色んな角度で蹴ってみる  ~白黒と青赤のある日常~





ユベントスとFC東京を中心とした雑感やら (2012年9月からTwitterをメインに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

全てはダービーの為の前フリ!?

仕事を終えて猛ダッシュ!
スタジアムに近づくと青赤戦士のスタメン紹介と東京サポーターの声が!!
うぃ~~~、フロンタールズ・ダンスショーに試合に間に合ったーーーー!!



    2005年 第14節
     川崎フロンターレ vs FC東京  等々力陸上競技場


やれやれ、といったところです。
何度も同じ映像を観ている気がする。
チャンスは作る、でもラストパスが繋がらない。
シュートは打つ、でもネットを揺らせない。(前よりは枠にいくようになったが・・・)
結局のところ決めきれない・・・。ゆえに勝ちきれない・・・。

ある程度ディフェンスの整備はされてきていると思う。悪い時と比べてではありますが。
あとは攻撃のアイデアやバリエーション次第で勝利に結びつくのではないかな。
でも、根本的にパスの精度や攻めの約束事にもやもやとした感覚を覚えてしまう。

東京の持ち味として縦に速い、サイドを活かした攻撃というのがある。
でも、これってゴールを意識した、ゴールするための過程だよね?
サイド攻撃が目的ではなく、ゴールへの手段だよね?

サイドにボールが出てナオがドリブルを仕掛けたあと、フィニッシュまでがど~もイマイチ・・・。
ナオは高速で相手を抜くため、余裕を持った精度の高いセンタリングをあげる事が少ない。
いや、味方に優しいセンタリングをあげる事が少ないと言うべきかな。
ただしこれは決して悪いことではないと思っている。(縦に急ぎすぎの時以外はね)
問題なのは中にいる選手。
今は2トップの為、動き次第で点でも線でも得点に繋がると思うんだが、誰も全速力でニアに突っ込んでいかない。
ニアに突っ込んでいく事は敵の死角から現れる事にもなれば、敵を釣る犠牲や献身的な動きにもなる。
でも中で待ってる。複数で待っちゃってる。
そーなるとマーカーを振り切っていない訳だから、ピンポイントのクロスがあがらない限り合わせるのは難しいと思う。

見えてこないんだよな~、ゴールから逆算したセンタリングやクロスに対する中の動きが。
ナオのドリブルからのセンタリングはほとんどニアサイドにいる敵に捕まっちゃってるじゃん?
ナオが精度を上げるのも必要だけど、あのスピードでギリギリのところで敵をかわしてピンポイントって厳しいよ。
ドリブルが速いぶん、腰が入りにくいし、軸足もぶれるし、瞬間的に乳酸も溜まってるだろうし。
でもあのスピードがあるからセンタリングを上げるのに至る訳だし。
加地が落しを受けて、余裕あるクロスを上げるのと勝手が違うからね。
中にいる選手(FWの場合がほとんどだけど)が、ここに出せっていう早目の動きと意思表示がないと、
一辺倒なサイド攻撃になっちゃうよ。
更には戸田をFW起用しているぶん、左からの攻撃が圧倒的に減少してるよね。
栗澤は外に開いてゲームに絡むタイプじゃないし。
昨日はノリオが入ってから左からの攻撃が増えたけど。
終了間際のDFとGKの間に低くて速いクロスを上げて中の選手に突っ込ませるような攻撃があったのは救いだ。


ホントにあと1歩のところなんだよな~。
これは選手同士の話し合いやら試合中の指示で変わるのだろうか?
それともヒロミの指導によって改善されるものなのだろうか?
おそらく両方とも必要だし、やってるはずだとは思うんだけど。

こんなの言ったところで、この過密スケジュールで練習できる事は多くないでしょう。
疲れやコンディションを整えるような練習になるかと思う。
もう勝つしか、勝つ事だけが最大の薬なんですかね?
勝利が色々な面を精神的なところから改善してくれると、期待するしかない。
ただし、セットプレーの練習は沢山しといてちょ~だいな。

幸か不幸か、次の相手は緑。
東京ダービー

ヴェルディだけには負けられない! ヴェルディには勝つしかない!
最低でも勝利! 最高でも勝利!?

