色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【青赤】 札幌ドーム体感!

 この寒い冬の時期に、雪の降りしきる北国へ ―。

 J2というカテゴリーにおいて、おそらく最後になる、
 であろう試合(そうありたいね)に参戦すべく、
 初の札幌ドームへ行ってきた。
 (やっぱ厚別公園競技場より断然アクセスいいね。)

 
ホームとアウェイの違いは当然あるけれど、チームは別として、ファンの緊張感の度合いや
賭けるモノの大きさ、差がそのまま結果に出た試合だったかな。
とにかく、状況からするに、相手のモチベーションや雰囲気はすさまじかった。

もちろん、ハナっから負けるつもりで参戦しに行くほどアホじゃないし、
試合中も余裕こいてた訳じゃないのですが・・・



    2011年 J2 第38節
     コンサドーレ札幌 vs FC東京  札幌ドーム





札幌ドームは、これまた素晴らしいスタジアムだった。
外観も独特で、雪の中ではあるが噂のオープンアリーナ側も見てきた。
           






そもそもサッカー用の天然芝グラウンドと、野球用の人工芝グラウンドの併用可能ってのが凄い。
昔、東京ドームで人工芝によるサッカーのイベントとか開催されてたりしたけれど、
いかにも野球場でサッカーやってますというようなグラウンドのいびつ感が否めなかった。
でも、札幌ドームには違和感がなかった。
 (まぁ、一方で併用がゆえに日本ハム・ファイターズのスケジュールが優先となり、
 札幌はドームよりも厚別を使う羽目になっている、とは札幌ファンの元同僚の弁。)

グラウンドの転換と同時に旋回式座席で仕様を変えられるってこと自体が半端ないね。
実際の動きは見たことないけれど、ホーバーリング・ステージってな機能が優れているんだろうな。
映画 『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』 でホーバーボードなるものが登場したけれど、規模が桁違いだ。

かつて毎年恒例だったUEFAチャンピオンズ・リーグFINAL観戦で行った、ポルト時代のモウリーニョが
初のビッグイアーを手にしたゲルゼンキルヘンのアレナ・アウフシャルケ(現ヴェルティンス・アレナ)
ピッチが可動式だったけれど、やはりどちらも天然芝の育成が考えられたいいシステムだね。
もちろん広大な土地を必要としますが。
90年イタリアW杯に向けて屋根を増築した結果、荒れに荒れたピッチと化してしまった
ミラノのスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(サン・シーロ)の大失敗を教訓にしているのかな(笑)

また、ちょっと遠目だったけれど、子供向けの施設(試合日ナーサリー?)も充実!?
子供をスタジアム内の託児所に預けて、親は観戦ってな。
うちの娘は試合観て応援しているが、あんな施設見せられたらそっち行くだろうな(笑)

グラウンドも観易いし、来季よりトラック導入が予定されている味スタと
既にトラックのある国立競技場を我が家とする者としては羨ましい限り。
         







一応試合についても。
1失点目は、うちの右サイドをフリーで突かれたけれど、完全にアプローチ遅れ。
状況からして、もっと早く寄せられたと思う。
2点目は、時間帯的に非常に痛かった。結局これが大きな1点だった。。。

谷澤が1点返した後、流れ的に同点にできる雰囲気となり、実際に同点にはしちゃうのが青赤だ!
と思ってたけれど、そこは崩れなかった相手の集中力や精神力を称えるべきですね。

試合後に残ったのは悔しさだけだった。
何か目標を既に達成してたとしても、やっぱり負けるのは嫌だな。

で、この日の札幌は昇格が懸かっていたのもあって熱気が尋常じゃなかったと思う。
いつものドームでの札幌がどんなかテンションか知らないけれど、あれを毎試合続けるのは
もたないだろうし、それが出来たら昇格どころか、J1の覇権争いに参戦しているだろうね。

ともあれ、札幌にはおめでとう、そして今季は負け越したので、
来季は借りを返す、とだけ言っておきます。
           







さて、札幌のグルメ。
ここ数年で、札幌は仕事も含めて15回くらい行った事になるので、新しいグルメ散策は特にない。
どれも一度は行った事のある、ベタなセレクトだけど、やっぱんま~いでした。

 『一国堂』

 ここのお薦めというか、オーダーが多いのは正油らーめんなんだと。
 正油も塩も食べた事あるが、今回はみそらーめんを。
 普通に美味いが、ここでは正油の方が好きだな。
 次は蛯わんたん麺にトライしてみよう。


 『だるま』

 言わずもがななジンギスカン。数あるジンギスカンの中でもお気に入りの店。
 定番ご当地だと思うが、気取りがなく、とにかく美味い。結局はタレなんかな~。
 この日は週末という事もあり、観光客が多かった印象だけど、
 地元のサラリーマンがフラッと立ち寄って食って、という感じ。


 『すみれ』

 味噌ラーメンとすみれ御飯(すりごま、綿糸玉子、きざみのり入りに
 すみれ特製味噌で漬けた明太子をのせたもの)を。
 スープのコクや麺のコシ、そしてそれらの絡み具合が絶妙で
 かつては油断して舌をやけどしたけど、気を付けて十分に味わった。

『桑名』とか、『寳龍』とか、ら~めん共和国で『そら』とか、『白樺山荘』とか、『大心』とか、『あじさい(函館)』とか、
他にも色々なところで食べたけれど、やっぱ、『すみれ』の味噌が一番好きだな。
 

 『千歳鶴酒ミュージアム』

 アルコール、特におびぃるが苦手なお子ちゃま舌な私ですが、
 このところ少量ながら日本酒(特に純米酒)や焼酎(北海道はしそ焼酎の鍛高譚とか)を
 飲むようになってきた。たまたますみれの対面あったので、どんな日本酒があるのか
 知識も含めて参考に。今度ここの酒にトライしてみようかと。



この時期含め、札幌は慣れているつもりだったが、最後に飛行機欠航というオチが待っていたとは!!

という事で、同じ青赤ファン(当ブログでもおなじみのうるっち~)夫妻が日曜帰京だったので、
彼らに札幌アテンドする意味も含めて、再度札幌グルメを楽しんで、1泊余計に札幌滞在しましたとさっ!
でも、隠れ家的ないい感じのバーを見つけたので、結果オーライどす!!



スポンサーサイト
  1. 2011/12/05(月) 23:47:25|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<【青赤】 2012年元日、俺たちの国立へ | ホーム | 【青赤】 J1昇格とJ2優勝と>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/439-fe9aaca4

TATSU


logo1.gif




03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。