色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【青赤】 セットプレーも武器に

 毎年この頃に開催される恒例のブラジル・デー。
 スタンドが青赤ではなく、カナリア色のシャツに身を包んだ者たちで目立つ日だったのも今は昔・・・。
 サンバ隊も年々縮小気味で大勢を率いて場内一周ってのは3~4年前ので最後って事なんか?
 結構圧倒的なド迫力だったのに。。。
 その後の試合をゴール裏と共に、でもリズム合わずにぎこちなく応援するサマも、微笑ましかった。
 ブラジル・デーがブラジル・デーじゃなくなってきたよな~と、ここ数年感じている。


とはいえ、サンバ隊が登場するとその周辺の観客は落ち着きが無くなり、いつもはハーフタイムに空席が目立つ
ゴール裏もこの時に限っては離席率が低い(笑)
電光掲示板にプリンプリンした桃が映し出されると、女性は憧れの表情を浮かべ、男性は真剣な眼差しを注ぐ。

皆、嫌いじゃないのだ。

ハーフタイム練習に出てきたはずのウチの13番は、何度も躍動的に桃が動いている方角をチラ見~の、ちらっティングしていた。
あんなに長身の彼が腰の辺りの姿勢を悪くして背が低く見えたのは関連があるのかないのか・・・(笑)



    2008年 第24節
     FC東京 vs 大宮アルディージャ  味の素スタジアム






横か後ろにしかトラップをしない波戸が珍しく縦に勝負し、長友のチェックが甘いがためにセンタリングを上げられ、
波戸の突破と長友のルーズさという2つの大きい予想外な“事件”に東京守備陣の中央は準備が出来ておらず、
ラフリッチに先制点を獲られてしまった。(徳永のマークのズレは仕様か!?笑)

前半はミスが多く内容は決して良くなかった。自らペースを壊していた感がある。
それに加えて昨シーズンからメキメキと力を付けてきて、1試合に何度かはビッグセーブを発する大宮GK江角が、
この日も神が宿ったが如く東京にゴールを割らせてくれない。
今期の大宮は今までの引いて守ってカウンターという戦い方からポゼッションサッカーに生まれ変わり、
自分たちの時間というものを構築し、効率化できるようになった。
この相手と最近の東京的に2点以上獲るのは非常に難しい。
更には大宮の味スタに対する“劇場”バリな相性の良さが加わると・・・。
先制されてしまった以上は良くてドローである。

通算8度目の対決にして、初めて隣合わせに観戦した愛方ダービー。
青赤な人々に囲まれながらバックスタンドに腰を下ろした愛方は、その状況にも決して慌てず、
「もらったな」という目で、むしろニヤニヤしながら余裕を持って戦況を見つめていた。

流れといい、スコアといい、ここ数試合の中でも最悪な前半だった。G裏からはブーイングも。
(その後に件の桃セレモニーである。ぷりぷりのプリンプリンがストレスを浄化していったのである。)


試合前に控え室に繋がる通路で見てしまった桃に “心と体の一部” を奪われ、プレーに精彩を欠いていたこの日のエメルソン。
後半のっけから彼に代えて石川を投入すると縦への流れが出来始めた。
けれども江角のビッグセーブは相変わらずだし、流れからの得点は難しい雰囲気だった。
そこへCKからとFKからの同点・逆転劇である。
赤嶺のヘッドに大竹のビューティフルゴール。
セットプレーで逆転は大きな意味をもつ。内容が良くなくとも、劇的に状況を変える。
状況が変われば余裕が生まれ、本来の姿が必然的に現れる。
ただのオプションではない、武器としてのセットプレーが昨年までは皆無だったけれど、
今期は徐々に期待が抱けるようになってきた、かな。

3点目はパーフェクト! ラフリッチが審判に物言いをし、大宮の選手がそれに釣られて切り替えられないでいたところ
塩田が長友へフィードしたタイミングで石川が縦に猛ダッシュ。思わず「出せ!」と叫んでしまった次の瞬間に、しっかり
それが見えていた長友が前方へフィード。珍しく縦に突破し、先制点を導いたこの日の波戸が、珍しく簡単に裏を取られ、
石川が抜け出した時点で勝負あり。赤嶺のダメ押し点はボールを触るだけで良かった。

この瞬間はさすがに愛方の顔が見れんかった。高らかにワッショイを決め込み、弛緩しまくった顔を見せた日にゃ
円満な夫婦生活に多少なりとも亀裂が生じるのではないかと、気を遣える余裕があったのだよ(笑)

久々のホーム勝利! 初めての味スタ大宮戦勝利!

皮肉な事に、このブラジル・デーの最後の笛を聴いた時、ピッチ上の11人は純国産な青赤戦士だった。
まぁ、だからどうって事ではないけれど、これもまたフットボールだよな~。


自分たちの目指すフットボールがブレないように、でも結果が出ない時は効率良いセットプレーで。
まだまだ上位争いは続けて行きますぞぃ!!


スポンサーサイト
  1. 2008/09/15(月) 23:08:11|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<【青赤】 頼もしき倉又ベイブス | ホーム | Ecouter 音楽を愉しむ vol.5>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/411-e1a03bca

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。