり、
「甲突川の五石橋」と呼ばれて親しまれていたそうな。けれども集中豪雨による洪水で、五石橋のうち新上橋、武之橋が流失し、
他の3つも河川改修に合わせて移設・保存されることになったんだと(義叔父談)
つまり、あたかも橋!な感じで写真を撮ったものの、実際にはそこに川なんて、ない(笑)
     







せっかくなので、土地のものを色々と食べてみた。
『我流風』では厳選された豚骨を使用した、マイルドで独特のラーメンを(写真じゃ全く伝わらんが器の形がおもろい)。
屋台ラーメン系の『味心』では、黒豚丼、塩とんこつ黒豚ラーメンを。
途中インターバルで白熊アイスなんぞを食し、黒豚カツとじ丼をも胃に流し込んだ。
         





さつま揚げ(オーソドックスのもの、チーズが入ったもの、他にもニラ、ごぼう、レンコンが入ったもの)も、
そらぁたくさんつまんだっけ。



せっかくなので、義親戚の家ではたいそうな手作りご馳走を、コース料理かのようにたらふく頂いた。
あっ、これはせっかくじゃなくて、この旅のメインでした(笑)


その他、市電、市バス、シティビューバス乗り降り自由な1日券を有効利用して市内を観光。
幕末から明治維新に活躍した西郷隆盛や大久保利通などの生誕地を巡ったり、天文館をぶらついたり、
レンタル・サイクルで海岸線の風を感じてみたり。
帰京直前、空港正面の西郷公園で日本最大の人物像『西郷どん』の前で同じように腕を組んでみたり。
       







何だかんだ南の都市を満喫し、鹿児島空港を飛び立った半日後には会社の歯車しちゃってましたとさ。

でも、気分、リフレ~~~ッシュ!!


スポンサーサイト
  1. 2007/08/29(水) 23:35:25|
  2. 日々の出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<【青赤】 久々ホーム勝利!も、なぁなぁサイクルへの不安 | ホーム | 【青赤】 Bonnie and Clyde>>

コメント

桜島!

鹿児島へ行ってみたくなりました。
なによりもどっしりと腰を下ろした
感じの桜島の雄大さがいいですね。
空が本当に青くてきれいです!
あとは橋もいいですねぇ。
川にかかっているのかと思ったら
橋公園なんですね。
ラーメンに黒豚丼読んでいるだけで
食べたくなってきました。
  1. 2007/09/01(土) 00:21:48 |
  2. URL |
  3. Scudelia TOKYO #-
  4. [ 編集]

Re:桜島!

>Scudelia TOKYOさん

仰る通り、ホントにどっしりと腰を下ろしたという表現がぴったり何ですよ!
鹿児島はかつて上から見るとクロワッサン型の地形だったらしいのですが
桜島噴火の繰り返しによって鹿児島市の逆側にくっついちゃったみたいなんです。
自分は鹿児島市側の観光をしたのですが、逆から見るとまた違った表現になるかもしれません。
写真に残せなかったのですが、着陸前に飛行機から見た桜島も圧倒的でした!

石橋は行くと拍子抜けすること必至です(苦笑)
黒豚は柔らかくて美味しくて次々に口に入れてしまい、ゆっくり味わう余裕を持てませんでした(笑)

行く機会があるとすれば、鴨池での試合(天皇杯)くらいですかね~。
  1. 2007/09/02(日) 12:44:28 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/364-93df5123

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。