色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【青赤】 天皇杯・初戴冠!!

 伝統ある天皇杯の元日決勝 ―。

 そこで自分のクラブが戦える事はどんなに幸せなものかと。
 そこで優勝する事はどんなに嬉しいものなのかと。

 アノ場でソレを体感してみて。。。


言葉になんね~!
めちゃくちゃ気持ちえぇ~~~!!!




    第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会  決勝
    京都サンガ vs FC東京  国立競技場






Jリーグが始まって以来、いつの頃からか、それまでの日本のサッカー界が
最も盛り上がる天皇杯がどこか軽視されるようになっていた。

無理もない。

長いリーグ戦で燃え尽きるクラブ、オフも含めたクリスマス休暇で帰国する外国人選手、
契約非継続選手の発表タイミングとスケジュールなど、全てのカテゴリーに出場の権利が
与えられ、どこでも日本一になれる可能性を秘めた唯一の大会で、プロであるJクラブが
必ずや頂点を目指している訳ではない(目指せない)状況に陥っている。
更には勝ち進むにつれてオフが短くなり、翌シーズンに疲労を持ち越してしまうなど、
ある種の罰ゲーム??的な要素もある。

でも、決勝に進んでみて感じるのは、元日にアノ場に立てる事は本当に幸せな事で、
優勝してみると、それはもう歓喜の度合いを表現できないほど嬉しい事なんよ。
ぬくぬくコタツに入って、のんびりテレビ観戦を、なんていう気持ちにはならない、
ファイナルの現場のプレミア感を味わったよ。


1年前の今頃は、本当に悔しい気持ちでいっぱいだったし、J2ロードは険しいものだった。
それもあって天皇杯優勝は、J2シーズンは無駄じゃなかったと感じる事ができた。


来シーズンは、スーパーカップに始まり、アジア・チャンピオンズリーグ、ナビスコ杯、
そしてJ1復帰元年クラブがリーグ優勝した事で昇格組が軽視されなくなった上での、
J1昇格+J2優勝、かつ天皇杯を獲って一層他クラブの警戒心を強める事となるであろう
長きに渡るJ1リーグを、監督が代わった中で戦っていく事になった。
オフは他クラブより圧倒的に短い中で、タイトなスケジュールをこなさなければならないため、
蓋を開けてみたらJ2降格争いの筆頭に躍り出ているかもしれない。

でも、思うのだ。

天皇杯優勝、最高!!
の、俺らの誇り!!

           







スポンサーサイト
  1. 2012/01/02(月) 13:02:08|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2011年(+2012年元日) 生観戦試合 | ホーム | 【青赤】 2012年元日、俺たちの国立へ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/441-354b6250

TATSU


logo1.gif




09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。