色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【青赤】 愉快、痛快、怪物くん!!

 連勝中でノッてる時に中断に入ってしまった東京とは異なり、
 連敗、監督も変わり飛び道具搭載の選手も加わり、ここいらで中身を
 ちょいと煮詰めるためにも!ってなブレイクを入れる事ができた横浜FC。

 東京の勝利を信じて疑ってはいないけれど、相手が最下位だと思って
 ナメてかかったらヤラれんな、と思いながら国立へ向かった。


緑は省くとして、国立にアウェイ側として行くのはなんだか慣れないというか、試合開始まで仕様や居心地的に
落ち着かない面があったけれど、結局は国立って“俺たちの”スタジアムって感じだったな~。

てか、どんな事情にせよ、柏とか甲府とか、この日の横浜FCとか、アウェイ側のチームよりも遠いチームが
ホームとして開催する試合ってなんだかな。
毎年1回ホーム試合を松本アルウィンに行ってやらなきゃいけなくなったらと立場を変えて考えたら、
素晴らしいスタジアムとはいえ、東京にも松本にもやっぱりメリットないもんな~。



    2007年 第25節
     横浜FC vs FC東京  国立競技場






俺はチームよりも個人が優先されるって事に対して首を縦に振る性格じゃないけれど、
それでも我がチームの怪物君がピッチに立っていなければ、もはや東京の戦いに色褪せを感じるし、
怪物君なしで今後の東京の隆盛は有り得ない!くらいに捉えている。

規格外なプレーができる、その怪物君が五輪代表の試合でたいそうな怪我をした。


着地瞬間の膝の曲がり方があまりにも不自然だった。
その後立ち上がって歩いていたから、武南時代に不自然な膝の曲げ方(敵にパスの軌道を読まれないように)で
信じられないスルーパスを出しまくってた現横浜FMの上野みたく、まさか間接がもう一個ある天才なんじゃ?
と思ったけど、なんだかんだで診断結果を見て絶句しちゃったよ。
本人もブログUPして、直後の東京の試合を意識したコメントしてただけに、
誰よりも予想外の大怪我にショックを受けたんじゃないかな?

フル代表にも話の内容が帯びていくくらい、北京五輪代表や協会に対して色々と物言いがあるけれど、
そーゆーのを抜きにして、怪物君不在は東京にも五輪代表にも非常に大きな痛手であることは間違いない・・・。
(しっかしアトランタの小倉といい、シドニーの小野といい、五輪予選って中心選手が怪我する運命にあるのかね?)

彼は精神的にタフというか、一部の心無い自チーム・ファンから“理不尽な”野次や罵声を浴びせられても
焦らず慌てず、平然と自分のプレーができるので心配はしてないけれど。

ユース代表の時みたいに、仲間のアジア予選突破を信じていくしかないだろうね。



で、五輪はともかく肝心な話は東京。

この日の試合を見ていても何か欠けているというか、こじんまりしちゃっているというか。
相手がせっかく質の低いパスで馬鹿丁寧につないでくれてるんだから、奪いところを明確にしてプレスを仕掛けて、
奪ったら縦にも横にも有効的に展開していけば、もっと楽に自分達主導に試合を支配できるのに、
大きくサイドチェンジする事も、裏に走り抜ける事もあまりなく、狭いサッカーやっちゃって・・・。
福西ゴールの過程は素晴らしかったけど(なぜ赤嶺のゴールと間違えたんだろか?笑)、
怪物君不在の影響が決して小さくはないな、と感じたのが正直な感想。


でも、東京にはもう一人、規格外な怪物君がいましたね。

何度も続いた決定機を決められず試合も停滞気味、そこへ相手に飛び道具搭載選手が入り楽観できない状況なのに
ダラダラな流れでフラストレーションがたまりそうな状況だったけれど、そんな局面を木っ端微塵に吹き飛ばす
スーパー以上にスーパーなゴールが生まれちゃったんよ!!!

