色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【青赤】 如何せん、テディベア当たんね~な

 いやぁ~、ド完敗!! ハッキリ言って清水は強かった。
 勝ち点と順位を額面通りに受け取って力量を判断しちゃダメだね。
 川崎ほどじゃないにせよ、まとまってる。守備にはフィジカル的な強さがあって、
 中盤は上手く試合をコントロールすべく構成力があり、FWは自分で何とかしようと
 いう意志があって、しっかりしたチームだよな~。でもって現実的な戦いをされた感じ。
 自クラブにダメ出しする以前に、こーゆー部分の差を認めないとアカンね。

ついでに毎年気合入れて当選を念じてるテディベア、アカンなぁ~~。



    2008年 第28節
     FC東京 vs 清水エスパルス  味の素スタジアム






ただそんな相手でも負けなくて済むポイントってのはあったはず。
前半立て続けに失点してしまっては元も子もないけど・・・。
結果的には前半終了間際の失点、東京が1点返した後の失点が勝敗に大きく影響した・・・。
(個人的には浅利、今野、梶山を同時起用した際の配置にやや問題があるかなと。)


残念というか悔しいというか、そもそも情けないのが、先制された場面。
確かに素晴らしいシュートだったけど、しっかり寄せてないのが失点に繋がったかと。
数年来書いてるし、何度も感じている事だけど、どーにも改善しねーよな。
最近エントリーの度に指摘してるけれど、こんくらいなら大丈夫だろうっていう尺度がホントに甘過ぎる。
寄せてかわされた時に、追うのシンドいから距離空けてるとも取れるし。もはや単なるサボりだよな~。
「見ぃーてぇーるぅーだぁーけぇ~~~!」 ってか、オイ!!
如何せん、これしかし!!
グラビア・アイドルんとこにでも行って、寄せがどんだけ大切か学んで来るぐらいしてもらわないと(笑)
もう、この期に及んであんまし言えねぇよ。
逆に言ったら、あれくらいの隙があれば、東京もミドルレンジからガンガン打ち込んで欲しいのだが・・・。


ここへきてあれだけ大敗したらショックは大きいけれど、開き直ってやるしかない。
川崎戦みたいに先制できれば、その後のプランが組み易くなるとは思うし、
先制できなくても耐えるところはしっかり耐えて、その時を待つというやり方もある。
最悪勝ち点1を確保というプランニングも必要になってくると思うし。
とにかく上を意識して、食らい付いていくしかないんだから。


しっかし戸田ですよ。去年同様に途中投入後のっけのプレーがファールって!?(笑)
ただ、ダメ押しかつ試合を閉めたミドルには驚愕もんだった。あんなん持ってたんかぃ!?



終盤に向けて1戦1戦が重要になってくるのはもちろんなんだけれど、
同時に今シーズンも早いもので残り2ヶ月・・・。
終わりが見え始めてきて、更には夏から秋に入ったというのもあり、何だか寂しさもこみ上げてくる今日この頃。
ファンとして俺自身が、目標というかテーマを持って、試合そのものも十分に楽しんでいかないとね。


スポンサーサイト
  1. 2008/10/06(月) 22:55:37|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<大いなる遺産 | ホーム | 【青赤】 9月は全勝物語! さすが俺の誕生月!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/417-2ffec596

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。