色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カウントダウン 04-05 CL決勝 Vol.1


  トルコのイスタンブール決戦に向けて、欧州チャンピオンズ・リーグ決勝旅行の
  思い出をぽろぽろと綴ってみる。
  ブログっぽくないけど、当時の現地での体験を。




第1弾

2001年、欧州チャンピオンズ・リーグ旅行(イタリア)
    ミラノ → パルマ → ヴェネツィア → ミラノ

    with うるっちー


2001.5.23  ミラノ(イタリア)
   バイエルン・ミュンヘン(ドイツ) vs バレンシア(スペイン)
    ジュゼッペ・メアッツァ (サン・シーロ)




この日はイタリアのミラノが欧州サッカーの首都となった ―。





前夜、マルペンサ空港に降り立った俺が目にしたのは、“Welcome to The Final.”の文字が様々なものに記されている、
街をあげての歓迎ムード。

当日、ミラノの中心地ドゥオーモ広場に行くと、今まで体験した事のない雰囲気に包まれてた。
決勝に進んだバイエルン(ドイツ)とバレンシア(スペイン)のサポーター同士の応援合戦。
爆竹は鳴らすは太い声で歌うは、俺の知っている鳩と旅行客と地元民によるまったりしたものではなく、オレンジによる占拠。
最初はビビったけど、特に喧嘩などはなく健全な応援合戦で、その迫力、光景を大いに感じ、楽しんだ!
でもバレンシアの大音量の爆竹は何だろ?いや爆竹じゃないんだろうけど、強烈な爆発音には身の危険を感じた。
説明不能な超巨大爆音・・・。いくつ持ってたんだ??
           






スタジアムに着くと、やはりそこでも両サポーターが盛り上がってる。特にバレンシア・サポーター。
爆竹ならして踊って歌って、そのパワーに圧倒されてしまう。差や違いこそあれ、自分たちの楽しみ方ってのを堪能している。
           






スタジアムの中へ。
3階席だったので、あのらせん状の坂を登って席へ ―。
以前スタジアム・ツアーで中に入った事はあった。ロッカールームや記者会見場、ウォームアップ室にもちろんスタンドなど。
(伊人50人強に日本人俺1人で、可愛いガイドさんは1人の為に英語でも説明してくれた。いやあんま英語もできないんだが・・・)
しかし、CL決勝生観戦も初めてなら、サンシーロで観戦するのも初めて。
近代建築の粋を結集した機能美と威圧感のある外観、気品の漂う雰囲気は相変わらず。
感情の昂ぶりを抑えることは困難で、コントロールできなくなり、嬉しくてちょっと涙腺緩んだ。

L’Opera del Calcioと題され、オペラとサッカーの融合を意味したセレモニーが終わると、
オレンジ一色のバレンシア人文字マスゲームを展開するバイエルンのサポーターがヒートアップ!
試合開始時にそのボルテージは最高潮に!!
             







試合は互いにPKで1点ずつ奪い合った後、カーンの活躍もありPK戦の末に、バイエルン優勝!!
21世紀最初の欧州チャンピオンが決定した。

スペクタクルな試合ではなかったけど、決勝戦ってのは大概そんなもので。
タイトルの重さがハンパじゃない為、勝つサッカーを前面に押し出すよりも、負けないサッカーを展開するのはしょうがない。
むしろ、張り詰めた空気が充満する神経戦に、このチャンピオンズ・リーグ決勝の凄さを感じた。

観客席の応援はいつしか選手を鼓舞するものというより、祈りに近いものになっていた。
隣に座ってたバレンシア・サポーターのおっちゃんはスペイン語が理解できないのに色々と話しかけてきたが、
延長戦とPK戦では緊張に押しつぶされそうな表情だった。
試合後に席を立つときの焦燥感、いや憔悴しきった顔といったら・・・。

バレンシアは前年に惨敗、バイエルンは更に前の年にこれ以上ない悲劇的敗戦を、それぞれ決勝戦で経験しているので、
何とも言えないコントラストが試合後のピッチに描かれていた。

スタジアムを出ると、バイエルン・サポーターの宴が始まっており、バレンシア・サポーターを目にする事はなかった。
             







<その他、旅行での出来事など>
・何度行ってもブランドものやらに興味のない俺にとって、ミラノは退屈。
 ドゥオーモ(現在工事中っぽい)とその近くのレストラン、レオナルド・ダ・ビンチ博物館はお気に入り。
 観戦前の景気付けにパニーニを食べるのが俺のイタリア旅行での恒例になってるけど、当たり外れがあるんだよね。
 でも雰囲気的に美味しく感じてしまうのは、やっぱりサッカーの魔力!?
             







