色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カウントダウン 04-05 CL決勝 Vol.2


  トルコのイスタンブール決戦に向けて、欧州チャンピオンズ・リーグ決勝旅行の
  思い出をぽろぽろと綴ってみる。
  ブログっぽくないけど、当時の現地での体験を。




第2弾

2002年、欧州チャンピオンズ・リーグ旅行(スコットランド、フランス)
    グラスゴー → パリ

    一人旅行

2002.5.15  グラスゴー(スコットランド)
   レアル・マドリー(スペイン) vs バイヤー・レバークーゼン(ドイツ)
    ハンプデンパーク(スコットランド・ナショナル・スタジアム)




現在、20代後半の年齢だけど、それまでの人生でこの日ほど印象的で鮮明に覚えている日はないかもしれない ―。





出国の2日前に、一緒に準備を進めてきたうるっちーが諸事情で行けなくなり、急遽観光地としてはメジャーではない土地、
初めて行く土地へ、“一人海外旅行” が始まった。

自分で企てた計画を旅行会社に申請したら結構ヘビーな日程になってしまい・・・。
決勝戦当日の10:30にグラスゴー入りして、翌早朝5:00にはパリ行きの飛行機に乗るためにチェックインを、ってな感じ。

滞在時間、実質20時間以下・・・。

団体ツアーとかで行けば諸々楽なんだろうけど、いかんせん団体行動が苦手。
いや、本音を言うと用意された行程だと勝手な行動が出来ない。
現地の雰囲気を街からスタジアムまで赴くまま味わう事が海外サッカー観戦の醍醐味だと考えているため、
団体ツアーのお世話になるわけにはいかない・・・。


ホテルに11:30くらいに着き、フロントマンとスタジアムまでのアクセス方法を確認すると、これが酷い(苦笑)
セルティック、レンジャースと欧州では有名なクラブを持つグラスゴーの都市とはいえど、結局は田舎街・・・。
ホテルから電車の最寄り駅まではタクシーしか交通手段がなく、手配してもらう事に。(歩いて行けるか聞いたら笑われたっけ。)
シャワー浴びて、荷物といて、持ち物をピックアップ。
タクシーの運転手の訛り英語を何とか理解し、街の事、試合の事を話しながら最寄り駅へ。
そこから鉄道に乗り、グラスゴーの中心街へ。


当時、友人のサイト内に自分の旅行観戦記コーナーを開設してもらっており、ネタになるような事をしようと、考えていた事を実行。
まぁ両サポーターへの簡易インタビューなんだけど。
スペイン語とドイツ語の挨拶程度は勉強して、あとは腐れ切った英語で(汗)
内容はというと、スコア予想だの、得点者予想だの、注目選手、警戒選手・・・。
両サポーターとも注目・得点者、警戒選手にラウールバラックをそれぞれ上げてる人が多かった。
スコットランドのパブに入り(ちょいビビリながら)、そこでもインタビューを敢行したらマドリー・サポーター20人以上に
“TATSUコール”をしてもらった。
 (マ~ドリ~、チャチャチャ(手拍子)のリズムでマドリーを “TATSU” に変えて何度も。)
いや~嬉しかった!
マドリー・ファンじゃないけど、日出る国から来た青年?がスペイン人達にスコットランドのパブで名前をコールしてもらうなんて!?
 (だからといってユーベから気持ちが移ることは決してない。笑)


もう気分が良くなってきて、一人旅行とハード・スケジュールの不安が吹き飛んでた。
いい事は重なるもので、街中で元イタリア代表のアルド・セレナニコラ・ベルティに会った。
 (セレナユーベ在籍時にプラティニと共にトヨタカップで来日。ワールドサッカーダイジェストのインタビュアーでもおなじみ。
 現役時代はユーベ、インテル、ミランとビッグ3でスクデット経験のある稀有な存在。
 ベルティは見た目通り、すげ~気さくな“いい奴”だった。選手時代より結構太ってました。笑)
挨拶程度のイタリア語は出来るので話掛けた。
サッカー少年だった頃、よく観ていた選手だったので、知ってる事を話まくると向こうもかなり付き合ってくれた。
「トヨタカップでのPK戦、よく決めたね。でも90W杯はセレナ、あなたのPK失敗でイタリアは・・・」というと、
「ノォ~~」と笑いながらそれを言ってくれるな!と(笑) ベルティも一緒になってセレナをからかう(笑)
「イタリア90W杯の3位決定戦でオフサイドの判定を受けたベルティのゴール、ありゃ絶対オフサイドじゃないよ!」と言ったら、
「おめ~、よく覚えてんな~!」と頭をくしゃくしゃに撫でられた。(よ~は20代前半の青年?をガキ扱い。苦笑)
最終的にこの日の決勝の話題になり、両クラブのサポーターにインタビューしてた質問を逆にされ、
写真を撮らせてもらってその場をあとに。
           







サッカーの試合がなければこの街には来なかっただろ~な~と思いにふける。
だからこそ、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ・・・。
そしてスタジアムまでまた鉄道に乗って移動する。

“ハンプデン・パーク”を観た瞬間、「近代アートのミュージアムか!?」とビックリ!
美しい外観に、開門を今かと待つ両クラブのサポーター・・・。
この雰囲気、堪まんね~~~!!

