色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今だから期待している事

今の状況で東京に“凄く”期待している事がある。
前回、解任反対を唱えたけれども、今期リーグ5位以下で終われば、ヒロミは来期指揮を執っていないんじゃないかなと思う。
少なくとも今の危機的状況をただ単に乗り越えただけじゃクラブの評価は去年に上積みなしっていう評価になるかと。
今年は勝負の年ってヒロミは言ってたらしいから、何らかの明確なノルマ(タイトルとか順位以外でも)があるのでは。
そんなの今の時点では誰にも判らないし、単なる俺の想像上の話であって、
結局俺なんかはあ~だこ~だ言わずに無条件で応援だけすればいいのかもだけど。

ただ、これは俺がホントに期待している事。(本音では、「 期待 ≦ 観たい」なのかも。笑)
危機的状況を乗り越える為のというより、チームが数段上の域に上がる為の期待なんだけど。

東京の長所にひたむきさがあって、猪突猛進な匂いがプンプンするし、それがベースじゃないかなと捕らえているんだけど、
相手に読まれ易いというかストレートな面、対策を立てられると脆さを露呈してしまうよね。
ましてや、いい意味でまったり落ち着く戦いが出来ないから、過密スケジュールだと疲労蓄積が大きい。
疲労が蓄積するとやっぱり怪我がちになる。
もちろんそれでも捻じ伏せてしまうくらいの力があれば、Jクラブで最もアグレッシブルでいてスピーディなチーム、
敵なし状態でいられるんだけど(魅力的過ぎ!笑)

でもそんなに甘くないし、他クラブもアホじゃないから東京対策してくる。
名古屋なんてホントに研究してるなって感じだったし。

そこでキーになってる選手はユータダニーロだと考えてる。
彼らに共通しているのは、やってみないと(その日試合に出てみないと)判らないけど意外性のある選手だってとこ。
表現悪いし、極論だけど、0 or 100な選手。(二人ともゴメンよぉ~。)
また持っているものは素晴らしいけど、持続力に欠け、ともすれば気迫が足りないだの、軽いだの思われてしまうタイプの選手。

ひたむきさを出して(自然に出て)、能力の発揮が計算できる選手って東京には揃ってる。
今期で言うと、今ちゃん栗澤がその代表的な選手。毎回テストで60~90の及第点が取れる選手。
でも対策立てられると相手を蹂躙するほど圧倒出来ない限り、打破できないのが現実。
ただ、ユータダニーロは相手の対策を一発で瞬殺できるものを持っていると思う。
何ていうか、彼らにしか見えないゴールへの軌跡というか。ん~、創造性って言った方がいいのかな。
そんな彼らを我慢して起用してチームの戦術、やり方にアジャストさせていく事をヒロミに期待してる。
的確な言葉が浮かばないけど、出場すればこれだけやってくれるっていう、より一層の能力引き上げ。
ポテンシャルをポテンシャルで終わらせない指導、彼らが活きるような構築方法を模索して欲しいなと。
 (シーズン前のキャンプではそこそこアジャストしてたらしいし。)
もちろんスタメンの確約や特権を与えて欲しいって事じゃない。最低限の役割は彼らに求めないとね。
その最低限のレベルの見方が他の方々より、俺って甘いのかもしれないけど(汗)
 (スタジアムの雰囲気を見ると多くの人が我慢の限界なのかな?)


ユータのプレーは数年トップにいるので今更語る必要はないんだけど、柔らかいダイレクトパスやタメを作るキープ、
そしてともすれば自己満足と表裏一体な意外性のあるプレーが持ち味だと思う。
速いライナー性のセットプレーや中距離パスも痺れさせてくれるものがある。

では、今期加入したダニーロについて色々と。
今の東京の選手の中で、攻撃時に最も鋭いアクセントを付けられる選手だよ。
基本的にボールタッチは柔らかいんだけど、バイタル・エリアでは切れ味鋭い鋭角なターンが出来る。
ナオがサイドのスペースを活かしてキュンキュンと鋭いドリブルを仕掛けるのとはまた違う、
ゴール前の密集地帯で仕掛けられる鋭いドリブル。
相手がファールできない場所でこのプレースタイルは強い武器。
とにかく自力で切り込んでいける。また切り込もうとチャレンジする。
 (時々勝負どころを間違える。 笑。 いやブラジルではありなんだろーけど、日本では…ってとこの見極め不足。)
柏戦ではチームに気を使ってあまりその武器を出してなかったけどね。
 (おそらく久々のトップ試合でチームの事と戦術的約束事?を考えて勝負すべき場所でパスを選択したと思われる。)