・パルマではコッパ・イタリア決勝1stレグパルマvsフィオレンティーナを観戦。
 スタディオ・エンニオ・タルディーニは民家に隣接して囲まれていて、バックスタンドはプレハブ・チックな作りに(笑)
 地元っ子がその民家に自転車置いて試合を気軽に観に来てる。
 習慣というか地域密着というか、普通に自転車こいでパニーニ頬張って、当たり前のようにスタジアムに入っていく。
 パルマでは生ハムとチーズは絶対に食すべし!
             







・ヴェネツィアは相変わらず異国の中の異国。
 水の都とはよく言ったものです。
 夜中の一人歩きは気を付けて! いや、治安は悪くないんだが、迷うし、道は暗くて細い!
 だから、視界が開けた、と勢いよく歩いちゃうと水路に落ちちゃう可能性があります(笑)
             









・ミラノに戻ってセリエAインテルvsラツィオを観戦する予定だったけど・・・。
 その数週前のミラノ・ダービーでインテルがミランに大敗し、インテル・サポーターがスタンドに火をつけ、べスバを放り投げetc.
 ホームスタジアム試合没収の南部バリ開催に。まー個人旅行で、チケットも現地調達ゆえ、損はしなかったが。
 トリノへ行ってユーベの試合を観ようと思ったが、時間と金銭的に断念。

・帰りの飛行機(ミラノ→パリ)が遅れ、パリから成田行きの飛行機に乗れず・・・。
 仕方ないし暇なので、有り金をフランに替え、エッフェル塔、凱旋門、セーヌ川があるんでしょ?
 てな程度の知識とノリでパリの街へ飛び込む。
 気が付きゃエッフェル塔の展望台からパリを一望。
 僅か6時間の観光がその後の欧州旅行に多大なる影響を与える事になったのだが・・・。

・何が凹んだって、この旅行で撮った写真(それ以前のも含む)、全消滅・・・(涙)
 現像はしたものの、バックアップを取っておらず、PCイカれたと同時に全ファイルが!(慟哭・・・)



【追記】 ↑ 現像してた写真を後にスキャンしてUPしてみた ↑


ついでというか、せっかくなので、↓ 過去のイタリア旅行で撮った写真も併せてUPしてみる ↓

まずは、ローマ。
             




             






続いて、フィレンツェ。
             






最後に、我らが白黒軍団ユベントスの本拠地、トリノ。
             







イタリアには、このCL決勝を含めて5度ほど旅行した(うち3回は、もはや案内人的な役どころを兼ねて。笑)。
ローマ4回、フィレンツェ4回、ヴェネツィア3回、ミラノ4回、パルマ1回、そしてトリノ1回。
スタジアムとしては、オリンピコ2回、ジュゼッペ・メアッツァ3回、エンニオ・タルディーニ1回、
でもってデッレ・アルピ1回、と・・・。

いわゆる観光の名所には飽きてしまったけれど、いつ訪れても街並みや雰囲気は相変わらず素晴らしく、
人の気質や食事など、俺にとてもよく合う。馴染み易い国だよね。
今度旅行する時は、ナポリ、シチリア島、アルベロベッロ、マテーラあたりに足を運びたいね。
当分行く予定もつもりもないけれど・・・・・。
次に行くとしたら、ユーベの新スタジアムが完成してから、だぁ~ね!!


スポンサーサイト
  1. 2005/05/12(木) 21:06:08|
  2. サッカー観戦旅行他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<カウントダウン 04-05 CL決勝 Vol.2 | ホーム | 大一番ではいつだって・・・>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/64-86b2b558

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。