色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【青赤】 走れ動け!じゃなくて、工夫を!

 「あ、その時間は会議中かもしれない、ですか・・・。
 えっ?いやいや、そこまでの話し合いが出来なくても問題ございませんよ。
 ロビーで5分程度でも進捗状況を聞かせて頂ければと思いまして、はい。
 ちょうど別件で近くに用があるものですから、ついでで申し訳ないですがお伺いします。」
 と、ネジ込み系で横浜方面の客先に無理矢理アポを取った。
 定時ではギリギリ間に合わないために、理由を付けて早々に職場を後にするために・・・。

平日のJリーグ、アウェイ横浜戦に乗り込むための常套手段である。

ところが客先でまさかの質問攻めに合い、ロビーで5分のつもりが会議室で60分近くの話し合いへ。
大誤算の末、結局定時退社とほぼ変わりないスタジアム入り時間になってしまった・・・(苦笑)



    2008年 第4節
     横浜Fマリノス vs FC東京  ニッパツ三ツ沢球技場






♪一本で~もニンジン、二足で~もサンダル♪ってな、なぎら健壱的な歌に合わせたつもりか、
♪ニッパツで~も三発♪と、3失点も食らっちゃいましたよ、ええ。


前半にモニが肩をヤッてしまい、肩が上がらない状態にもかかわらず、そのまま使い続けるってのは無理がある。
そつなくプレーしているつもりでも、ここ一番の場面でかわされたり、前でインターセプトできなかったりと、
個人的な局面で不備が出てしまった。本人は必死だったと思うし、結果論なんだけど、今後の事も考えて
前半で交代したほうが望ましかったのでは?

もちろんこの日の敗因や失点がモニの責任かといえば、断固として違う。
あれだけ山瀬とロペスというオフェンシブな選手を自由にさせたら、そらぁヤラれるよ。
ただでさえスペースが空いていたら自分でガンガン前に行くタイプの選手だし。
完全に中盤での守備の綻びだよね。

じゃ、なぜ中盤の守備が破綻したかというと、単純にボールの失い方がよろしくないからだと思う。
回しているんだか、回させられているんだか、活きたパスではないパスに終始して取られたり、
逆にパスコースがなく右往左往している間にかっさらわれたり、シンプルに展開すればいいところで
な~んか難しい事やろうとして失敗したり、前線がキープできずに奪われたり・・・。
中澤と栗原(前にも書いたけど東京に欲しいな)のCB、中盤の底に松田という横浜の布陣で、
中ばっかで勝負しても難しいよ。攻撃が中途半端で、それをフォローしようとSBも含めて前がかりになろう
というところで奪われているケースが多いから、倣ってCBもラインを上げようというのは怖くてできないよね。
相手の守備がいいと、東京の現状ボロが判り易く露呈されてしまう、まさにそんな試合だったという印象。

この日に限っては、相手GK榎本のボール処理能力も考慮に入れて裏に蹴ったり(多少あったが雑だった)、
もうちょいサイドを有効活用しないとね。
もっともっと工夫して欲しいな。色んなアイデア、選択肢を増やして欲しい。
ドリブルで切り崩そう!とか、まずはシュートを!とか、ゴールに向かった意識を高めてくれれば・・・。

頼もしくもあり残念でもあるんだけれど、そういった工夫や自分が!というプレーをしてくれたのが、
長友だったり、大竹だったりと、今期トップチームに加入した若手選手だけだった。
中堅どころ以上の選手がもうちょっとプレーと声で現状を打開していかないと!

また、不可解な判定が多かったとはいえ、敗因はレフリーにあったワケじゃない。
この日の内容でレフリーへのスケープゴートってのは一部の東京ファンの焦りか!?
あのコールは誰にも影響を与えてはいないと思うのだが・・・。



ここまでの試合で感じる事は、城福さんが考えているフットボールには、エメルソンが必要なんじゃないかな、と。
彼の出来が試合を左右するほどの影響力を放つ選手になるのでは?と第1節の時点で早くも書いちゃったけれど、
Jリーグの4試合観てきてエメルソンの居る居ないでは、明らかにチームのポゼッション・スキルが変わってくる印象。
彼は味方を活かすのも活かされるのも抜群に上手い(ナビスコ2試合見ていないので断言できはしないけど)ので、
早期復帰を願ってやまないよ。
まぁ他の中盤の選手が両面を身に付け、状況によって使い分けてくれればいいんだけど。

また、よく「動けぇ~!走れぇ~!」という声が客席から聞こえてくるけれど、動かないからダメってもんでもない。
動くがゆえに居て欲しいところがポッカリ空いているなんてことも往々にしてあるし。
特にFWなんてフィニッシュの部分ではゴール前に顔を出してもらいたい。決定的な仕事をしてもらいたい。
カボレは観ていて能力も高いし、Kリーグで得点王になったくらいだから自分のカタチってのを持っていると思う。
それを周りが理解し、活かせるような動きを加えてあげないとね。カボレもまだ遠慮がちに見えるぞ。
平山もポストプレーでのヘディング(ゴールに背を向けた際の競り合い)はともかく、横からのクロスや
センタリングに対するヘディングは強いので、ストロング・ポイントで勝負できるようチームメイトに要求してもらいたい。
ハーフウェイライン付近ではサイドに流れてボールを受けて欲しいけれど、時間稼ぎ系以外でコーナー付近へ流れて
ボールを受けてもねぇ~・・・。


守備から攻撃を考えるという前任者の発想とは異なり、まず攻撃からという城福監督の発想は好感が持てるし、
フットボールを面白いものにさせるという要素がたっぷり詰まっている。
けれども発想が違うとはいえ攻守は表裏一体なので、リスク管理も考えながら攻撃しないとね。
ハッキリ言って城福さんのフットボールは俺好みのフットボールだ。
今は試行錯誤して当然だし、勝てば内容はどうでもいいとか、負けても内容が良かったから満足とか、
そういう切り口だけで判断したり、何かを決め付けるタイミングでもない。
ただ、この4試合7得点9失点ってのは、たまたまではなく東京の現状を如実に表していると思うので、
5月が終わる頃にはある一定のカタチを構築していってもらいたい。

しっかし悔しいわぁーー!!
次のホームではしっかり勝ちましょう!!


スポンサーサイト
  1. 2008/04/03(木) 22:40:57|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<【青赤】 ホームでよ~やく勝利も、まだ遠慮してない? | ホーム | 【青赤】 美しく、頼もしく>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/392-ff407a41

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。