緑は大量失点での2連敗中とはいえ、ダービーですよ~ぃ!
緑は浦和の選手全員に得点されなかったって事で、気を良くしてダービーを迎えるぞ~ぃ!
3-0から追いつかれた前回の戦い、忘れるなぃ!!!
かといってネガティブ・シンキング禁止!!

♪ ヴェルディ~だーけにーはー 負ーけーらーれな~い
                  俺たちのーちか~ら~ 見せてやろぉぜ~ ♪



ズラズラ~っとなゾーン
・自分の記憶が正しければ、フミさんはキャプテンやってた清水商3年時、大滝監督にこんな事を言われていた。
 「あいつは監督の私がいる時より、いない時の方が練習に対して自分にもチームメイトにも厳しい」と。
 どっかの媒体で読んだ。
 フミさんに頼ってばかりのチームじゃ情けないけど、頼らざるを得ない部分があるのも事実。
 こんな時こそ、ピッチでもベンチでも小平でも、多くのものを注入して欲しい。(当然やっているだろうけど)
 昨日の試合後、ドレッシングルーム?から出てきてサポーターの声援に応えているフミさんを見てそう思った。
・試合中、チャントは歌わない、手拍子はしない、でも青赤選手には必死かつ大声で“野次”だきゃ~飛ばす輩にはホトホト・・・。
 いいプレーに拍手もせずに、あ~でもねー、こ~でもねーと。わざわざ平日のアウェイにゴール裏来てまでそれですか・・・。
 そんな輩はど~せならこの際、今週末から逆のゴール裏へどーぞ。バリカンも忘れずに!(笑)
 青赤をサポートする仲間として寂しい限りで、こんな事言いたきゃね~けど。
 歌って手拍子して、そんな輩共を応援に巻き込めなかった自分の力不足は内緒。
・ヒデキ、東京サポーターを完全スルー決め込んで行っちまいやがったな!
 

   オフィシャルの試合詳細はこちら


スポンサーサイト
  1. 2005/07/07(木) 22:14:16|
  2. FC東京|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<東京ダービー前夜 | ホーム | 痛い・・・>>

コメント

FC東京つながりで訪問させていただきました。サイドからの崩しに対しての中の動き、同感です。監督自身が祐介と戸田は裏に飛び出す選手、って言ってますけど、同じタイプなら二人も出す必要ないなぁと思うのは自分だけでしょうか。ササに期待します。
  1. 2005/07/08(金) 00:07:33 |
  2. URL |
  3. TSK #-
  4. [ 編集]

Re:

>TSKさん
はじめまして&コメントありがとうございます!
TSKさんのおっしゃるとおり、ある程度ポストプレーをしないとボールの収まりどころがなくなってしまうんですよね。そして一辺倒な攻撃に終始して厚みがなくなってしまう・・・。
裏に飛び出すのは重要ですが、タメがあってこそ活きるプレーだと思います。
そういう意味ではバランスが悪いですね。
ササはまだ未知数ですが、東京に多くのものをもたらしてくれる事を期待してます!

TSKさん、今後ともよろしくです!
  1. 2005/07/08(金) 23:49:34 |
  2. URL |
  3. TATSU@Author #TpXiG7qk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juvetokyo.blog3.fc2.com/tb.php/85-1c4cb7fd

川崎戦:残念でしたが次に向かって

HOT6も2試合が終り、2戦2分・・・・う~ん、良しというべきなのか微妙ですけどぉ昨日は会社を早めに切り上げ、等々力競技場へ声援を送りに行ってきましたぁ一言で感想を述べるならば、「あぁ~引き分けだね~」って感じなんでしょうかぁ勝てなかっ...
  1. 2005/07/08(金) 09:25:19 |
  2. ☆ワッショイ・東京! FC東京☆

TATSU


logo1.gif




07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Official Links

FORZA白黒なLinks

青赤VAMOSなLinks

友人やらお気になLinks

動画やらLinks

FC東京関連Links

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。