あの場に居合わせた事に幸せを感じるというか、東京にとって語り継がれる伝説的ゴールを目撃したという、
説明困難な高潮に包まれたよ。感情をコントロールできない興奮の度合いが濃ゆ~いのなんのって!!


誰も育てる事のできない才能を持ちながら、その才能を活かせるシチュエーションではない場面。
誰よりも得点したい立場にいるだろーけど、リードしていて無理する必要がなく、サイド攻撃というチームのフォローが
得られ難い状況での投入に、使われるタイプの選手にとっては気の毒だな~、と思っていたけれど、
違った形で持っている才能を十二分に駆使し、完全に個人の規格外な打開で決めてみせたね。

マジで凄い! 凄過ぎる!!



得点力不足を嘆くわりには、FWの最初の仕事として守備を求め、その貢献度によって出場選手を決めるフシがある代表関連と
それに従おうとして自分の良さや才能を伸ばせず制限に縛られる選手が多い、悪循環な部分がある我が国のサッカー界。

規格外な選手、理解を超えるような選手の力を引き出せる環境はクラブにしかないと思うので、
そんな選手が2人も所属している幸せな東京は、使い方を間違えずに力を引き出していかなきゃいけないね。
彼らが揃って力を発揮した時、東京は最低でも優勝争いできるチームだと思うので。


チーム以上に個人を優先するのはリスクが大きいし、それを推奨する事はないけれど、
稀有な才能や育てられない才能を持った選手の能力を活かせるような戦い方をチームが身に付けた時に、
相乗効果でチーム全体のスケールがアップする可能性も秘めているので、バランスを保ってトライしていって欲しいな。

東京のように、チームそのものが伸び悩んでいる中、もう一段上への殻を破っていきたい境遇なら特にね。


スポンサーサイト
  1. 2007/09/17(月) 12:40:01|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<Ecouter 音楽を愉しむ vol.1 | ホーム | 【青赤】 妄想、潰える・・・>>

コメント

はい。平山君やってくれましたね!
才能があるだけに努力を願う!!

先ほど成増にフットサルしてきたんだけど、
うちらの前の時間帯にアイドルチームが練習してました。
たぶんモー娘の妹分のベリーズなんとか。。。
あとその他、ピチピチかわいこちゃん。。

問題はそこじゃなく、そいつらを教えてるコーチ陣。
男子三人でテニスボールでリフティングしてんだよね。
中でも一人の黒人が激巧!
遠め目にはフォロラン・マルダ、、
エリック・アビダルのような、、、

近づいてわかった!!

ミスター東京。アマラウ!!

つーかいくつだよ??
完全にトップアスリートの体系を維持してました、、、
  1. 2007/09/20(木) 00:34:22 |
  2. URL |
  3. ZAMORANO #-
  4. [ 編集]

Re:

>ZAMORANO兄ぃ

ワグネル・ペレイラ・カルドーゾ、“キング・オブ・トーキョー”ことアマラオ、だね。
まぁ怪我がちだったとはいえ、ゆーても今年まで現役だったからね~、アマは。
この前も東京の試合を観に来ていたし、23日の清水戦でも試合に駆け付けて
ファンに挨拶するらしいし、元気そうで何より。
単なるプロじゃなくてアマに教えてもらうなんて、そいつら羨ましいな(笑)

ちなみにミスター東京というと、藤山竜仁のことになります。

平山のゴールは凄かったよ!
相手が最下位で時間帯的に消耗しているとはいえ、浮き球で上手くボールコントロールして、
上半身でも相手をしっかりブロックして、それだけでも乳酸溜まりそうな距離なのに、
最後は優秀なGK菅野を冷静に交わしてゴール!! いや~あの場にいれて幸福だったよ!
試合はグダグダだったけど・・・。まぁ最近は勝ち点積み上げ重視なので勝ったからいいけど。
  1. 2007/09/20(木) 11:29:37 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/367-d17d7b4e

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。