色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

10年・夏 リフレッシュ完了! ~北の陸から~

 歴史を感じさせてくれる街並みや溢れ出るその雰囲気、情緒、風情を楽しむ事を、
 国内外問わず好んできた者として、国内で必ず訪れたい場所の一つが金沢だった。

 03年夏に住んでいたパリに匹敵しそうな勢いの、今年の日本の猛暑(湿気分、日本の方がタチ悪い)。
 その中でも上位にランクされる熱さの北の陸へ。ずっと行きたいと思ってた金沢へ ―。
 加賀/山中温泉や福井の東尋坊とあわせて楽しんできた。






ブログに割ける時間が取れないもので、ほぼほぼ写真で記録残しっ、と。

まずは、“加賀百万石”の城下町、石川県都・金沢を。
『妙立寺(忍者寺)』 ~ 『にし茶屋街』 ~ 『長町武家屋敷跡』
             






続いて、『ひがし茶屋街』 ~ 『金沢城』
             






でもって、やっぱりゆ~ても、『兼六園』
           






夜景も撮りに行っちゃったっけ。
『ひがし茶屋街』 ~ 『中の橋』 ~ 『主計町茶屋街』
           







茶屋街は、出格子が美しい家々が軒を連ねて城下町の面影を残しており、その佇まいを味わう事ができた。
『にし茶屋街』は保存されている地域がわずかだったけれど、『ひがし茶屋街』 と 『主計町茶屋街』は
浅野川の流れとともに情緒が漂っており、今までに行った歴史地区の赴きとは異質で粋な空間だった。

単純に、観光地としての整備の違いなのか判らないけれど、「にし」は何となく大衆的というか下町気質感があり、
「ひがし」は品格があって山手な感じがした。
たまたまそう見えるだけで意味はないと思うが・・・。

夜景はまた雰囲気が全く違ってみえたけれど、共通しているのはきらびやかに彩られている上で妙味があるところ。
心に安らぎを与えてくれますねぇ~。


『金沢城』はですね、正直言って、その~あまりにも暑くてですね、陽が非常に強くてですね、
写真だけ撮って、行った事実を残した程度でギブアップでしたよ。

『兼六園』に至っては、気候的条件にプラスして、ワリに人が多くてですね、いかに日陰をつたって歩けるか、
みたいな感じででして、ぶっちゃけ堪能しきれなかったんですわ。
あれだけ緑に囲まれているにもかかわらず、精神的涼しさが得られないんよ。
もういちょい心地の良い時期にゆったりのんびりしたいものです。


グルメに関しては、代表的な郷土料理として知られる “じぶ(治部)煮” の丼もの やら、
こだわり廻転寿司で有名な 『まいもん寿司』 で北陸・日本海のネタを頂戴しましたよ。

んま~い!でした。


でも、特筆すべきは、大聖寺川に掛かるこおろぎ橋にほど近く、部屋から鶴仙渓が望める山中温泉街の
某旅館(湯宿)で頂いた、北前船に盛り込まれた山海の幸を豪快に炙っちゃってぇ~~な、炭火焼料理
これ、他の料理も含めてマジで感動的絶品の味でして、今旅行が一層思い出深いものになったね。
温泉に浸かった後に頂戴した、寒天と卵で手作りされた生姜風味の加賀郷土料理“べろべろ”も美味しかった。



福井県の『東尋坊』へは、加賀温泉駅からレンタカーで約45分。
ちょいと足を伸ばす程度の感覚で行ってきました。
             







日本海の荒波がつくり出した豪快な岩肌の柱状節理は見事なもの。
国の名勝・天然記念物に指定されている岸壁は高さが25メートルに及び、
断崖は迫力があり、見下ろす景色も圧巻だった。
ただそれ以上に、天気の良さが演出する青い空と碧い海(決して蒼くはない)が
視界いっぱいに広がっており、なんともスケール感溢れる壮大な景色で、心揺さぶられたね。


移動にはそれなりの時間を要するものの、振り返ると2泊3日は恐ろしくあっという間だった。
こうした仕事以外でのまとまった遠出は久し振りだったのもあるし、
那須とか軽井沢とか、もはや行き慣れてる近場の保養地ではなく、
ずっと行きたかった金沢含めた北陸に行けたという達成感もあり、
心に深く刻まれる充実した旅行だったな~。

北陸新幹線が開通する頃、また行きたいな。


スポンサーサイト
  1. 2010/09/04(土) 16:07:35|
  2. 日々の出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<【青赤】 東京のフィロソフィーを確立して欲しい! | ホーム | 大胆!? いやいや、粛々と予想してみる>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/434-a8094b9f

TATSU


logo1.gif




03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。