サボってる、消えてるって思う事もあるんだけど、相手が対処困難なメリハリのあるプレーも随所に見せてくれている。
バイタル・エリア付近で(ゴールに背を向けた状態で)ボールを受けた時、ゆった~りしている中でダイレクトではたいた後に、
いきなりトップギアでリターンをもらおうと、前、あるいは斜めに走ってる。緩急を付けて動いてる。
速い攻撃が持ち味の東京が相手に遅らされ(持たされ)スローペースにされた時に、リズム、ペースを変える動きという感じ。
一度受けて、敵を引き付ける。でも一旦は簡単に味方に預けて、次を狙っているという動き。
地味な単純作業なんだけど、結構大事な動きで、残念な事にバイタル・エリアでこれを実践している戦士はいない。
実践してないというと語弊があるかな。つまりそーゆータイプの選手がいない。
ナオはサイドでよくやってるんだけど、サイドのスペースとバイタル・エリアの密集地は勝手が違うからね。

スピードが持ち味の東京にあって、彼ら2人のプレーは一見、異端扱いを受けてしまうよーに思える。
「オセーよ!」だとか「流れ止めんなよ!!」だとか、スタジアムでよく耳にする。 その後の溜め息もセットで
いや、それらが間違っているとは言えないんだけどね。
でも、攻撃のリズムを変えて、タメを作って、DF陣には呼吸や陣形を整える時間的余裕を与える、
MF陣には厚みのある攻撃を生むための上がり時間を稼ぐ、そんなプレーが彼らには出来る。
奪ったら速くゴールへっていうのはやっぱ爽快で、精神浄化で、俺に酔いをもたらしてくれる。
でも全部が全部、速攻である必要がないんじゃないかな?
彼ら2人は近年の課題である、相手が守備を固めた時の打開として、それを崩す目と技術を持ち合わせてると思うんだよね~。

ユータは周りを使うタイプだと思うけど、ダニーロはどっちも出来る。
むしろダニーロは周りを活かしながら自分が活きるって感じ。キープしてていきなりギア変えてパス&ゴー(ワン・ツー)で
相手ディフェンスを抜けていくよ~な。
ダニーロに原因がある感じが否めないけど、もっと周りに特徴を理解してもらえるようにコミュニケーションを取ればいいのにな。
仮に取っててあれじゃ、まだまだ足りないんだよ。
でも、ユータならダニーロの感覚・感性ってのを受け取る事ができるよーな気がする。
これも想像や理論上の話になっちゃうけどさ。
ただ、彼らがそーやって中央を突破すれば、ルーコンがフリーになる機会が増えるだろうし、敵が中央に密集すれば、
ナオ戸田ノリオのスペースが生まれると思う。しかもクロスを上げるためのスペースだけではなく、シュートにいけるスペース。

将軍ケリーはこれが実践できる選手だったけど、依存性が高いってのと、パスのタイミングがキープして苦しくなったから出す
という事が比較的多く見受けられ・・・。いや好きな選手で多くのものを東京にもたらしてくれたんだけどね。
フロントの思惑は正確には判らないけど、より依存性を抑え、球離れもそこそこでその後の受けも狙ってる若い選手って事もあって
ダニーロを獲得したのでは??


東京のいい意味で結果至上主義ではないところ、ヒロミの若い才能を積極的に起用する懐の深さを考えると、
彼らを活かせるのは逆にヒロミが適任だと思うんだよね。
結果だけを気にするフロント、一過性の出来しか視野のない監督、未来展望の薄いクラブじゃ、
彼らは絶対に“出る杭は打たれ…”という扱いになってしまう・・・。
何するか判らない、怖くて使えない、とにかく指示通りにやれ!!と圧力的な・・・。
時として悪い方向にしかいかない、日本の悪しき風習の典型・・・。

ヒロミよ、彼らをチームに上手く組み込ませて、いい面を伸ばしてあげてよ。個性を引き出してあげてよ。
アンタにしか出来ないよ!! 東京でしか出来ないよ!!
機能すれば、絶対に東京の上積み、進化、上の次元へ行けるよ!!

連敗中で、次に勝つことしか考えられない、余裕がない。
目前の試合に集中するってのは最もだけど、これが機能し始め、怪我人が復帰してくれば、絶対“結果的に”5位以内には行ける!!
優勝するための、ではなく、解任回避のため、でもなく、ヒロミの指導者としての挑戦と成長、チームの進化を期待して。
賭けなんかじゃなく、挑戦だよ! 期待だよ! そして応援だよ!!!
VAMOS TOKYO !!

勢いでグワァ~~とバモったので、長いエントリーになっちゃったっけ(苦笑)
鬱陶しい事言ってるかもだし、ウザったい内容かもしれないけど、もし最後まで読んでくれた方がいたら、ありがとう!!
大感謝です!!!!

スポンサーサイト
  1. 2005/05/07(土) 00:34:09|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<とにかく絶対、原トーキョー | ホーム | 続・とにかく今は原トーキョー!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/60-0126bda4

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。