色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【青赤】 ホームでよ~やく勝利も、まだ遠慮してない?

 vs札幌という意味では、近年対戦が無かったためにイメージがあまり
 沸いていなかったけれども、vs三浦俊也監督という意味で考えた時、
 1点差のゲームになるんじゃないかな~と思った。
 三浦さんが大宮の監督をやっていた時、中盤とディフェンスの2ラインを
 ビッシリ形成されてゴール前を固められ、東京はいつもやり難そうに
 攻めあぐねていたからね。今の東京はカウンターにも脆い状態だし・・・。

先制点が非常に重要だなと。



    2008年 第5節
     FC東京 vs コンサドーレ札幌  味の素スタジアム






試合前のメンバー発表メールを受信した時はちょっとビックリした。
色々試しているとはいえ、ホントに今期の東京のスタメンは読めない(笑)
普段、東京の練習やスポーツ紙、掲示板などをチェックしていれば判るんだろうが・・・。
いや、ひょっとしたらそれでも予想するのは簡単じゃないのでは?と思うくらい。
どんなメンバーが出てきても、根本的にベースとなる部分にブレがなければ本当の意味で層が厚くなる!
と捉えているので、城福さんが狙っているあえて固定しない、競争のメリットに期待しているけどね。


まずは結果として、この日の勝利は非常に喜ばしかった。
今期はちょっとでも優勝争いに加わりたいとの思いから、連敗だけは避けないと!と願っていたし、
今期ホームでの勝ちを熱望していた。何せ思い出せないくらい味スタで“眠らない街”を歌えていなかったからね・・・。
いや、冗談抜きで前回の味スタ勝利がいつどの対戦相手だったか思い出せないんすよ。
(記憶力低下よりも調べる気なしの方が問題か?苦笑)

とにかくホームでの勝利は気持ちがいいね!!


序盤のセットプレーからのピンチには、正面から直射日光を受けているにもかかわらずヒンヤリしたけれど、
その後はさほど失点の雰囲気がなくクローズしたので一安心。
失点続きだったがゆえに完封を望んでいたし、失点0で終えられたというのは嬉しい結果。
佐原とブルーノという遠くから見たら細身で長身のセクシーなモデル系CBコンビが、連携が浅いワリには
よく抑えていたかなという感じ(相手的にボロが出難かったというのもあるけれど・・・)。
佐原は横浜戦に続き、空中戦ではほとんど負けてないし、ブルーノはラインコントロールの指示や、
時折攻撃の展開に一役買っているような絡みをみせてくれていたし。二人とも遠慮感がないのがいい。
共に東京での公式戦経験と連携が浅い、怪我明けという面を考慮した時に、この完封は評価に値する。
もちろん彼らだけの力じゃなしに、浅利や金沢あたりが特に素晴らしいプレーで貢献していた。

この日に限らないけれど、カウンターを食らった際には上手くボールをタッチラインに出して
相手の攻撃を一旦簡単に切ろうとしているね。本当は奪ってマイボールに繋げて欲しいけれど、
失い方が悪い、かつ中盤が戻りきれていない状況を考えて、切っておくというのは有効的だね。
メンバーが固定されてきて、攻守の連携が整うまで、しばらくはこのやり方でアリだと思う。


攻撃に関しては、もうちょっと得点という面で守備に貢献してあげて欲しかった。
結果として、予想通りの1点差だったけれど、追加のチャンスは十分あったからね。

カボレの迫力のあるドリブルや上手くて強いマイボール処理からのゴール、大竹の鋭い突破や
ワクワクするチャンスメイクなど、それぞれの味がチームプレーからいいアクセントを生んでいたのは
いいんだけれど、他の選手ももうちょっと自分で行く姿勢を押し出してもバランスは崩れないと思う。
采配の妙も大いに感じるけれど(長友のあのポジションの投入により、試合中選手のぎこちない
話し合いが何度か・・・)、結局カボレと大竹が退いてからは何とも味気がないというか
得点の匂いが消え失せてしまった・・・。後半の15分~30分あたりが今はキモになっているので、
あそこで攻撃陣の選手は特に、自分がというプレーで誰もが引っ張っていかないと、
毎度常に相手の時間帯になっちゃう。
攻撃力のあるチーム相手では、あの1点だけでは持ちこたえられなかったと思う。

特に羽生には物凄く遠慮が見られてならない。相手としてみていた千葉時代には
危険な存在だったけれど、東京ではそれが出ていないのが気になる。
オフ・ザ・ボールで貢献度が高いのは判る。
遠いところからフリーランニングしてボールを奪ったり、スペースを埋めたり。攻撃もしかり。
でも、それって何というか二次的なフォローの動きなんだよね~。
顕著だったのは、終盤にカウンターでの大きな追加点チャンスが左右1本ずつあったと思うけれど、
ゴール前に誰もいない状況で、サイドを突破しようと試みる選手の後ろへ受けに行った場面。
敵がマークに付ききれていなかったので、中のスペースに飛び込んでゴールを狙ってくれや、と。
俺が求めているのはバイタルエリアでの突破、サイドからのえぐり、ミドルレンジからの積極的な
シュート、そして質のいい動きでフリーでゴール前に飛び込んで行くといった部分で、
自らゴールに向かってブレイク・スルーしていく本来の羽生像からすると東京では非常に物足りない。
新加入でチームに合わせる気持ちがあるのかもしれないけれど、自分の良さを消す必要はないと思うので、
もっと相手にとって危険な存在になる素のプレーを出していって欲しい。

羽生だけに限らず、主体的な攻撃サッカーを志す場合は、特に中盤の選手に求めるものは高い。
判断のスピードにしろ、動きの臨機応変さにしろ。
でもバラエティに富んだ個性的な能力を持つ選手がバランス良く揃っていると思うので、
それぞれの活き方や良さが出始めた時、このチームは飛躍的に成長しような気がする。
だから今、周りを気遣ってセーブしてたら、せっかく色んな可能性を模索しているのに選択肢が減ってしまう。
出し惜しみしている場合じゃないし、行き過ぎたら回りがコーチングしてくれると思うので、
どんどん自分の持ち味を発揮していってもらいたいな。
皆さん、大竹を活かすようなプレーで満足するほど、ベテランじゃないでしょ?(笑)


スポンサーサイト
  1. 2008/04/06(日) 00:51:44|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ぶったまげーしょん! | ホーム | 【青赤】 走れ動け!じゃなくて、工夫を!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/393-5ffd117f

TATSU


logo1.gif




05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。