色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

08年・夏 リフレッシュ完了! ~北の大地へ vol.1~

北の国、北海道 ―。
東北地方を含めて日本列島北方面に行ったことがない俺としては、我らがFC東京と
コンサドーレ札幌の試合を機に、北の大地へ足を踏み入れるつもりだった。
けれども、なんせ今まで東京絡みの遠征旅行ばかりで、ついに愛方から物言いが入った。

「毎回、青赤系出費ですか?」と。
「我が家はオレンジ・ネイビーがメインキャストになる事はないのですか?」と。

夫婦に妙な主従関係が生まれると、あまり良いことはない(笑)
札幌三浦監督は元大宮監督という事もあり、正直東京との試合よりも楽しめそうな気もするし、
東京側の試合も是非行きたい札幌ドーム開催ではなく、厚別公園競技場での試合なため、
それならと来月青赤としての北海道行きを諦め、大宮が札幌と試合をするのに絡めて
初の北海道へ行くことに。






一日目は試合と合わせて札幌プチ観光を。
新千歳空港に降り立ち、市内へ出て真っ先に感じたことは、非常に気持ちの良い気候だという事。
まるで初夏のヨーロッパにでもいるような涼しさ!
それなりに日差しは強いもののウエッティな気持ち悪さはなく、日陰や時折吹く風ではむしろ寒いくらい。
ここ10年弱、毎年5,6月にヨーロッパ旅行していた身としては、今年は遊びに行けずに残念な気分で
いたけれど、いやいやどーして北海道!
文化や街並み云々はともかく、体感的には欧州同様、実に気持ちがいいじゃないかい!
(もちろん冬はめっちゃ辛そう・・・寒がり屋な俺は夏に訪れるべきところだな。笑)


 ベタではあるけれど、早速観光名所の時計台へ。

 周りにビルが立ち並び、景観という意味では微妙だったけれど、
 訪れた時がちょうど12時!
 時を刻み伝える鐘の音が聞けて嬉しかった。


小腹が空いてきたので近場のラーメン屋 『桑名』 で、味噌らーめんと豚骨らーめんを頂戴する。
■メニューの謳い文句
 味噌・・・純正天然味噌を使い、三ヶ月寝かしたタレはじっくり熟成させたまろやかなコクと、
      風格のある味わいが自慢です。
 豚骨・・・北海道の人に合うよう、豚骨スープと白しょうゆを主体に天然調味料を配合し、白湯スープ、
      栄養価の高いビタミンEが多量に含まれており、上品な味に仕上げました。
ともにさっぱりしている感のあるスープなんだけれど、麺としっかり絡み合っており、後味に深さを感じる。
味噌は特に美味しかった。
     






続いて市内を一望すべくテレビ塔へ。
東京など晴れていると逆に遠くが霞んでしまう事が多いけれど、ここ札幌は空気が綺麗に澄んでいるからか
遠くまで実に見渡す事ができる。真っ直ぐに伸びる大通公園を始め、その向こうには円山、別の角度には
札幌ドームやら、ビール博物館やら。
     










そして、この日の試合会場である厚別へ。
夏の晴天だから言えるのかもしれないけれど、厚別公園競技場からは山(丘?)が見え、
風が心地よく、どこかのどかで清々しい。

 試合はというと、開始直後のPKで札幌が先制し、
 直ぐさま2点目が入ったかと思いきやオフサイド。
 大宮の切り替えが非常に早く、瞬く間に速攻を仕掛け、その流れで得たCKから同点に。
 札幌からしてみれば 2-0 のつもりが一瞬にして 1-1 へ。ここが分岐点になったと思う。
 後半に大宮が逆転し、オレンジ・ネイビーは前期ホームの借りを返した。
 札幌は昨年から続いていたリーグ戦15試合負けなしの厚別で16試合ぶりに黒星となった。

同じ土俵で戦っている他所様のチームについてあれこれ言うのはおこがましいけれど、
立ち上がりを除けば終始大宮のペースだったと思う。中盤の佐伯の守備が素晴らしかった。
札幌は藤田の突破からクロス以外では得点の匂いがしなかった。
双方共に決定機は少なかったけれど、流れを止めていたのは選手云々以上に
審判の裁量だったような気もする。ちょーっと笛吹き過ぎだったよな~、と。
ともあれ、北海道に足を運んで愛方の大宮勝利を目撃できたのは非常に喜ばしい!!



 試合後は厚別からすすきのへと移動し、ご当地ものを食する事に。
 ラム肉はあまり好みではないのでジンギスカンはやめて、
 せっかくなので奮発して 『かに家』 でカニ料理を。
 注文したのは、「かにサラダ」、「本タラバかに太巻き」、
 そして大雪の清水より作られた特製醤油をベースにした秘伝のだしで頂く
 「ズワイかにすき」と、まさにカニ尽くしのカニまみれ。

由緒ある店の佇まいと安心してくつろいで食べれる空間に、カニの味がより一層引き立てられる。
そもそも手を汚して食べる料理って億劫なんだけれど、そんなのが気にならない、
というかそんな事を気にして食べないのは大損だと言わんばかりの贅沢美味。
がはぁ~っ、ゴチっす!!
         







胃も心も満たして店を後にすると、東京のまとわり付く暑さとは違い、気持ちよい風が体を包んでくれる。
そんなすすきのの街中をゆっくり気ままに歩いていると、界隈ではお祭りで地元民が賑わっていた ―。
(しっかし、辺りを見渡すと、まー“泡の園”の看板まみれでしたな~。笑)


次の日はちょっと足を伸ばして小樽へ。


スポンサーサイト
  1. 2008/08/12(火) 21:19:07|
  2. 日々の出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<08年・夏 リフレッシュ完了! ~北の大地へ vol.2~ | ホーム | 【青赤】 雨の味スタって、勝率低い気が・・・>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/404-aadd188e

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。