スコットランドといえば、タータン・チェックのキルトにバグパイプ。
試合前のセレモニーで民族衣装をまとったバグパイパーたちが奏でる音色たるや、非常に心地よい。
応援合戦が繰り広げられているこの場に合わないのではと思いきや、試合前にひと時の安らぎを提供してくれる。
選手が入場し、チャンピオンズ・リーグのテーマが流れ、自分にもスイッチが入る。
静から動へ ―。 ゆっくりではなくメリハリのある急激な加速 ―。
         







試合はレバークーゼンが初の決勝とはいえ、持ち味のアタックを仕掛け、ポゼッション・サッカー主体のマドリーはやや受け気味。
しかし決勝戦にしてはスペクタクルなものがあり、それが原因か定かではないがストリーカーがピッチへ乱入する“チン”事も(笑)。
身に付けてる物がタータンチェックの帽子だけって!? 正装 → 性装(笑)
試合終了間際には交代出場のカシージャスがファインプレーを連発しまくり、
結局ジダンの圧巻な歴史に残るスーパー・ボレーが決勝点となり、マドリーがビッグイヤーを手にした。
生でこんなゴールが観れて幸せ過ぎ!! ジズーアンタ神だよ!!

エンディング・セレモニーを見終え、朝までず~っと余韻に浸っていたかった。
でも、それが許されないのがこの日の俺。
ホテルに深夜1:00くらいに着き、仮眠寝坊の保険でフロントにモーニング・コールを依頼。
そして空港までのタクシーを4:30に来てもらうよう手配。
シャワーを浴び、荷物をまとめ、崩れるようにベッド・イン。

もうかよ!?とツッコミたくなるほどあっという間にモーニング・コールで起こされ、空港へ。
ラウンジで同じパリ行きの飛行機を待つ“ピクシー”こと、ドラガン・ストイコビッチに会い、試合について少し話をさせてもらう。
 (ピクシーはこの時、既にユーゴスラビア(現セルビア・モンテネグロ)サッカー協会会長でパリ在住。)
彼の「ジズー、エクセレント!」という言葉を胸に、無事パリ行きの飛行機に乗り、
思い出の詰まったグラスゴーを後にした。
 (ピクシーはプカプカと煙を吐くスモーカーだった事がこの時判明。笑)
           







<その他、旅行での出来事など>
・グラスゴー滞在で、その土地の料理を楽しむ事ができなかったのが残念。結局はフィッシュ&チップスなのかな?
 サンドイッチ3つで過ごした俺は・・・。(しかもマズかった。笑)
 いいさ、胃は満たされななかったが気持ちは満足さ。

・WOWOW中継の実況・柄沢アナウンサーと解説・奥寺さんにもスタジアム前で会い、一言二言。
 急いでた彼らの足を止める。

・決勝チケット、旅行会社がメインorバックを手配できず、何とレバークーゼンのゴール裏!
 ガタイのいいドイツ人に囲まれ観戦。(当然ゴール裏なので立ちっぱなし)
 あいつらの太い声、音量、ブーイング、すげぇ~~~。耳鳴りが次の日まで続いた。
 ま~、ジズーのゴール、カシージャスのスーパーセーブが目の前で繰り広げられたから、むしろOK!!

・前年ハプニングに遭遇した事からパリの街へ。その際にちゃんと観光したいと思いになり、今回の旅行にパリ滞在を組み込む。
 数週間後に開催される韓日ワールドカップの壮行試合、フランスvsベルギーを“スタッド・ド・フランス”にて観戦。
 ディフェンディング・チャンピオンの仕上がり具合と日本が緒戦であたるベルギーのチェックを兼ねる。
 (いや、んな偉そうな事は出来るはずもなく、普通に観戦を楽しんだ)
 この時、売り出し中のジブリル・シセの人気は凄まじかった。また、フランス人のW杯連覇に対する期待をヒシヒシと感じた。
 ただ、W杯でのフランスはご存知の通り、散々でしたが・・・。
 (写真で雄鶏を持ったクレマンおじさんは有名人。フランス代表の試合ではテレビを通してよく見掛ける。)
           



           





・滞在も残り5日くらいでうるっちーが遅れてパリに。彼はサッカー観戦出来ず・・・。
 やむを得ない理由で気の毒だったので、グラスゴーの話を“自慢気に”語ってやったった!(笑)
 (やむを得ない理由の他に、パスポート更新忘れで更に渡欧が遅れたあたりはネタになった)

・自分にとってパリの魅力を大いに感じ、今回の滞在が更にその後に影響を及ぼす事となる・・・。



スポンサーサイト
  1. 2005/05/13(金) 22:54:37|
  2. サッカー観戦旅行他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<心身ともにリフレッシュを! | ホーム | カウントダウン 04-05 CL決勝 Vol.1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/65-5782a17d

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。