色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大一番ではいつだって・・・

   第35節
     vs ミラン
     @ Stadio Giuseppe Meazza (San Siro)



   セリエA天王山、首位決戦のミランvsユーベ
   俺にとってのイタリア・ダービー。
   (伊ではユーベvsインテルがイタリア・ダービーと言われてますが、
   近年の結果と優勝回数的に旧イタリア・ダービー扱いしてます。笑)

   ここまで同勝ち点で互い譲らずのデッドヒート。
   テレビ観戦なのに、試合前から自分を落ち着かせることができない。
   選手入場時の両選手の表情は、何故か2年前のマンチェスターを彷彿させる。
   しかしテレビに映し出される選手たちの笑顔って・・・。
   経験と慣れ、オン/オフ切り替えの巧みさたるや・・・す、凄い!
   
   天気は良好そうで(むしろ暑そう)、超満員の観衆。
   最高のシチュエーションで、キックオフを迎えた。


お互いプレスの掛け合いが激しく、ゴール前までなかなかいけないが、決してゲームがフリーズしている感じがしない。
スピード感(特にチェックの寄せスピード、奪ったり取られりした後の切り替え)に溢れ、締まっている。
あれだけのプレッシャーの中で、速く正確なパスが繋がるところを見せられると涙が出そうになる。
そして、幸福感からくる酔いも。

試合は徐々にユーベのペースに。
ミランと比べるとコンディションの良さが感じられると共に、気の入りようが明らかに違う。
ミランに気持ちがこもっていない訳ではなく、ユーベの気迫が凄まじ過ぎる。
CLで負けたあたりからズラタン頼みな感が否めなかったユーベ、その彼がいないピッチでは全選手がガンガン行く。
カカとピルロを機能停止させ、ミランのリズムを作らせない。
ミラン相手にあれくらい高い位置で守備できるチームは少ないのでは?

動きの良いユーベの中にあって、アレの出来が一際目立った。
何せボールを触る回数がいつも以上に多い!
相手の寄せとの兼ね合いもあるけど、いい意味で中途半端なポジションを取るのが巧いアレにどんどんボールが入る。
受けては持ち出し方が独特で、相手を抜くことが出来なくてもファールは奪う。
アレに対する期待が一段と大きくなっていく ―。

やっぱりこーゆー試合では役者というか生まれた運命の星というか・・・。
極々限られたスーパースターにしか許されない、スーパープレーが試合を決めてしまうんだよね~。

おなじみの“デルピエロ・ゾーン”へ侵入したアレは一度クロスを選択するも相手に当ててしまう。
しかし、その宙に浮いたボールをオーバーヘッド!
ミラン・ディフェンダー陣は一瞬フリーズし、ボールの先にはフリーでトレゼゲが、いた ―。
彼は軽く合わせるだけでよかった。
鉄壁GKジーダを破り、ネットへ吸い込まれていく・・・。
 (※ 写真は全てユーベの公式サイトより)
             





いや、ミラン選手だけじゃなくて、遠く離れた日本でテレビ観戦してる俺もフリーズした。
あそこでオーバーヘッドを選択して、更にはアシストを考えたパスを送る。
創造と想像を兼ね備え、それを実行しうる才能と技術を持ち合わせた選手でないと、あの場面であれは出ないだろうね。
ゴメン、興奮の極みで指示代名詞ばっかりだ!(笑)


後半のユーベは守勢に回ったが、テュラムカンナバーロを軸にことごとくはね返す。
そしてブッフォンのファインプレーも。
ただ、タイミングや攻めどころを見失わずにミラン陣内へと入っていくゼブラのアタッカー陣。
アレのポストを叩いたヘッドや、ネドベドのゆったりと巧く時間を使いつつもパス交換からいきなりダッシュしミドルシュートなど。
リードしている戦い方というか、常勝を義務付けられているクラブのメンタリティというか、
とにかく相手だったらムカツク!というプレーを効果的・有効的に推し進めていく。

緊迫した雰囲気、選手のスキルの高さ、このクラブ同士の戦いだからこそ垣間見る事のできるスペクタクル・・・。
天王山に相応しい内容だった。
個々のコンディションの差、チーム戦術のハマり具合、試合を決める事のできるスーパースターのスーパープレー。
これらが重なり合って得たユーベの完勝といってもよい勝利!

酔った! 酔いしれた!!

ユーベの気迫がスクデット獲得への大きな道しるべとなったのは間違いないね。
自力優勝の芽が出た事は、これ以上ないアドバンテージ。

ミランはCLとの過密日程で、この気迫に対抗しうる気力がなかったようにも見えた。
でも、ミランの事なんて気にしちゃられない。
今期を通してユーベのMVP級な活躍をしているカモラネージの怪我がとにかく心配だ。
2000年だっけ?雨のペルージャ(最終節)で星を落とし、ラツィオに逆転優勝された例もあるから気は抜けない。
あと3試合。いや、まだ3試合ある。
決まった訳ではない!!

セリエAは得失点差関係なく、勝ち点のみで順位が決まるため、最終節終了時でミランと同勝ち点の場合は
プレーオフにて優勝決定戦を行うことになる。
もしそうなると、ユーベのジャパン・ツアー中止の可能性大!ってか中止でしょうね。

日本のユーベ・ファンの方々、ユーベ戦チケットを既に手元にお持ちのFC東京ファンの皆様、
やっぱりプレーオフに回らず優勝決めて、イタリア・チャンピオン・クラブとして来日して欲しいですよね?
それでは、ご一緒に!
Forza JUVE !!

スポンサーサイト
  1. 2005/05/09(月) 23:22:27|
  2. ユベントス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<カウントダウン 04-05 CL決勝 Vol.1 | ホーム | そりゃないだろ!?>>

コメント

Fantasista!!

アレックスのファンタスティックなプレーでミランとの大一番に勝利するとは、ユーベ&アレックスファンにはたまりませんでした!ユーベのパンディエラということを再認識しましたね。そして気迫もすごかったです!彼のキャプテンシーは素晴らしい!あ~~~ 完全にアレックスに酔ってます(笑) そしてユーベにも。
ますます来日が楽しみになってきました!
Forza Juve!
  1. 2005/05/10(火) 20:10:20 |
  2. URL |
  3. Ymal #-
  4. [ 編集]

Re:Fantasista!!

>Ymalさん
終わってみれば会心の完勝だったと思います。
やれピークは過ぎただの、もうユーベに要らないだの、色々とメディアや心もとない人々に叩かれてますけど、
俺らのキャプテンは彼らを黙らせるプレーをこの大一番でしっかり魅せながら見せてくれました!
決めたのはトレゼゲですけど、この日の主役はビアンコネロの10番です!
くぅ~、この酔い、たまりませんね~!
  1. 2005/05/10(火) 23:45:26 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #fPNzXJzo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/63-7032ab06

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。