色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

05欧州CLIMAX ~CL決勝トルコの旅~ vol.1

毎年恒例になっているチャンピオンズ・リーグ決勝観戦旅行に行ってきました。
今年の舞台はトルコのイスタンブール
決勝の地に合わせてトルコはイスタンブールとカッパドキアを観光に。


第1弾 カッパドキア 】

ナメてた!! めっちゃくちゃナメてたよ、カッパドキアを・・・。
何をナメてたってカッパドキアの広大さなんだけど。
旅行前にある程度調べてはいたけれど、ここまで広いとは思ってなかった。
交通がさほど不便ではない国や地域にしか行ったことのない俺にとって、ま~自分の物差しが通用しない(苦笑)
いや、カッパドキアの写真など見て少しは予想してたけど、とにかくビビった。
そして大自然の神秘や不思議な景観にも ―。





カッパドキアはトルコの中心に位置する首都アンカラの南にある。
ネヴシェヒル、ユルギュップ、ギョレメ、アヴァノスなどの街が点在する大奇岩地帯。
この点在ってのをナメまくってた。
適当に徒歩やカッパドキア内のバスで気軽に移動して、観光名所となる絶景ポイントに行けると思ってた。

いや~~、無理!!!
街と街、観光ポイントが遠いのなんのって!!
個人で観光名所をまわるとなると時間と方向感覚、気力が非常に必要な場所。
ワゴンで100キロ以上スピード出して1時間30分くらい移動するような場所にも行ったり。
トルコに行く前に、毎年お世話になっている旅行会社に希望を申請しつつ、カッパドキアでの観光ツアーを
プランニングしてもらってなかったらと思うと・・・。


カッパドキアには3日程度の滞在で、イスタンブールから片道およそ11時間バスに揺られて着く。
夕方にイスタンブールを出発し、翌朝の8時過ぎにホテルに着いて即効で初日のツアー開始。
 (とは言っても前の客のチェックアウトがまだ済んでおらずテラスで朝食をとりながら1時間ほど待つ事に)
荷物をほどく暇もなく、俺にとっては苦痛なバス移動の疲れをシャワーで流している最中にツアーのお迎えが(笑)

ツアーはおよそ10人~20人くらいで1日かけて観光ポイントをまわる。
日本人は俺とうるっちーだけでガイドは英語。(中には日本語を話せるガイドもいる)

広大な台地をワゴンで移動し、各ポイント毎に絶景を楽しむ。
と思いきや、日差しが強く日中は暑いカッパドキアの岩地帯を歩く歩く!?
もう登山しにきているんじゃないかってくらい(笑)
普段運動をしていなかったり、高齢の方は絶対無理なコースだな~。
美しい景色が広がってるな~、と高台から見ているだけで終わらず有り得ない斜面や道になっていない道をひたすら歩く(笑)
年輩の方は何度も転び(流血してた)、ある方はリタイアし、と(笑)

でも、歩かないと判らない発見っていうのがたくさんあってね。
岩や石段に生活の跡があったり、壁画があったり、地下都市があったり。

そしてやっぱり大自然の神秘というか、カッパドキアの絶景が歩き疲れを一瞬にして癒してくれるんだよね~。
癒しだけじゃなく、笑いすら提供してくれる奇形な岩も。
自分がイメージするトルコに来ているって感覚は皆無。
カッパドキアは何か、どこにも属さない隔離された自然地帯といった感じだった。
そして、時が止まっているかのような・・・。
             




             







<その他、ずらずら~っと>
・ツアーでまわった主なところ
 ローズバレー、ウチヒサル、オルタヒサル、カイマクルとデリンクユの地下都市、ウフララ渓谷、
 ネヴシェヒル、ギョレメ、アヴァノス、パシャバー地区etc.

・宿泊ホテルはユルギュップという街の洞窟ホテル
 岩を利用・改造して、ホテルになっている。
 朝食は(希望があればディナーも)小高い丘になっている庭で、眺めは最高!!
  自己満足、酔いに浸っているスカした写真がありますが、お許しを(笑)
             






・カッパドキアの2日目(厳密には初日の夜)に体調を崩す。
 夜景写真を撮っている時に冷えたのか、アイスを歩き食べして冷えたのか、何かがあたったのか急性な腹痛を患う。
 夜通し下痢って(明け方には血便。赤痢!?)、2日目のツアーを辞退する事に。
 午前中は部屋で寝ていたが、痛みは治まってきたので日光浴しながらテラスで読書(“ダビンチ・コード”の上巻)。
 風が心地よく、夕日は美しくと、何気に優雅な1日を過ごした感じ。
 ホテルのオーナーや働いている方々とチャイ(トルコ紅茶)タイムを共に過ごしたり、お腹に優しい食事を作ってもらったり。
 カッパドキアを発つ時まで、ホテル中の方々から「お腹大丈夫?」とお気遣い頂きました(笑)



スポンサーサイト
  1. 2005/05/30(月) 07:37:57|
  2. サッカー観戦旅行他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<Grande festa al Delle Alpi! | ホーム | カウントダウン 04-05 CL決勝 Vol.5>>

コメント

無事帰還おめでとう!
近々肉かぶりつきながらお土産話聞かせてくらはい!
  1. 2005/05/31(火) 08:59:40 |
  2. URL |
  3. ZAMORANO #-
  4. [ 編集]

Re:

>ZAMORANOさん
いや~、今年も凄い経験をさせて頂きましたよ!
土産話も現地じゃなきゃ入手できない土産もありますよ~。
野菜も食えよ。
  1. 2005/05/31(火) 09:50:53 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #fPNzXJzo
  4. [ 編集]

お帰りなさい♪
カッパドキアの写真、懐かしく見てました。
私が行ったときもずっと天気が良く、バスに揺られて体調が↓になってたからか、上のほうに上りきったところで貧血になりました。。
私はその後、パムッカレに行きましたよ~。
早、7年前のことです。。
  1. 2005/05/31(火) 11:52:42 |
  2. URL |
  3. mi-ho #-
  4. [ 編集]

Re:

>mi-hoさん
コメント、どもです!
カッパドキアは行った事ある人には皆に勧められたけど、行ってみてありゃそーだな~と思ったよ。
自然と人工の融合、複合の遺産。絶景とはまさにカッパドキアみたいなところを言うんだろ~ね。
疲れたけど、それだけの価値はあったよ。多分景色だけを眺めるツアーもあるんだろうけど、若い?丈夫なうちはある程度歩いてみた方がいいかもね。
はぁ~、パムッカレにも行きたかった…。
地元のトルコ料理屋の方にも勧められたんだけどね。スケジュールが合わなくてさ、残念!
今度写真見せてね。
  1. 2005/05/31(火) 13:09:41 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #fPNzXJzo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/73-60ad8b4c

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。